ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

円高を放置し増税まっしぐらの日本に・・・

●消費税、2年後7~8%軸に政府検討へ
政府は23日、消費税率の引き上げについて、2013年10月に7~8%、15年度中に10%とする案を軸に検討を進める方針を固めた。

 来年の通常国会への関連法案提出に向け、民主党と調整に入る。

 これに関連し、財務省の五十嵐文彦副大臣は23日、テレビ朝日の番組で「選挙の後になると思うから13年10月以降になると思う」と述べた。13年夏に衆参両院が任期満了を迎えることを踏まえ、最初の引き上げは国政選挙で国民に信を問うた後とする方向で検討する考えを示した。

 通常国会への消費税関連法案の提出時期については、12年度予算に関連しない法案の提出期限と見込まれる来年3月15日までになるとの見通しを示した。

(記事ここまで)
相変わらず増税への道筋だけはキッチリ進め、キッチリとした数値を検討するんですね。

このくらいキッチリとインフレ目標とか失業率目標とか決めて、それぞれのリスクの発生兆候が見えたら日銀はどうやって、政府はどうやるのかなどを決めるのが優先課題ではないのか。
増税が課題ではなく景気と復興が課題でしょ。
間違った認識から間違った対策が施される典型ですね。

「国政選挙で国民に信を問う」って、それまでに「増税やむなし」って雰囲気作りをメディアを使ってキャンペーンを張るのでしょうね。
学校でデフレ時に打つべき対策として学ぶ事を無視してさ。
学習内容変更しないといけないんじゃない?
普通のデフレ対策やらないんだからさ。
そもそもデフレギャップを埋めないといけないって事も忘れて、国家財政を家計と同一視する。
彼らの頭の中は震災で歳出が増えるのだから歳入を増やすって単純論で増税な訳ですね。
その癖、為替介入には平気で数兆円もの負債を作りやがる。
しかも場当たり対処の介入だから手に負えない。
外国は一時的な急騰、急落に対処するためであるが、日本においては根本を正さないから焼け石に水です。
円高は市場からの声でしょ、円が不足してますよってさ。
円を供給しても使われない可能性が高かった震災前とは異なり、使途が明確にある状況下では供給するべきでしょ。
増税で吸い上げて再分配では増えない。
乗数効果がどれだけ上がるかに期待して補充できる量ではない。
来年度のマネーサプライの推移を注視しましょうね。
それを見てから増税論議開始しても良いはずだ。
なのに、最初から増税路線一本やりでは・・・
考えなさ過ぎでしょう。
あきらめの政策です。

日本の対外純資産260兆円として。
1ドル=75円(最近の最高値)
1ドル=77円(ついこの前までの水準)
これを比較換算すると、ざっと7兆円もの差が生まれます。
円高を放置し、資産を保有しているだけで7兆円もの資産が目減りしてしまう。
たった1ヶ月での出来事ですよね。
言ってみれば復興財源額に近い数字ですよ。

結局、問題は円高の前に円不足によるデフレの放置でしょうね。
外国は日本の資産、貯蓄を吸い上げて海外投資に回して欧米の危機を緩和しろって事で日本は「ハイっわかりましたっ」って言っている。
日本国民の生活や経済なんてどうでもいいから金を提供しろって言われて「ハイ、わかった野田~」は無いでしょ。
だって現実に政府資金使って日本企業を後押しして海外投資させているんだもん。
知ってました?国民の皆様!
国内に使わず、海外へ使うんですよ。(産業の空洞化が騒がれているのにです)
最初からドル資産ならいいけど、円を国内に使わずに、わざわざドル換金して円高対策だとでも言うつもりなんでしょうね。
愚策でしょ?
だって海外の投資した資産の配当が大きいのに、配当として戻ってきたら円に換算されるんだから減るに決まってるじゃん。
対外資産としては増えるでしょうが、日本経済としてはダメでしょう。
これに国民の血税が注がれている訳です。

未熟な政党でしたね。
民主党内限定で見れば、まだ、小沢一郎の方がマシだったと思う。
あっ小沢と言えば・・・
「TPP参加へ前向き」との報道がなされてましたね。
えっ!確か反対だったと思ってたが?
前向き報道がされた後に本人ツイッターで報道内容を否定してました。
ま~、自民党総裁の谷垣氏の発言も同様に「前向き」と報道されていたけど、そんな事言っていないと暴露されてましたね。
報道はちょっとでも前向きな一言があると全体的に前向きと報道されるようです。
例えば「今の日本の制度や各業界の状況を勘案すると参加すべきではない。但し国内が参加以前に制度改革や支援対策が完全に整っているなら、その時、はじめて参加交渉に臨んでもいいと思う」なんて言ってみた日には、「参加交渉に臨んでもいいと思うと発言」と報道される訳です。

TPP項目の24分野の内容が明らかになってきた為か、議員の賛否比率も反対派が半数を超えたみたいですね。
もういい加減、農業と関税だけの問題みたいな報道も止めにしたらどうよ。
問題の大部分はそれ以外の事だ。
何度も言うが、日本の関税は主要国平均値をかなり下回ってます。
アメリカよりも低関税ですよ。
コメ以外は低いんですって。
自国産業を保護するために高い関税をかけているのはアメリカの方です。
だから関税撤廃がアメリカの目的ではなく、投融資、金融、農産物などの規制撤廃かね。

メジャーなネタで言えば、牛肉のBSEに対する規制も撤廃されるし規制してはいけなくなる。
不利益な規制はできなくなるからね。
日本で食用として許可されていない部位も規制できない。
食の安全って大事よね。

ん?
話がTPPに反れてきたか。

[PR]
by thkflyfisher | 2011-10-26 00:13 | 時事ネタ