ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

腹が立った言動「消費税を初めて導入した時期よりは環境が良くなっている」

本日の2投目

◆経財相、消費増税の修正「極めて難しい」 10%引き上げ案

与謝野馨経済財政相は21日の閣議後の記者会見で、社会保障と税の一体改革に絡み、民主党内から反対が相次いでいる2015年度までに消費税を10%まで引き上げる案の修正について「これは肝の部分だから、極めて難しい話」と説明した。
 その上で、自民党政権が消費税を初めて導入した時期よりは「環境が良くなっている」と指摘し、「国民の理解力には全く疑問を持っていない」と強調した。』


ハァ?
だってよ~(笑)
だって笑うしかないじゃん。
消費税導入した時期より環境が良くなっているんだってよ。
導入したのは竹下政権のバブル真っ只中です。
この時は好景気でインフレ圧力も高まりつつありましたから、増税は当たり前の政策でした。
ちなみに当時(1989年)の実質GDPは5.4%成長(前年比)、名目GDPは7.7%成長だよ。
デフレでも不景気でも無くバブルで好景気の状況でした。
だから普通にインフレ抑止として増税した。
その後、いろいろ失敗政策もあったから崩壊しちゃったけどね。
でも、当時の消費税導入は正しい選択でしょ。

それなのに
「自民党政権が消費税を初めて導入した時期よりは環境が良くなっている」って・・・
もう「増税」への執着心の異常としか思えない。
正直、狂ってませんかね?
「良くなってますか?」
平均所得が激減してて、自殺率高く、失業率も上がる一方で!

国民もネット社会になる前や初期の頃なら「うん政治家のお偉さんが言うんだから、そうなんだろう」なんて思う人も大半を占めていたと思います。そして「そんな状況なら、日本のために全員で負担し合うため増税もやむなし」なんて考えた人も居たかもしれない。
しか~し、今のネット社会では真実が、いろいろな所で見えてくる訳ですよ。
学ぶ事も簡単、発信する事も簡単です。
「その発言はおかしい」と言えるほど日本人は理解力ありますよ。

と言っても「環境が良くなっている」と発言した当人も、実は理解しているはずです。
信念のためのポジショントークですかね。
確信犯ですね。



 自民党政権が消費税を導入した1989年(竹下政権)は、バブルとインフレが止まらない時期だったので、消費税導入は正しいでしょうが、現在は?
と言うことで参考までに↓

【日本の名目GDP、実質GDPの対前年比成長率推移(単位:%)】
a0028803_236360.jpg

出典:内閣府

バブル崩壊後はデフレだから実質GDPの方が名目を上回ってますね。
物価を考慮すると見えてくることって結構あるのね。
[PR]
by thkflyfisher | 2011-06-23 23:24 | 時事ネタ