ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

3つ前の記事(ユダヤ人を救った日本人外交官)と関連して日本人少将の話

3つ前の記事(ユダヤ人を救った日本人外交官)と関連して日本人少将の話です。


2万人のユダヤ人を救った樋口少将
■1.偉大なる人道主義者、ゼネラル・樋口■
イスラエルには世界的に傑出したユダヤ人の名を代々登録し、その功績を永遠に顕彰する「ゴールデン・ブック」という本がある。
その中に、モーゼ、メンデルスゾーン、アインシュタインなどの傑出したユダヤの偉人達にまじって、「偉大なる人道主義者、ゼネラル・樋口」とあり、その次に樋口の部下であった安江仙江大佐の名が刻まれている。樋口季一郎少将-6千人のユダヤ人を救ってイスラエル政府から「諸国民の中の正義の人賞」を授けられたた外交官・杉原千畝氏とともに、日本人とユダヤ人との浅からぬ縁を語る上で、不可欠の人物である。

■2.ユダヤ人排斥は日本の人種平等主義に反する■
 1933年にドイツにナチス政権が誕生して以来、大量のユダヤ人難民が発生した。しかし、難民を受け入れる国は少なく、ユダヤ人に同情的だった英米でさえ、入国を制限していた。難民のドイツ脱出がピークに達した39年には、ドイツ系ユダヤ人難民930人を乗せたセントルイス号が、英国、米国での接岸をそれぞれの沿岸警備隊の武力行使によって阻まれ、結局はドイツに戻って、大半が強制収容所送りになるという事件も起きている。
こうした中で、当時の日本政府もユダヤ人難民に対する方針を明確にする必要に迫られ、39年12月に5相会議(首相、外相、蔵相、陸相、海相)で「猶太(ユダヤ)人対策要綱」を決定した。
その内容は、ユダヤ人排斥は日本が多年主張してきた人種平等の精神と合致しない、として、
・現在居住するユダヤ人は他国人と同様公正に扱い排斥しない。
・ 新たに来るユダヤ人は入国取締規則の範囲内で公正に対処する。
・ ユダヤ人を積極的に招致はしないが、資本家、技術者など利用価値のある者はその限りではない。
 (すなわち招致も可)
という3つの方針を定めたものであった。
1919年、国際連盟の創設に際し、人種平等条項を入れるように提案した(本講座53号、米国大統領の拒否により失敗)事に見られるように、当時の日本は有色人種の先頭に立って、人種平等を訴えていた。その立場からしても、ユダヤ人排斥は当然反対すべきものであった。
■3.ユダヤ人の脱出ルートを確保した日本■
 この方針は現実に適用された。当時の日本軍占領下の上海は、ビザなしの渡航者を受け入れる世界で唯一の上陸可能な都市だった。ユダヤ難民は、シベリア鉄道で満洲のハルピンを経由し、陸路、上海に向かうか、日本の通過ビザを取得して、ウラジオストックから、敦賀、神戸を経由して、海路、上海を目指すルートをとった。
杉原千畝氏が命がけで日本の通過ビザを発行した6千人のユダヤ人難民は、後者のルートを通った。そして、前者のルートで3万人のユダヤ人を救ったのが、本編の主人公・樋口季一郎少将である。
ちなみに、当時の上海には、2万7千人を超すユダヤ人難民が滞在していた。42年には、東京のドイツ大使館からゲシュタポ(秘密治安警察)要員が3度にわたって、上海を訪問している。
この事実をつきとめたドイツ・ボン大学のハインツ・マウル氏は、上海にドイツと同様のユダヤ人強制収容所を建設する事を働きかけたと見ている。
しかし日本側は居住区を監視下においたが、身分証明書を示せば自由に出入りできるようにしており、大半のユダヤ人は戦争を生き抜いて、無事にイスラエルや米国に移住した。
猶太(ユダヤ)人対策要綱は、日米開戦後に破棄され、新たに難民受け入れの禁止などを定めた対策が設けられたが、ここでも「全面的にユダヤ人を排斥するのは、(諸民族の融和を説く)八紘一宇の国是にそぐわない」とした。樋口季一郎少将はこの精神をそのまま体現した人物であったと言える。
■4.反ナチ派の闘士・カウフマン博士の依頼■
「夜分、とつぜんにお伺いしまして、恐縮しております。」
流暢な日本語でカウフマン博士は毛皮の外套を脱ぎながら言った。昭和12(1937)年12月、満洲ハルピンの夜は零下30度近くまで下がり、吹雪が続いていた。
博士は、50を超えたばかりの紳士で、ハルピン市内で総合病院を経営し、日本人の間でもたいへん評判のよい内科医であった。
大の親日家であると同時に、ハルピンユダヤ人協会の会長として、反ナチ派の闘士でもあった。
カウフマン博士が訪ねたのは、8月にハルピンに赴任してきたばかりのハルピン特務機関長・樋口季一郎少将である。
樋口少将は、着任早々、満洲国は日本の属国ではないのだ。だから満洲国、および、満洲国人民の主権を尊重し、よけいな内部干渉をさけ、満人の庇護に極力努めるようにしてほしい。
と部下に訓示し、「悪徳な日本人は、びしびし摘発しろ」と命じた。カウフマン博士は、その樋口に重大な頼み事を持ってきたのである。
それは、ハルピンで極東ユダヤ人大会を開催するのを許可して欲しいということだった。ナチス・ドイツのユダヤ人迫害の暴挙を世界の良識に訴えたいというでのある。
樋口はハルピンに来る前にドイツに駐在し、ロシアを旅行して、ユダヤ人達の悲惨な運命をよく知っていた。樋口は即座に快諾し、博士を励ました。
■5.ユダヤ人に安住の地を与えよ■
翌13年1月15日、ハルピン商工倶楽部で、第一回の極東ユダヤ人大会が開催された。東京・上海・香港から、約2千人のユダヤ人が集まった。樋口も来賓として招待されたが、部下は身の危険を心配して辞退するよう奨めた。
当時のハルピンでは、白系ロシア人とユダヤ人の対立が深刻化しており、治安の元締めである機関長がユダヤ人大会に出席しては、ロシア人過激分子を刺激して、不祥事を引き起こす恐れがあったからだ。
しかし、樋口は構わず出席し、カウフマン博士から求められる来賓としての挨拶をした。曰く、ヨーロッパのある一国は、ユダヤ人を好ましからざる分子として、法律上同胞であるべき人々を追放するという。いったい、どこへ追放しようというのか。追放せんとするならば、その行先をちゃんと明示し、あらかじめそれを準備すべきである。
とうぜんとるべき処置を怠って、追放しようとするのは刃をくわえざる、虐殺にひとしい行為と、断じなければならない。私は個人として、このような行為に怒りを覚え、心から憎まずにはいられない。
ユダヤ人を追放するまえに、彼らに土地をあたえよ! 安住の地をあたえよ! そしてまた、祖国をあたえなければならないのだ。
演説が終わると、すさまじい歓声がおこり、熱狂した青年が壇上に駆け上がって、樋口の前にひざまずいて号泣し始めた。協会の幹部達も、感動の色を浮かべ、つぎつぎに握手を求めてきた。
■6.日独関係とユダヤ人問題は別■
大会終了後、ハルピン駐在の各国特派員や新聞記者達が、いっせいに樋口を包囲した。イギリス系の記者が、ぐさりと核心をついた質問をしてきた。
ゼネラルの演説は、日独伊の三国の友好関係にあきらかに水をさすような内容である。そこから波及する結果を承知してして、あのようなことを口にしたのか。
樋口はまわりを取り囲んだ十数人の新聞記者やカメラマンにやわらかい微笑をかえして言った。
日独関係は、あくまでもコミンテルンとの戦いであって、ユダヤ人問題とは切りはなして考えるべきである。祖国のないユダヤ民族に同情的であるということは、日本人の古来からの精神である。日本人はむかしから、義をもって、弱きを助ける気質を持っている。・・・
 今日、ドイツは血の純血運動ということを叫んでいる。しかし、それだからといって、ユダヤ人を憎み、迫害することを、容認することはできない。・・・
 世界の先進国が祖国のないユダヤ民族の幸福を真剣に考えてやらない限り、この問題は解決しないだろう。 樋口の談話は、それぞれの通信網をへて、各国の新聞に掲載された。関東軍司令部内部からは、特務機関長の権限から逸脱した言動だとの批判があがったが、懲罰までには至らなかった。ユダヤ人迫害は人種平等の国是に反するという国家方針に沿ったものであったからであろう。
■7.2万人のユダヤ人、吹雪の中で立ち往生■
昭和13(1938)年3月8日、ハルピン特務機関長・樋口少将のもとに重大事件のニュースがもたらされた。
満洲国と国境を接したソ連領のオトポールに、ナチスのユダヤ人狩りからのがれてきた約二万人のユダヤ難民が、吹雪の中で立往生している。
これらのユダヤ人は、満洲国に助けを求めるために、シべリア鉄道を貨車でゆられてきたのであるが、満洲国が入国を拒否したため、難民は前へ進むこともできず、そうかといって退くこともできない。
食糧はすでにつき、飢餓と寒さのために、凍死者が続出し、危険な状態にさらされているこれらのユダヤ難民は、フランクフルトからポーランドに流れ込んだのだが、すでに数百万のユダヤ人を抱えていた同国は、彼らを体よくソ連領に追いやってしまった。
ソ連は難民達をシベリアでもほとんど開発を放棄した酷寒の地に入植させたのだが、都市生活者ばかりの難民達に開拓ができるはずもなく、彼らは満洲国を経由して、上海へ脱出しようとして、オトポールまでたどりついた所であった。
■8.難民の件は承知した■
ハルピンのユダヤ人協会会長・カウフマン博士も飛んできて、樋口に同胞の窮状を訴えた。しかし、満洲国外務部(外務省)を飛び越えて、独断でユダヤ人を受け入れるのは、明らかな職務権限逸脱である。
なぜ外務部は動かないのか。ユダヤ人問題で下手に動いて、ヒットラーから横やりでも入ったら、関東軍からにらまれるからだろう。樋口は腹立たしさを覚えた。彼らは満洲国の独立国家としての自主性をまったく失っている。満洲建国の理想として世界に掲げた旗印は「五族協和」であり、「万民安居楽業」ではなかったか。
博士! 難民の件は承知した。だれがなんといおうと、私がひきうけました。博士は難民のうけいれ準備にかかってほしい。
力強い樋口のことばに、カウフマン博士は感きわまり、声をあげて泣いた。「博士、さあはやく、泣いている場合ではありませんぞ。」樋口はすぐに満鉄本社の松岡総裁を呼び出し、列車の交渉を始めた。
■9.難民、到着■
それから2日後の3月12日。ハルピン駅では列車の到着を待つカウフマン博士をはじめ、十数人のユダヤ人協会の幹部が、救護班を指図しながら、温かい飲み物や、衣類などの点検に忙しそうに動きまわっていた。
やがて、轟然たる地ひびきをたてて、列車がホームにすべりこんできた。痩せたひげだらけの顔が、窓に鈴なりになって並んでいる。期せずして、はげしいどよめきの声が、ホームいっぱいにひろがった。列車が停止すると、救護班がまっさきに車内にとびこんだ。病人や凍傷で歩けない人たちが、つぎつぎにタンカで運ぴだされてくる。
ホームのあっちこちで、だれかれのべつなく肩にとびつき、相擁して泣き崩れる難民たち。やつれはて、目ばかりギョロつかせていた子供たちは、ミルクの入った瓶をみると、狂ったように吠え、わめき、オイオイと泣きだした。
「よかった。ほんとによかった!」
カウフマン博士は、涙で濡れた顔をぬぐおうともせず、ホームを走りまわって、傷ついた難民にいたわりの声をかけている。
数刻後、樋ロは、オトポールの難民ぜんぶが、ハルピンに収谷されたという報告をうけた。凍死者は十数人、病人と凍傷患者二十数名をのぞいた全員が、商工クラブや学校に収容され、炊きだしをうけているという。救援列車の手配がもう一日おくれたら、これだけの犠牲者ではすまなかっただろうと医師たちは言っていた。
難民の8割は大連、上海を経由してアメリカへ渡っていったが、あとの4千人は開拓農民として、ハルピン奥地に入植することになった。樋口は部下に指示し、それらの農民のために、土地と住居をあっせんするなど、最後まで面倒を見た。
■10.ドイツ外相からの強硬な抗議■
樋口のユダヤ難民保護に対して、案の定、ドイツから強硬な抗議が来た。リッべントロップ独外相は、オットー駐日大使を通じて次のような抗議書を送ってきた。
 満洲国にある貴国のある重要任務にあたる某ゼネラルは、わがドイツの国策を批判するのみか、ドイツ国家および、ヒトラー総統の計画と理想を、妨害する行為におよんだのである。
かかる要人の行為は、盟邦の誓いもあらたな、日独共同の目的を侵害するばかりか、今後の友好関係に影響をおよぼすこと甚大である。この要人についてすみゃかに、貴国における善処を希望している。
樋口は、関東軍司令部からの出頭命令を受け、参謀長・東条英機(後の首相)に対して次のように述べた。
もし、ドイツの国策なるものが、オトポールにおいて、追放したユダヤ民族を進退両難におとしいれることにあったとすれば、それは恐るべき人道上の敵ともいうべき国策ではないか。
そしてまた、日満両国が、かかる非人道的なドイツの国策に協力すべきものであるとするならば、これまた、驚くべき軽侮であり、人倫の道にそむくものであるといわねばならないでしょう。
私は、日独間の国交親善と友好は希望するが、日本はドイツの属国ではないし、満洲国もまた、日本の属国ではないと信じている。
樋口は、東条の顔を正面から見据えて言った。「東条参謀長!ヒトラーのおさき棒をかついで、弱い者いじめをすることを、正しいとお思いになりますか」
東条は、ぐっと返事につまり、天井を仰ぐしぐさをしてから、言った。
樋口君、よく分かった。あなたの話はもっともである。ちゃんと筋が通っている。私からも中央に対し、この問題は不問に付すように伝えておこう。
■11.ゼレラル・ヒグチの出発■
樋口を待っていたのは、「不問」どころか、参謀本部第2部長への栄転だった。ドイツからの「善処」要求のわずか5ヶ月後に、このような人事を行ったということは、「人種平等を国是とする我が国はヒトラーのお先棒は担がない」という強烈なメッセージではなかったか。
出発の当日、駅頭は、二千人ちかい見送りの群集で、埋めつくされていた。その人波の中には、数十キロの奥地から、わざわざ馬車をとばして駆けつけてきた開拓農夫の家族たちなどもまじっていた。樋口が土地や住居の世話をしたユダヤ難民たちであった。

樋口が駅頭に立つと、いっせいに万歳の声がわきおこった。日の丸と満洲国旗とをうちふり、「ゼネラル、ヒグチ!」と、ロ々に連呼しあう。 孫に手をひかれた白髪のユダヤの老婆は、路面にひざまずいて樋口を拝み、涙をながしつつけていた。
待合室に入ると、カウフマン博士が、白系ロシア人の代表者ロシア人の代表者ロザノフとともにやってきた。ユダヤ人と白系ロシア人は、血なまぐさい暗闘を繰り返していたのだが、樋口が親睦のクラブまで作って、仲介に努力していたのである。
ロザノフは、カウフマン博士の頬に長い接吻をし、巧みな日本語で言った。
これが閣下に対する餞別です。閣下の言葉を忘れず、これから仲良くやっていきます。
樋口が「あじあ」号の最後尾の展望台に立つと、列車は高らかに警笛を響かせて、ゆっくりと動き出した。
「ヒグチ!」「ヒグチ!」。群衆は堰を切ったように改札口を乗り越え、ホームにあふれ出した。あどけない顔をした少年達は銀髪を振り乱し、両手を振り上げながら、あじあ号を追って走り続けた。
■12.オトポールの恩を返すのは、いまをおいてない■
終戦後、ソ連極東軍は、札幌にいた樋口を「戦犯」に指名し、連合軍総司令部に引き渡しを要求してきた。停戦後の8月19日まで、北千島を攻撃してきたソ連軍は、北方防衛の責任者であった樋口に大損害を与えられ、北海道上陸を阻止された事を恨んでいたのである。
樋口の危機を聞いて、ニューヨークに総本部を持つ世界ユダヤ協会が動き出した。その幹部の中には、オトポールで救われた人々もいた。
「オトポールの恩を返すのは、いまをおいてない」世界各地に散らばっているユダヤ人に檄がとび、樋口救出運動が始まった。世界ユダヤ協会は、アメリカの国防総省を通じて働きかけ、マッカーサー総司令部は、ソ連からの引き渡し要求を拒否し、逆に擁護することを通告したのである。
長い歴史を通じて迫害を受けてきたユダヤ人は、それだけに他人から受けた恩義を簡単には忘れないのだろう。ユダヤのために貢献した人々を顕彰するゴールデン・ブックに「偉大なる人道主義者、ゼネラル・樋口」と記されているのはその証である。
[PR]
by thkflyfisher | 2011-06-01 23:41 | Diary | Comments(0)