ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

読破

ここ1年間で読破した経済本が35冊に及んだ。
私的には近年に比較して多い方です。
他の趣味の本も読みますから・・・

一月にして3冊ペースですね。
だいたい会社の昼休みと金曜、土曜の深夜あたりに読んでいるので、この程度です。
小説と違って、考えながら読むのでね。

こうして読んで学んだ後にネットの最新ニュースを読むと全く違う面で読めます。
一見読むと納得できる記事でも、いろいろ引っかかる点が出てくる。
例えば
・日本破綻論
・日本国債の消化が出来なくなりデフォルトする論
・日本の無駄な道路は作るな論
・公共事業は「悪」論
・日本は増税が必要論
・歳出削減による財政再建論
などなど

必ずと言っていいほどミスリードがある。
一般国民は家計とか企業会計は理解していて政府の会計も同一視しがち。
これを逆手にとった増税、歳出削減の煽り具合ったらないね。
例を挙げれば「経済成長と歳出削減による財政再建を目指す」と発言するNo~だ総理
逆の事を同時に実現しようなどとは無理に決まってますよね。
経済成長とは簡単に言ってしまえばGDPの拡大ですよね。
しかし、歳出削減による財政再建はGDPの需要項目を減らす事です。
正直「どっちだよ」

最近の円高だって、白川日銀総裁の理論を現実の日本で試しているようなもんじゃん。
本人は8月の金融緩和は「思い切った」対応だったと自賛している。
小額で効果の薄い緩和でしたよね。
そしてアメリカのFRBバーナンキ議長(日本の日銀総裁みたいなもん)の量的緩和策を批判している。
それでは効果が出ないとの持論を持っている。
でもね、確かに景気回復とまではいかなかったアメリカの量的緩和政策ですが、確実に言えることは「デフレ」だけは最低でも回避しました。
それに対してデフレを放置している日銀総裁は何だっ!

って話でした。チャンチャン


そうそう、まだ理解できていないのが「公務員改革」系だ。
一説には公務員を天下りさせた方が費用がかからないとか。
省内にとどめておくと高年齢の官僚としての報酬を払うから費用が高額になるとの試算もあるそうだ。
ついでに今の政府に任せておくと、公務員削減となれば真っ先に自衛隊と警察の人員削減に走る。
国民はソコに求めてはいないはず(違うかな?)。
議員定数削減とか議員報酬減額じゃない?(官僚もか)
だって経済回復もできずデフレを放置し、無策のまま簡単な増税に頼る。
なんでも増税論ではとどまる所を知らず上がり続けます。
本来、需要に使う金を吸い上げられるんだから当然GDPは下がる。
そんでもって原発事故だって地域独占企業と政府の馴れ合いの末の事故対応
賠償の算出方法にも疑問が残る。
例えば今年200万の利益、前年同月500万だとしたら差額300万。
差額の300万は前年同月の60%(これが問題)になる。
どうやらここから20%を差し引く(これも問題)と40%になるから300万の40%で120万の賠償額になる。差額分を賠償じゃないのね。
300万の損失なのに120万の賠償って・・・
しかも利益の20%分は賠償しないと言っています。
間違っても差額300万を100%として20%差し引きして80%賠償じゃないからね
これだと240万の賠償になるはずだが、事実は違う。
ここに率のカラクリが盛り込まれてます。
賠償する側なのに目線が高いのも気に入らない。
こんな事を認める議員達の報酬減額でいいじゃない。
民間だって収入は景気に左右されるのにデフレ不況を容認する政府日銀だったら減額じゃん。
それが嫌ならデフレ不況脱却を本気で目指せ、持論を試す日銀総裁も同様だ。
首相より高給取りの日銀総裁・・・国民の選挙とは無関係のポストだし。

が~、本の話だったな。話が反れたぁ

単純に経済本だけじゃないけどね。
リーマンショックの当事者の回顧録
日米安保(アーミテイジ・ジョセフナイ)関連
海洋資源関連
アメリカ経済関連
中国経済関連
韓国経済関連
ユーロ経済関連
公務員改革関連
そんで日本経済関連

知っているようで知らないが、今さら聞けない
リーマンショックとは実際、何だったのか?
ユーロ危機って何なんだ?
中国経済の好景気ってなぜ?
韓国サムスンが日本メーカーを追い越したのはなぜ?
なぜ日本は不景気なままなのか?
とまあ時事ネタから派生した本を読み漁ってます。
当分、続くなこりゃ
世界経済、日本経済、政治、国際情勢など日本のTVメディアで報道されない事なども含めて面白すぎる。
[PR]
by thkflyfisher | 2011-09-23 01:08 | Diary | Comments(0)