ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

幻の魚

以下の記事を見た。

『環境省のレッドデータリストで絶滅危惧(きぐ)1B(危険度の高い方から2番目のランク)に分類されている「幻の魚」イトウ(サケ科)が生息する北海道内の河川20水系のうち、10水系は稚魚が生息しておらず、確実に世代交代している川は6水系しかないことが21日、野生鮭研究所(標津町、小宮山英重所長)の調査で分かった』

北海道ですらこの状態だもの本州なんてもっとヒドイように思う。
やっぱ世代交代だよね!
いくら放流しても・・・。禁漁にしても・・・。
世代交代だよね!肝心なのは!
[PR]
by thkflyfisher | 2004-11-22 13:07 | Diary | Comments(6)
Commented by トーマス at 2004-11-22 17:36 x
ブルブル...コワッ
20水系の内14水系は世代交代してるかどうか分からないか、してないか...って事ですよね。
不味いじゃないですかぁ、この報告。

で、どうするんでしょうね?
増やす努力をするんでしょうね。
でも、養殖イトウを放流するだけってのは止めて欲しいっす。
ただでさえイトウは成長が遅いっていうのに...

>世代交代だよね!肝心なのは!
その通り!! 


Commented by thkflyfisher at 2004-11-22 17:52
どうやら産卵床が牧場などの土壌流入により卵が窒息してるらしいんですよね~。北海道の広大さの象徴みたいな牧場も要因に挙がるなんて皮肉な話です。北海道の河川状況はどんななんでしょうね?東北は堰堤が乱立してます。川床にブロックが敷き詰められているなんてザラになってきました。でもこれまた皮肉で、このブロックの隙間やら影がポイントになってたり・・・。(悲)
Commented by still_water at 2004-11-22 19:52
確かにここ道東でも「狙って釣れる」というレベルの話ではなくなって
きてます、イトウを狙ってる釣り人は、その危機感を充分理解できて
るとは思いますが、河川を取り巻く環境にとって、「釣り人」は極わず
かな影響力しかないと思われます、牧場の問題もそうですが、河川
工事、牧場以外の畑作、はては釣り以外の密漁・・

暗い話ばかりですが、最近行政はようやく重い腰を上げ、徐々にでは
ありますが、魚の行き来できる堰堤や、河川改修の慎重化、酪農家の
糞尿問題にもかなり積極的に取り組み始めましたようです、ただ部署
によってはまるっきりと言っていいほど、見解の相違があるのは、さす
がに「お役所」ではありますが・・

なんとしても、未来に残したい対象魚ではありますね、釣り人のエゴ
かもしれませんが「禁漁」については、河川から人の目が遠ざけるこ
とにもなりかねません、危機的状況にこそ、釣り人や他の人の目をむけ
させることも重要かと感じてます。
Commented by カミナリ小僧 at 2004-11-22 20:36 x
お邪魔致します、初めまして。
北海道フライ師です、地付きの田舎道民ですが
記事に関しては「6水系もあるの?(ビックリ)」と言うのが
正直な感想です。

雑誌や釣り人の話は得てして「良い部分」ばかりが目立つので(笑)
「北海道=自然も魚も豊か」なイメージが先行していますが
現実は酷いモンですよ・・・・・
「10年前は良かった」というスパンではなく「5年前は良かった」
と痛感するほど、荒廃は進んでいます。

>イトウは成長が遅い
遅いがゆえに、とうの昔に川は死んでるのに。
イトウが生息してる状況かと思われます
上記の小宮山さんは知人が親しいので
よくイトウ調査の話は聞きますが現況は
「増やす努力」より以前で「守る為に調べてる」と
言う段階っぽいですね、調査の現場からの声が
林業者や河川管理者に反映されて、良い意味での
イトウの為の改修も僅かですがあります。

私もホームリバーはテトラ脇とかが1級ポイントなんです。
いきなりの長文失礼しました。ではでは
Commented by inutarouzamurai at 2004-11-22 23:38
私もその記事読みました。
以前は北海道の北の果てに住んでいた時期もあり、道北の有名河川には良く足を運んでいて、イトウ=居るところには居る魚という中途半端な認識しかしていませんでした、裏を返すと「居るところ以外には居ない」ということなんですよね。私が住む小樽周辺にも昔はイトウが生息していた証明となる名前のついた川が沢山あります。ですが現状では昔話にもイトウが居たなんて事は出てきません。

still_waterさんが仰るように、ただ「禁漁」とするだけでは意味が無いんですよね。臭いものに蓋的な禁漁では意味が無いと。関係各位が膝突き合わせて今後の展望を話し合うことこそ肝要なんですよね。
Commented by thkflyfisher at 2004-11-23 00:06
北海道関連の方々がコメントくださいました。ありがとうございます。
やはり本州の釣り人から見た北海道は夢の別世界と言うか鱒の楽園的なイメージを持ってしまいます。しかし、現実は「やはり日本」なようで、行政は同じなのですね。でもやはりコメントの長さが物語るように目をつぶれない現実を目の当たりにするのは・・・やはり釣り人な訳ですネ!stillさん犬太郎さん。そしてカミナリ小僧さんの「実際に調査されている方」と関係があり調査の本意を伺えた事、みなさんに感謝します。本州からはトーマスさん!感謝です。正直な話し、コメントこないかな?!まじめな話しだったもんで!と思っておりました。