ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

次期FX選定

●F35、次期主力戦闘機に…最新ステルス機
防衛省は12日、航空自衛隊のF4戦闘機の後継となる次期主力戦闘機(FX)について、米英豪など9か国が共同開発中の最新鋭戦闘機「F35」(開発主体=米ロッキード・マーチン社)を選定する方針を固めた。
 16日に安全保障会議(議長・野田首相)を開き、正式決定する。2012年度予算案には4機分(概算要求ベースで計551億円)を計上し、将来的には約40機の配備を目指す。
 選定作業を行っている防衛省と空自はF35の性能について、全方位の最新のステルス性に加え、地上レーダーやイージス艦などの情報を統合し、パイロットに伝えるネットワーク力に優れている点を高く評価した。
 国内防衛産業との関連でも、米政府は日本政府に、共同開発国以外では例外的に機体に関する機密情報を開示することを表明済みで、国内企業が関与することができるため、技術基盤の維持に資すると判断した。
(記事ここまで)
日本は軍隊を持たない防衛の国な訳です。
つまり国境を越えて飛んで行き、他国を攻撃してくるタイプの戦闘機は不要ではないか。
しかもF35は当初価格より遥か高額に膨れ上がってしまっているのに。
日本の防衛とは日本に飛来する敵機に対してスクランブルするものでしょう。
どこにステルス性を重視する必要があるのか。
ある方がいいに決まっているのは分かるが、今、その機体なのかと考えるとNOではないでしょうか。
F35は攻撃型爆撃機に見えますから、速度はある程度スポイルされている。
だって爆撃機なんだから重量面で不利なので速度がスポイルされて当然さ。
でもね、日本は速度が重要なのですよ。
敵機にいち早く到達できる機体、かつステルス性があれば申し分ない。
重要なのは速度ですからF35よりF22ラプターですよね。
アメリカで機密保持のため生産中止しましたが、中古でいいのよ。
もしくは、再生産を迫るくらいやらないといけないよ、防衛省さん。
高額なF35より中古のF22ラプター!ってのが私の主張。
じゃなきゃF35のエンジンだけ買って国産F2改に載せて生産再開するのも国内軍需産業のためです。
[PR]
by thkflyfisher | 2011-12-15 13:03 | Diary | Comments(0)