ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

震災復興は優先政策課題じゃないらしい! 狂って来た政権

『TPP・消費税・安保…首相「捨て石になる」
 野田首相は3日夕、都内のホテルで開かれた中小企業経営者の会合に出席し、消費税率引き上げを含む社会保障・税一体改革の取りまとめや、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に向けた協議などについて、「不退転の覚悟でしっかりやる」と述べた。
 出席者が明らかにした。
会合は非公開で行われ、首相は15分間のあいさつを行った。出席者によると、首相は当面の政策課題として、消費税率引き上げ、TPP交渉参加、安全保障の三つを挙げ、「自分の代で、捨て石になってけりをつける」などと語った。』


(記事ここまで)
なぜだ、当面の政策課題に「震災復興」の文字が無い。消費税率引き上げ、TPP、安全保障の3点って・・・
復興はどこ行った?

と、ま〜、この方の頭の中には「復興」は無い訳ですよ。
被災地は未だに更地なのにですよ。
最優先課題は明らかに「復興」でしょう。
2番目は早期デフレ脱却ですかね。
安全保障の強化はうなずける。

97年の橋本政権で増税してからと言うものデフレ経済まっしぐらで今日に至ります。
なのに震災で痛んでいる経済をさらに傷める増税で賄うとは壊れているとしか言いようが無い。
普通に建設国債(特例公債法とは無関係)で60年償還する事で原価償却すればいい。
日銀の長期国債買取りで金利上昇を抑制する。
そして量的緩和政策でマネタリーベースを増加させる事で民間の資金需要も刺激する。
これやるとどうなるか!
・復興事業が進む。
・円の量が増加するので円安に動く
・増税に頼らないため可処分所得も減らさないから消費は復興に向けて増加する
・建設、資材関係の企業が黒字化する
・雇用が増える
これに対して政権は
TPPで安いモノを輸入するから、さらなる物価下落のデフレを深刻化する。
増税で可処分所得が減らされる国民は消費を控え、将来のために貯蓄を増やす。
企業も国民消費が減るから需要減となり、供給を減らすため、リストラ策を講ずるから失業者が増える。
失業すれば、さらに消費を控え貯蓄に回す。
これでGDPが総合的に下降線を辿る。
GDPは国の税収の原資ですから、当然、税収も減る。
財政健全化などできる訳が無い。
要はデフレ経済を悪化の方向に邁進していく訳ですよ。
欧州の財政悪化と日本の財政悪化を同一視でもして、同じように増税と緊縮財政をやろうとしているとしか思えない。欧州と日本は経済のファンダメンタルが真逆なのに同じ策を講じようとする事自体が間違い。
ま〜、建設国債で復興を賄ってしまうと「増税」する理由を失してしまうからやらないのでしょう。

どこの国の政治家なんでしょうね〜。
[PR]
by thkflyfisher | 2011-12-05 12:59 | Diary | Comments(0)