ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

日本経済は11年度後半より緩やかな回復経路へ=白川日銀総裁

今日の気になったニュースより

日本経済は11年度後半より緩やかな回復経路へ=白川日銀総裁

東日本大震災によるサプライチェーン(供給体制)の寸断、電力不足など供給面での制約要因は「企業努力により当初に予想されたより早く緩和されつつある」との見方を示した。

日本経済は当面強い下押し圧力を受けているものの、「2011年度の後半より、世界経済の高成長を反映した輸出の増加や資本ストックの復興需要に支えられ、緩やかな回復経路に復帰すると期待される」と述べた。

かつてシカゴ大で講義を受けたミルトン・フリードマン教授による「インフレはいつ、いかなる場合も、貨幣的現象である」との主張に言及。貨幣量の変化が長期的に物価上昇率に影響を与えるのであれば、デフレも貨幣的現象であり、中央銀行が巨額の資金供給で物価水準を引き上げることが可能、とする一方、「それは近年の日米での経験と整合しない」と指摘。デフレは貨幣的現象であるよりも、高齢化や労働人口の減少など経済の基礎的条件の構造的要因に起因するとの自説を示し、「マネタリーベースの大幅な拡大は、相応のマネーストック拡充や物価上昇をもたらさなかった」と結論づけた。



>「企業努力により当初に予想されたより早く緩和されつつある」
>2011年度の後半より、世界経済の高成長を反映した輸出の増加や資本ストックの復興需要に支えられ、緩やかな回復経路に復帰すると期待される

当たり前の事、言ってます。
民間企業が再建を図るんだから当然の事でしょう。しかも復帰であって震災以前に戻るだけで上昇じゃない。
それよりも、ポイントは政府が何もしないのに、日銀も何もしないのに回復路線に復帰ですよ。
何もしないで民間に押し付け、民間頼りって何だよ。
役割を果たさない人達です。
原発問題も東電に押し付けましたからね。

さ~こっからが本題、それはココです。
デフレは貨幣的現象であるよりも、高齢化や労働人口の減少など経済の基礎的条件の構造的要因に起因するとの自説を示し、「マネタリーベースの大幅な拡大は、相応のマネーストック拡充や物価上昇をもたらさなかった」
と結論づけたんだって。
おかしくないか?
じゃあ日本より深刻な高齢化が進む中国はデフレですか?
ノルウェーも高齢化が進んでますがデフレですか?
ドイツも日本並みに少子高齢化ですが、デフレですか?
むしろ好景気ですよね

現政権も日銀総裁もイメージだけで言っているとしか思えない。(あ~だから自説なんだな)
諸外国と数値で見るような、相対的判断の欠如が日本の指導者達の問題でしょ。
高齢化の問題は、それを支える若年層の不足でしょう。
要は少子化ね。
これはデフレだから先行き不安になるので子育て、教育費とか考えると出産できないので少子化でしょ。
じゃあ少子化の中国はデフレですか?
一人っ子政策で若年層が少ないんですが・・・
労働人口の減少って、景気回復して雇用を増加させるなどの失業対策しないから労働者も減るよね。
そもそも日銀がマネタリーベースの大幅拡大なんて、やったことないじゃん。
ないくせに物価上昇をもたらさなかったって言ってるのかね。
いつも、そうだ!やる前から極端な負の方向性を心配して何もしない
「国債の日銀引き受けでインフレを抑止できなくなる」とか、インフレにもしていないくせに過度のインフレを心配して何もしない。
なので、彼の自説なんてどうでもいい話ですね。

フリードマン教授が言う通り、インフレもデフレも貨幣的現象に他ならない。
その現象が発生した結果が、少子高齢化であり労働者不足である。

じゃあ私も自説をば・・・
貨幣的現象の結果により、構造的現象が影響を受ける
どうだ!(笑)
[PR]
by thkflyfisher | 2011-06-01 23:51 | 時事ネタ