ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

ショバ代とって返済する復興増税一本槍政権

今日はこの産経新聞論説委員のブログより

 デフレ不況下の増税は消費を減らす代わりに、カネの値打ちを増やす。銀行は融資をやめ、企業は新規投資を思いとどまる。他方で米欧は金融危機やデフレを避けるためにドルやユーロをじゃんじゃん刷るので、超円高が止まらない。デフレと円高のダブルパンチを浴びる企業は被災地を含め日本から離れる。
 そんな懸念をかき消そうとしているのは、「次世代にツケを残してはならない」という、野田首相が繰り返す「お念仏」である。催眠術効果は抜群だ。増税賛成派議員は唱和し、反対派議員も呪縛され、増税の細分化、額の圧縮や期間延長という小細工に翻弄される。
 が、だまされるな。「次世代」うんぬんは、もともと財務官僚によるトリックである。
 財務省はホームページの中にある「日本の財政を家計に例えると」で、政府の公債残高が平成23年度末に約668兆円に上り、公債の元利払いから逆算して1世帯あたり6661万円ものローンを家計が抱えているとし、子や孫に負の遺産を残すと警告する。衝撃的な数値はメディアを通じて流され、世論を「増税やむなし」に誘導してきた。
 この巨額の負債はあくまでも政府の債務である。債務にはそれに見合う債権(資産)が必ずある。政府債務の約95%を引き受けているのは日本国民の貯蓄である。
 いや、私は国債を持っていない、という読者は多いだろう。だが、あなたの預貯金や生命保険、年金の多くは国債で運用されている。政府債務の最終的な債権者はわれわれ有権者なのである。言い換えると、われわれは1世帯あたり、6661万円×0・95=6327・95万円の債権、つまり金融資産を政府に対して保有しているわけである。
 政府の詭計(きけい)はさらに続く。復興のためだろうと、借金を増やしてはならない。だから、復興のための公債償還財源は増税で行こうとくる。
 どんなあくどいならず者でも「ショバ代をもっと払え、そしたらあんたから借りたカネを返す」とまでは言わないだろうに
 本来の政府の役割は、公債発行によって国民の貯蓄を活用して、安全な社会基盤を整備し、経済を成長させて税収を上げて国民に利子を払うこと、何よりも日本経済をデフレから脱出させ、復興を遂げることだ。
 政府に債務返済できる能力がなければ、リストラし、官僚天下り機関を閉鎖させる。これが、債権者である国民の代表である国会議員、さらに議員で構成される内閣の本来の義務である。ところが、野田内閣はまるでわかっていない。
 被災地復興をそっちのけにして、こともあろうに公務員宿舎建設を優先する。財源はしかも増税である。国民との契約違反、本末転倒とはまさにこのことだ。
 増税は官僚を楽にさせる。税率を上げてしまえば、しめたもの。予算は確保済みで、したい放題、自省の権益を拡張できるし、給与カット、人員削減圧力を受けることもない。だから、官僚たちは巧妙な詐術で菅直人前首相や野田首相を復興を名目にした増税路線にうまく乗せた。
 せめて国会が目覚めなければ、日本の復興・再生の糸口すらうせてしまう。与野党を問わず、反増税派は結束すべきだ。

(以上、記事全文載せてしまった)

『財務省はホームページの中にある「日本の財政を家計に例えると」』って事はさ~
政府の財政を家計に例えてはいけないじゃん。
企業・地方自治体なら家計に例えてもいい。
政府の役目を綺麗さっぱり忘れている。
「需要と供給の調整」
「金利の調整」
「物価の調整」
これにより徴税権の行使、通貨発行権を行使できる。
この権利が無いから企業は倒産するし、夕張市は破綻しました。
それなのに財務省自体が家計と同一視する点が怪しい。
破綻を煽った増税キャンペーンの一環でしょ・・・と言いたくなる。

『どんなあくどいならず者でも「ショバ代をもっと払え、そしたらあんたから借りたカネを返す」とまでは言わないだろうに』
まさに、その通りだ(笑)
ショバ代もっと払えば借りた金(借りた金ですよ)を返すって・・・
借りといて返して欲しけりゃショバ代もっとよこせってことだ。
増税して償還するんだから、その通りとしか言えない。


「増税は官僚を楽にさせる」、その通りですよね。
だって、どことも戦う必要なく実行できるんだから。
改革とは、ある特定の業界や組織と対決して説得しなければ実現できない事です。
どこと戦うかが問題ですよ。
最近の電力送電線分離とかだと地域独占企業と対決。
社会保障なら医師団体、経済関連だと経団連、TPPだと農水省
そして、予算を捻出したりする場合だと財務省。

ところが「増税」なら国民(平民)だから政権と取ってしまった以上は一方的に押し付けられる。ま~次期総選挙でどうなるかって疑問は残るけどね。
財務省にしてみれば増税なら集めた金の使い方を厳密にチェックする必要ないでしょう。
だって自分の懐が傷むものじゃないからね。
つまりはムダに使われるって事ですよ。
地方の言い値で処理しても問題ない訳です。だから瓦礫処理費用が阪神淡路の時は1トンあたり2万2千円なのに東日本大震災では、すでに4万~10万までにハネ上がってます。
だって増税で賄われるのだから財務省も細かいチェックしないでしょ。

ゆえに、現政権は「財務省主導内閣」なノダ(野田)
[PR]
by thkflyfisher | 2011-10-01 03:08 | 時事ネタ | Comments(0)