ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

「2003年為替介入で30兆の借金は平気でするくせに震災復興は何故に増税で?」

東日本大震災が発生後、普通に建設国債で復興が始まるものだと思っていました。
大震災からの復興の財源を増税に求めたような国は過去に例がないそうです。
当然ですよね、増税した金がいつ配られるんだって考えれば遅いとしか言えない。
復興とは時間の勝負です。
増税は国会や与野党内部ですら揉めに揉めることとなりますね。
遅いでしょ。
だから当然、建設国債だろうと思ってましたが、みごとにハズレでした。
ナルホド、どうしても増税したいんだと、復興が遅れようが増税したいんだとね。

すでに5ヶ月経過しようとしています。
しかし、まともな復興予算は出てこない。
予算ないので、早急に復興できる訳がない。

復興基本法案も成立までに3ヶ月以上かかった、過去の災害では1ヶ月半くらいで成立させるものです。
国債ではなく増税で賄いたいがゆえの遅れです。


2003年の日本としては大規模な為替介入のために政府は30兆円もの借金をしました。
調達した金はアメリカ政府へ貸し付けたんですよね。

震災復興の試算では20兆円とも言われている。
なぜ為替介入では平気で30兆円も借金をするのに復興のための国債発行はせずに増税でやろうとするのか?
今やっている復興予算だって1次補正予算、2次補正予算の合算で6兆円程度でしょ。
しかも小出しだ!
被災者は不安ばっかりですよ。
本当に復興できるのか、仕事も無いから収入も無い。
だけど生活のための食料品買えば消費税として税金を徴収される。(消費税)
被災地でかろうじて仕事で収入があっても少ない所得から税金として徴収される。(所得税)
被災地で細々と稼動を始めた企業も税金として徴収される。(法人税)
しかも、全て増税される基幹税です。
法人税は赤字なら納税しなくても良いが、消費税・所得税は確実に徴収される。
プラスで酒税、タバコ税も増税ですからね~。

しかも震災前からデフレ不況ですから脱却するためには「財政出動と金融緩和」の合わせ技が必要になります。
政府が財政出動し、資金を日銀が国債買取などで日本円を発行し、それを政府が国内需要にガンガン使って行くと、インフレ率が上昇を始めます。でもね、そもそもデフレです。
「デフレ脱却」の話をしているときに、「インフレになる!」などと言われてもね。
ガンガン使った結果、需要が増加しても、もともと日本の企業は工場の稼動を抑制してますよね。
それらがフル稼動し始めれば供給が増えますからインフレにならないと思う。
近隣国のインフレ抑止しようとすると不動産バブルの崩壊が懸念され、内需よりも投資に金が使われている国と違い、日本はGDPの60%が内需です。
インフレ抑止も可能なはず。

それでもインフレ率が上がるようであれば、政府の役割の出番です。
政府は売りオペでも増税でも公共投資削減でも利上げでも、何でもすればいいのです。
それが正しい政府の役割だと思うのですが、デフレギャップを埋める気のない政府だな。
ね~、いかがでしょう。

ついでに、バラマキなんて止めて復興財源に全て回してしまえ。
政府が支出する時は国民も支出(消費)するように仕向ける政策が功を奏す。
そういった意味では自民党の麻生政権でのエコポイントは正しいよね。
地デジとHV自動車の普及を推し進めたし。
今なら電力不足が騒がれてるんだから節電家電を推し進める刺激策とか!


おまけ
アメリカのデフォルト回避されましたね。
日経平均株価も一時1万円台まで回復してました。
しか~し、円高は止まらない。
円安になる要因がどこにも無いのだから・・・
[PR]
by thkflyfisher | 2011-08-02 00:52 | 時事ネタ | Comments(1)
Commented at 2011-08-02 22:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。