ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

円高の恩恵感じられない国民

円高恩恵、6割「感じない」=期待8割、落差大きく―消費者庁調査
円高傾向が続く中、恩恵を受けていないと感じている消費者が6割に上ることが12日、消費者庁のアンケート調査で分かった。「価格低下が実感できない」とする人が多く、消費者庁は「事業者は今回の結果を参考にしてほしい」としている。
 調査は10月25~31日に実施。インターネットで回答した全国の18歳以上の男女計589人の意見をまとめた。
 円高進行で一番期待することを尋ねたところ、「輸入工業製品、食品が割安で手に入る」との回答が31.6%でトップ。「原油などの輸入材料が割安になり、国内経済に良い影響がある」が25.6%で続いた。円高への期待を抱く人は、全体の8割を超えた。
 ところが、円高について「大きなメリットを感じたことがある」と答えた人は7.1%。「まあまあメリットを感じたことがある」も32.1%にとどまり、「特にメリットを感じたことはない」の60.8%より大幅に低かった。 


海外旅行に行く余裕がある人や海外と取引してる人しかメリット感じる訳ないよね。
そもそも輸入による価格低下以上に所得低下、雇用低下が起きているんだから。
貿易の収支は輸出が輸入を上回らないと貿易赤字です。
重商主義じゃないけど輸出で収入を得ない事には、いくら輸入で低価格商品が入ってきても消費意欲は上がらない。
商売だってそうでしょ。いくら低価格で資材を仕入れて製品に仕上げて売ろうにも、売上が上がらないのでは利益が出る訳がない。
だから主要な諸外国の政府は通過安を進めるのですから。
少々高くても所得が、それ以上に増えていれば消費意欲が上向く。
今は逆、だから、まさにデフレなのです。
[PR]
by thkflyfisher | 2011-12-13 00:28 | 時事ネタ