ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

為替介入に疑問符

a0028803_12562041.jpg

●“オオカミ少年”安住財務相 口先連発で介入効果低下、FXの餌食に

超円高を阻止しようと安住淳財務相が「口先介入」を連発するなか、外国為替証拠金取引(FX)の個人投資家や一部のヘッジファンドが、せっせとドルを買い込んでいる。実際に為替介入が行われて円安ドル高に戻った際に買っておいたドルを売って円を買えば、大もうけできるためだ。政府・日銀が円売りドル買い介入に踏み切れば、「待ってました」と大量の円買いが出され、円高是正の効果が帳消しとなってしまう恐れが高まっている。
「必要があれば、断固たる措置をとる」。25日から3日連続で円相場が戦後最高値を更新し、1ドル=75円67銭まで上昇。安住財務相も連日のように介入示唆を続けた。

 証拠金の何倍もの取引ができるFXの投資家は、「円高局面では、『今がドルの底値』と考え、円安ドル高に戻った際の利益を狙い、逆張りでドルを買う傾向が強い」(マネックスFX)。それに安住財務相の口先介入が拍車をかけた。
外為市場でFXに参加する主婦が「ミセス・ワタナベ」と呼ばれるなど相場への影響力が高まっている。

一方、欧米のヘッジファンドの一部も、「介入を待ち構え、先週ごろからドルを買い込んでいる」(市場筋)という。安住財務相が介入をあおればあおるほど、「ドル買いのマグマ」(市場筋)がたまる構図だ。
だが口先介入ばかりでは、イソップ童話の「オオカミ少年」のように誰にも相手にされなくなり、市場は安心して円買いを仕掛け、円高が加速しかねない。日銀が27日に実施した追加金融緩和も効果はなかった。政府・日銀は戦略を欠いた対応によって円高阻止の手段を失いつつある。

(記事ここまで)
また、やってしまったようです。

センス無い!の一言です。

一般の民間投資家にも及ばない財務大臣って事です。

スイスの真似でもしようとして「必要があれば、断固たる措置をとる」とか「納得いくまで介入する」とか言っちゃって「やるぞ!やるぞ!」と言い続けたんでしょうかね。

わざわざ投資家にドル買いの準備期間を与えてさ。

経済規模の差異を考慮せずに発言したもんだから・・・

当然、ドル買いして準備万端、あとは日本政府が介入するのを待つのみだった投資家は大喜びでしょう。

「ミセス・ワタナベ」「ヘッジファンド」が束になってドル売り円買いを始めたら介入規模を相殺してしまうでしょう。

「証拠金は6月末時点で9446億円」で、25倍のレバレッジらしい。

そうなると取引額は、フルに25倍だと25兆円、平均10倍だとしても10兆円です。

また負債を増やして投資家にくれてやっただけの介入になるでしょう。

もしこれだけ「やるぞ!やるぞ!」(オオカミ少年)と発言して介入しなかったら、逆に安心して円買いを続けるだろうから円高は継続される。

先週木曜日に実施した金融緩和も効果ゼロだったんだから、もう手詰まりです。

もう、いつもいつも手詰まりになってから介入するからダメなんでしょうがね。

そもそも、リーマンショック後に諸外国に同調してでも量的緩和政策を日本だけが実施せずに来たツケです。

もう「日銀は戦略を欠いた対応によって円高阻止の手段を失いつつある」の言葉通り阻止できない時期になりました。

つまり円高傾向はまだまだ続く。

通貨高なのにTPPで輸出を伸ばすなんてできますかって話ですよ。

参加国は全て円に対して通貨安国家ばっかなんだけどさ。

こうなってくると小泉政権時代の大規模介入による通貨安政策で輸出を伸ばしたのは正解でしたね。

余計な事もいろいろやってくれちゃったけど!

小泉政権での派遣の緩和も今、TPP参加となれば最悪の状態になるでしょう。

本当に現政権は考えているのでしょうか。
だとしたらあまりにもミスリード、詐欺に近い。

じゃないとしたら、あまりにも無知ではないか。


(こんな記事も)
また、仙谷氏は29日の講演で、TPP交渉参加に反対する全国農業協同組合中央会(JA全中)を「反対をわめいて走っている」と批判。山田氏ら慎重派議員についても「信念か宗教的関心か知らないが、合意形成させないことを自己目的化している」と指摘した。(後略)

私個人の目で見た時、自己目的化しているのは推進派に思えるが・・・

慎重派は本当に専門家とか呼んで勉強会とかしているが、推進派はやっている様子が無い。

増税にしてもTPPにしてもドミナントストーリーとなっているように見えます。


などと思う今日この頃でございます。

※参考までに「ミセス・ワタナベ」とは日本人の個人を指すものではありません。

相場を左右させるほどの日本の個人投資家の資金力を世界に見せつけ、海外にて「ミセスワタナベ」という呼び名が生まれた。「ワタナベ」は海外でよく知られた日本人を代表する姓である。
[PR]
by thkflyfisher | 2011-11-02 12:56 | Diary