ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

社会保障と増税

小泉政権時、与謝野経財相は「骨太の方針2006」で社会保障費年間2200億円(5年で1兆1000億円)抑制方針を打ち出したはず。
憲法25条に保障された生存権がおびやかされるまでになってしまいます。
でも医療サービスの低下を招くと散々批判されたのに強行しました。
結果、救急車の受け入れ拒否で、たらい回しされる事象が発生し、かつ、医師不足、看護師不足、勤務状況悪化を発生させてしまいましたね。

なのに、与謝野経財相は社会保障費の抑制はよくないから増税、というのが民主党の基本方針だったはずだが、社会保障を抑制してさらに増税を唱える。

当時の小泉元首相の発言から
歳出をどんどん切り詰めて行けば”やめてほしい”と声が出る。”増税してもいいから必要な施策をやってくれ”と言う状況になるまで、歳出を徹底的にカットしなければいけない。」
と言う発言をしたはずです。
麻生政権時代に一旦は「社会保障費年間2200億円削減」を中止しました。
ところが、今になって社会保障費削減を復活させる動きがあるし、増税もすると言い出す始末。
増税するなら社会保障を手厚くしてもらう必要があるでしょう。
そのための「税と社会保障の一体改革」ではないか。
デフレ下で増税するし、社会保障のための増税といいながら社会保障も削減するとは何なんだ?
[PR]
by thkflyfisher | 2011-07-06 23:06 | 時事ネタ