ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

税と××派

税収とは「量×率」です。
量とは所得であったり商品単価であったり利益であったりします。

財政タカ派と呼ばれる与謝野・谷垣両名は「率」を上げて財政再建したいと願う派です。
与謝野氏の「政治が経済成長やインフレ頼みで物事をやるのは悪魔的手法だ」が有名ですね。
悪魔ですってよ!
じゃあ世界中、悪魔だらけの国家ですやん。
この人達は財政再建の実現には消費税など歳入面での改革が不可欠と主張している。
要は、景気がどうのより再建最優先で増税による歳入増加を目指している。
再建できれば景気が上がると考える人達かと言うと違うようです。
財政再建が目的であり、景気回復ための手段じゃない。


逆に「量」を上げて財政再建したいと願う上げ潮派が居ます。
日銀による為替介入や市場介入、または政府紙幣の発行により、期待インフレ率を上昇させ、それにより、債務を圧縮させたり、企業の投資を活性化させることである。
要は「デフレ脱却」して景気回復による税収の「量」を増加させましょうと主張している。
こちらは景気回復すれば財政再建できると言ってます。
期待インフレ率とは軽いインフレを目標にするって事ですよね。
債務圧縮とは債務の割合を小さくする事であり、債務をゼロにするものじゃない。
財政再建とは債務ゼロにすることではないので圧縮でいい。
債務の無い国など存在しませんから。


歴史的、世界的な視野で様々な数値(消費税導入、増税、失業率など)見た時に過去の政策における変動から考えると、私は後者が、今やるべきソリューションと思います。
もちろん、インフレ時とか状況が異なれば前者も有り得ます。
日本以外の主要国(デフレ回避した国)は全て後者でデフレ回避していますね。


ちなみに安倍政権は後者気味、現民主党政権や福田政権は完全に前者
安倍政権を後者気味としたのは若干ですが「上げ潮派と対立」する人も入閣していたので・・・。
麻生政権も、どちらかと言えば財政出動掛けたくらいなので後者かもね。

断然後者がいいと思うでしょ?
じゃあなぜ、前者が存在するのか疑問ですよね。
税率は安定的に歳入として見込めるのに対して、後者は好景気の時だけの財務省統計局的に言えば、単なる臨時収入のようなボーナス的要素が大きいからですね。(たぶん)
景気は浮き沈みする不安定なものなので。(経済成長もインフレも不安定)

ただね、前者の財政タカ派は常に財政タカ派のままで「増税」を至上目的(財務省の財布を常にパンパンにしたい)とするのに対して、後者は状況に応じて主張を変える自由主義といいますかリフレ派といいますか・・・。
それはそれで正しいと思いますよ。
状況が異なればソリューションも異なる。当然ですね。
だから、安倍政権(2006~2007年)、麻生政権時代(2008~2009年)は景気も上向きかかりましたよね。
2008年のリーマンショック後の1年間(~2009年)は国内景気も持ちこたえたでしょ?
小渕政権(1998~2000年)も97年の前政権の橋本政権での増税があっても上向きかけたが息切れが早かった。
安倍政権は、次の福田政権で、おじゃん。(体調問題もありましたが、今はドイツの新薬で回復)
麻生政権は、次の現民主党政権で、おじゃん。


「至福を肥やしたければ年貢を上げればいい」
「おぬしも悪よのう、越後屋」
の悪代官のような手法を思い出しました。
「財務省の財布をパンパンにしたけりゃ税率を上げればいい」
「おぬしも悪よのう、財政タカ派議員」
ちょっと語弊が・・・財政タカ派が悪人な訳じゃないですよ。
単に思想・主義が異なるだけですね。
[PR]
by thkflyfisher | 2011-06-07 19:46 | 時事ネタ