ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

さすがは地方紙 河北新報社説にパチパチ

●TPP参加問題/拙速な結論は避けねば(河北新報社説) 河北新報HPより

東日本大震災によって議論は中断し、立ち消え状態にあった。そして、今は震災からの復興が最優先課題だ。
 状況が大きく変化した中で仕切り直し、わずか1カ月で結論を得るというのは、あまりにも拙速ではないか。議論の対象はこの国の行方を大きく左右しかねない課題である。
 環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加問題だ。
関税撤廃を原則に米国やオーストラリアを含む9カ国が交渉を続けており、11月12日に始まるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が妥結に向けた節目となる。
 「世界経済の成長を取り込む」(所信表明演説)観点から参加に積極的とみられる野田佳彦首相。「早急に結論を得る」として政府と民主党に議論再開を指示した。1カ月後のAPECまでに決着を図る考えだ。
そもそも最大の課題である農業再生について、菅前首相が強調した貿易自由化との両立の道筋がつけられたとはいえまい。
提言は稲作農家の面積を今の10倍以上の20~30ヘクタールに拡大する目標を明記。若者らの新規参入を促すため交付金による就農支援策を提示するなど、経営体質強化に取り組むとした。
 しかし、その工程表と共に必要な財源は示されていない。農林水産省はTPP参加で農業分野に及ぶ影響を緩和するのに数兆円規模の財政支援が必要とみる。どう手当てするのか、肝心の議論は積み残されたままだ。
TPPはサービスや知的財産権なども交渉対象で、雇用や医療といった分野での大幅な規制緩和による影響が懸念されている。だがTPP交渉に関する情報が適切に提供されてきたとは言い難く、そうした議論が深まった形跡もない。
 状況は変わった。巨大津波と原発事故で太平洋沿岸は漁業も水田農業も甚大な被害を受け、生産性向上どころか生産基盤の復旧すらままならない。TPP参加はそんな国内有数の食料基地に追い打ちをかけかねない。
事は、食料と貿易という国の根幹にかかわる問題だ。だからこそ、バスに乗り遅れるな式の議論は避け、その両立の道を探るべく、状況の変化も踏まえ議論を尽くさなければならない。


(記事ここまで)
さすが、TPP参加の悪影響を真っ向から受ける地方経済を危惧する地方紙ですね。
大手新聞社からは出てこない社説ですよ。
今まで、農業、政府調達、労働力自由化、医療サービス、法務サービスに関しては何回か書いてきました。
そこで今回は投資分野で行きます。
日本の民間テレビ局への投資を例にしてみます。
放送法ってのがあって外国人からの投資は全株の20%までと制限されています。
だって、外国人が筆頭株主になって日本国内で、その国の意向に沿った報道ばっかりやられては、言い方悪いけど洗脳されます。
そうでしょ、増税論議だって「痛みを分かち合う」「将来世代にツケを回さないため」「ギリシャの二の舞になる」とか国債問題にしてみれば「日本国債暴落」「日本国債余命3年」とか、日本政府の財政問題にしてみれば「経常収支赤字に転落したら破綻」「預金残高を国債発行額が上回ったら破綻」とかさ~。
ミスリードしようと思えば、いくらでもメディアを使う事で簡単に実現できる。

とまあ、この20%ってTPP参加国から見れば完全に非関税障壁として扱われる。
新聞社にしても全く同じ。
つまりメディアを牛耳れば簡単にミスリードする事ができる訳です。
アメリカ型の企業が投資に参加しだしたらどうなると思う?
韓国のサムスンなんかがいい例だと思うよ。
とにかく配当を増加させる配当の最大化が目的になるので社員の所得は上がるどころか下がるでしょう。
不要と判断されれば簡単にリストラしますね。
最大化が伸び悩みだしたら売りに走る。
残るのは残骸と化した会社のみ。
韓国の家電業界なんてサムスン一人勝ちでLGがかろうじて残っているだけでしょ。
他は全て淘汰されました。
今の日本で言う、民間独占企業になるので消費者は、そこの言い値でモノを提供される。
でもね現在の日本はパナソニック、ソニー、日立、三菱などなど凌ぎを削って最新技術を低価格で提供されているでしょ。日本国民は幸せな訳です。ハイ

最悪のシナリオ
アメリカの投資企業に独占され、原価の安い国の労働者を雇う。
日本人の雇用は激減する。
例えば経済成長著しいインドの平均年収は日本円換算で30万円です。(年収ですよ)
2010年度平均所得547万円ですから18倍稼げる。
逆を想定すると(有り得ませんが)547万の18倍で9,846万円でさ~感覚的にね。
ほぼ1億でっせ!
これじゃあ超節約生活5年もしたら帰国しますね。
だから日本に働きに来ますよ。
そう言えば、最近ありましたよね?
北欧の銃乱射事件、ノルウェーでしたっけ!
外国人の移民流入により雇用を奪われている事に腹を立てての犯行とね。
犯人は日本人弁護士を希望していましたよね。
日本は外国人参政権も認めていないし外国人からの献金も投資も制限または禁止しています。
だから日本人弁護士を希望した。


だ・か・ら・TPPは慎重に議論に議論を重ね、試算に試算を重ねる必要があるのに1ヶ月で「参加交渉に」参加するか決断してはいけない。
よく「交渉」に参加であって、TPPに「参加」ではないとか参加してもダメなら離脱すればいいと言う人もいる。
じゃあ聞くが、国際的な枠組みから簡単に離脱できますか?
国内の産業、雇用、農業など破壊されてから離脱するのですか?
「参加交渉」とは参加の意向を表明したのと同等です。
入る時の例外品目なんて緩くして加入後にタッグを組んで非関税障壁だと訴えてしまえばいいのですよ。
そうなった時にどうするって論議も何も無い。
現政権にはTPPは重荷すぎます。
だから危険!

最後に最新ニュース
どうやら、やっと医療サービスの問題についても議論が本格化してきたようですね。
現在、規制のおかげで薬が安く手に入る。
しかし、TPPにより規制が解除されれば、金がある人のみが薬を買えて、金が無い人は薬すら買えないことが起こりうる。
と医療関係者が懸念してました。
やっと農業問題だけの認識から脱してきたようです。
まだまだ24分野あるのにAPECまでになんて考えられない。
この前の記事にもあったが、アメリカの製薬会社の薬の扱いが問題視されてましたね。
アメリカは自国の雇用しか考えていないさ。
失業率も高いまま、デモが多発
障壁撤廃させて自国の薬を売りまくりたかったんだろう。

そもそも日本以外の参加表明国は全て円に対して通貨安国家ばかり。
日本は円高を是正しない内に参加はダメでしょう。
日本は円高是正のためにも日銀が金を刷り外貨不足(ドル不足)の韓国、新興国に円建てで融資がベター
そして円売りドル買いを実施してもらいましょう。
円安方向に動きますよ。
[PR]
by thkflyfisher | 2011-10-12 23:31 | 時事ネタ