ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

経済成長を忘れて社会保障をネタに増税する日本

今日の本題、気になるニュース

消費税10%「10年代半ば」=民主配慮、時期ぼかす―政府・与党が一体改革案決定

政府・与党は30日夕、社会保障改革検討本部(本部長・菅直人首相)の会合を開き、「2010年代半ばまでに段階的に消費税率を10%まで引き上げる」ことを柱とする社会保障と税の一体改革案を決定した。政府案で「15年度までに」としていた増税時期は、民主党内の異論に配慮し、幅を持たせることで決着した。
 「経済状況の好転」を増税判断の「前提」としていた部分も、党の意見に沿って「条件」に変更した。また、閣議決定には与党の国民新党が反対したため、閣議に報告し、了解を得るにとどめる。菅首相は会合で、この案を基に社会保障改革の与野党協議を呼び掛けるよう指示。記者団に対しては「この中身が持続可能な社会保障制度につながってほしい」と述べた。
 政府・与党は今年度中の法整備を目指しており、具体的な増税時期や段階的な上げ幅は年末の税制改正作業で詰めなければならない。与党内になお増税反対の火種を抱える中、激しい攻防が再燃するのは必至の情勢だ。 

「社会保障と税の一体改革」ってさ、要は将来の社会保障に使う金が枯渇するから増税って意味なんでしょ?
高齢化社会だから少ない若者への負担が大きくなるとか・・・
だから増税なんだと言う事ですかね?
概ねこんな感じですね。
じゃあ高齢化が進む諸外国も同じなんですか?って話ですよね。

極端に景気が悪い日本で、税と社会保障の一体改革のための増税、復興税、B型肝炎対策のための増税と、増税論議ばかりやっている。
増税でデフレを加速すれば、税収も減り、年金財政も破綻し、国民生活も破綻する。
そもそも過去の年金法改正の際に言われていたのは「100年安心な年金制度」だということだった。
ところが、最近は20年後には年金積立金が枯渇すると言われ始めた。

え~、100年安心の年金制度だったはずじゃあないのか?
なんてね~!
前提が違うんでしょう。
100年安心と言っていた時代は、こんなにデフレを継続するとは思ってなかっただろうから。
普通の国としての成長シナリオでの事だったって事さ。
・物価上昇率 1.0%
・賃金上昇率 2.5%
・金利    4.1%
このシナリオだって世界的に見れば高い設定じゃないはず。

そんで、最近の枯渇すると言っているシナリオはデフレのシナリオでしょう。
・物価上昇率 -0.2%
・賃金上昇率 -0.7%
・金利     1.5%
賃金上昇率マイナス0.7%って
世界一の賃金下落国です。
諸外国は、この20年の間に1回くらいはマイナスになった事がある程度で、それ以外はプラスなんです。
ところが日本は、10回くらいはマイナスを記録してます。
日本のように、賃金が下がり続けているのは余りにも異常で、これに慣れきっている国民も異常です。
普通の国なら年4%ずつ上昇していくものです。

前記事にも書きましたが、適切な経済政策を行っていれば日本も諸外国並みに上昇していたはずなんです。

政府・与党は「経済状況の好転」を増税判断の条件にしたようですが、相変わらず数値などの具体的な表現が無い、曖昧な表現ですね。
引き上げ年度まで、ぼかしてしまった。
誤魔化しばっかりです。
ところで、経済状況の好転とは、どのような状況を指すのか?
97年の橋本政権だって、ちょっと上向いた段階で増税に踏み切ってデフレを加速させて現在に至ってます。
なので好転と判断する数値で表現されない内は「怪しい」と見るのが正しい判断ですね。
せめてインフレ率3%とかGDP前年比xx%以上増加とか賃金上昇率4%増加とかね。

最後に経済成長を忘れた政府に渇!
[PR]
by thkflyfisher | 2011-07-01 00:33 | 時事ネタ | Comments(0)