ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

「円高」とインフレ

リーマンショック後から現在に至るまでに、ドルはマネタリーベースで2.5倍~3倍近く増加させたそうです。(QE2ですね)
比べて日本はほとんどマネタリーベースを増加していない。(主要国で日本だけが低推移)
必要な円の量が絶対的に不足している。
世界に流通するドルの量が増え、日本円はほとんど増えないのである。ドルなどの主要通貨に対し、日本円の価値が上昇して円高になるのは当然である。現在の日本は「通貨の価値」が強すぎる。
市場にモノが不足すれば価値が上がって高くなるでしょう?同じ事です。
皆さんが欲しがるモノが日本に1個しか存在しない場合と日本に1億2千万個存在する場合を考えると、当然、前者の値が上がるでしょう。

日本は、意図的に円高状態を作っているんです。
政府が口で何と言おうとも数字が語ってます。(外務省統計局や財務省の数字)
なので輸出企業は利益を出すのに苦慮する。
輸入には好都合なので安いものが市場に溢れてますよね。
それはそれで良い事ですが、そもそも所得が減る一方なのでモノが安くないと買い物できない。
輸出が減り、輸入が増えるとは、貿易赤字を目指すことになります。
それよりも若干のインフレが景気としてはいいでしょう。
インフレになるって事はデフレを脱却できている状態なので。

なので日本のマネタリーベースを増加させましょうよ。
復興国債なんて国民感情を煽るようなネーミングを使わずに、普通に赤字国債発行でいいじゃん。
あとは、日銀が国債買取額をコントロールしてインフレ制御していきましょうって・・・
税金で国民全員で負担しましょうなんてやらなくても国債買うのに国民の貯蓄が使われるんだから同じ事
今でも国民全員で負担しあっているじゃないの。

ここからちょっと、あるサイトから引用しつつ・・・

◆インフレは国民の支出意欲を高める
 ここで、「インフレで物価が上がるなんて嫌だ!」と、反射的に思った人は、落ち着いて考えてみて欲しい。
 例えば、消費税を1%引き上げると、自動的に物価が1%上がる。また、日本がデフレを脱却し、インフレ率が1%になった場合も同様だ。物価が1%上がる。
 表面的な現象は「物価が1%上がる」であって、同じに見えるわけだが、消費税アップとインフレには、1つ決定的に違う点がある。それは、増税は国民の支出意欲を削ぐことになり、インフレは国民の支出意欲を高める効果があるという点である。
 デフレ期に増税をすると、国民の支出意欲が削がれるという点については、あまり反対する人はいないだろう。デフレ期には失業率が高まり、平均給与が下がる(実際に下がっていっている)。しかも、物価が継続的に下落するわけであるから、支出を先送りすると「より安く買えるかも知れない」という心理が働く。
 そんな環境下において、支出意欲が高まる人は極めて少数派である。増税を受け、普通の人は単に「お金を使うのを止める」という選択をし、使われなかったお金は「将来のために」などの理由で貯蓄に回るだろう。
 それに対し、インフレは増税と真逆の国民心理が働く。何しろ、「今、買わなければ、来年はもっと高くなってしまうかもしれない」のである。
 ちなみに、不動産バブルが継続している中国では、一般の国民が、年収の30倍もの不動産購入に「群がる」という、異様な光景が見られる。理由は極めて簡単で、現在の中国はインフレが続いているためだ。当然、不動産価格の高止まりしており、国民は、「今年、マンションを買わなければ、来年はもう買えない値段になってしまうかもしれない」と考え、高騰した不動産購入に殺到しているわけだ。

って事です。ハイ

◆消費税増税:事実上の物価上昇により、震災復興の負担を国民が分かち合うことができる。同時に、国民の支出意欲は削がれる。
 一番やってはいけない増税は、期限付き増税です。
 考えてみて下さい。3年間増税しますと言われたら、今、金を使うのをやめて3年後に使おうとするでしょう?
 つまり、3年間の消費支出が激減するって事です。当然、税収が著しく下がる。
 東日本で言えば、3年以内も復興に消費する必要性が高いから高い税率を押し付けられる。
 しかし西日本以南とかは3年後に消費するように、今は使わないって事も可能になります。
 要は、東日本が強制的に負担を強いられるのです。(もはや増税目的を忘れてます)
 期限が無い方が、将来、また増税されるかもと思えば期限付きよりは消費に回すでしょうよ。
 政府の言っている事が、目先の思いつきにしか見えません。
 (期間限定なら受け入れるとでも思ったか)

◆インフレ(「普通の政策」による):物価上昇という形で、震災復興の負担を国民が分かち合うことができる。同時に、国民の支出意欲は高まる。インフレ率3%程度が世界の一般的水準のようですね。今、インフレ率マイナスだから金利1%程度でも実質金利3%って感じですが、普通の国のようにインフレ率はせめてプラスに持って行きましょう。

 デフレに苦しむ現在の日本にとって、適切な政策はどちらなのか、という話である。

参考までにバブル期の税収は60兆円ですが、最近は40兆前後です。
税率3%でも景気さえ回復すれば税収上がるんです。
デフレに入ってからは減る一方


最後に、がんばろう東北
ついでに、がんばろう国民
[PR]
by thkflyfisher | 2011-05-16 23:55 | 時事ネタ | Comments(0)