ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

今朝の報道station SUNDAY

今日の報道ステーションSUNDAYでの五十嵐財務副大臣に疑問

元財務官僚が現時点での増税はダメだと発言する。
しかし、それに食いつくように増税しなければいけないと発言する副大臣の姿を見て
思い出した。


この人って国会でネバダレポートなる怪文書で追求した人じゃん。

以下、記事参照。

「ネバダレポート 」だが、2001年9月に自民党内で配布された、となっており、平成14年2月14日開催の第154回国会の予算委員会で民主党の五十嵐文彦議員が国会にて触れている。以下「ネバダレポート 」から。
五十嵐文彦: 私のところに一つレポートがございます。ネバダ・レポートというものです。これは、アメリカのIMFに近い筋の専門家がまとめているものなんですけれども、この中にどういうことが書いてあるか。(中略) もしIMF管理下に日本が入ったとすれば、八項目のプログラムが実行されるだろうということを述べているのであります。手元にありますが、その八項目というのは大変ショッキングであります。

1.公務員の人員の総数を30%カット、給料も30%カット ボーナスも全てカット
2.公務員の退職金は100%カット
3.年金は一律30%カット
4.国債の利払いは5~10年間停止
5.消費税は15%引き上げて20%へ
6.課税最低限の年収100万円までの引き下げ
7.資産税を導入し、不動産に対しては公示価格の5%を課税 債権・社債につ__いては5~15%の課税 株式は取得金額の1%課税
8.預金は一律ペイオフを実施するとともに、第二段階として預金額を30~40%__カットする。                 _____________________(以上ネバダ)

といった具合なのですが、国会で採り上げたわりには出所がハッキリせず、何かの意図があったんじゃないかとされている。

(記事ここまで)

ネバダレポートでググッてみると
「アジアとつながる平和外交」、「脱原発」、「ダムが国を滅ぼす」といった記事が出てくる。
アジア共同体構想って元首相鳩山氏が前のめりになってました。
次に来たのがダム建設中止による公共事業削減(GDP縮小)
そして、今、脱原発ですよ。
シナリオ通りに先導されているように思いませんか。
だいたいIMFは関係ないでしょ。
IMFに居る財務省官僚達が出所だったりしてね。

ついでにこのような記載もありました。


ネバダレポートの目的は日本の国債残高に警鐘を鳴らすことではなく、国債発行による景気回復の阻止、日本経済の弱体化、中国を中心にした東アジア共同体の確立にあったと考える。

多くのネバダ・レポート・サイトが
「2005年1月20日、政府の経済財政諮問会議が行われ、「構造改革が進まなければ」 日本は5年後に財政破綻する」 と付け加えている。
 もう、5年経っているが、日本は財政破綻していない。むしろ2010年、長期金利が1%を割るまで国債が買われた。

そもそも財政破綻から遠い国だという認識がない。
対外債務と対内債務の区別もつかない議員さんだな。
単純に例えてみれば、息子が父親から借金している状態で、隣に住む他人が息子に対して、他人の息子を管理下において親に強制的に支払わせるからと言っているようなもんじゃん。
大きなお世話!

最後に記事はこう締めくくっていた。
五十嵐民主党議員の行った行為、すなわち国会という日本最高の意思決定の場において、出所不明の怪文書を出し、与党を問いつめるというのは、議員としてあまりに稚拙だ。
[PR]
by thkflyfisher | 2011-10-23 14:03 | Diary