ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

先進国から脱落って?

●日本、先進国から脱落?…経団連の研究機関予測
経団連の研究機関、21世紀政策研究所(森田富治郎所長)は16日、2050年までの日本と世界50か国・地域の長期経済予測を発表した。
 四つのシナリオに基づいて日本経済の成長率や規模を試算したが、少子高齢化の本格化で日本は30年代以降にマイナス成長に転じ、効果的な成長戦略を実施しなければ先進国から脱落しかねないとの見通しを示した。
 同研究所がまとめた「グローバルJAPAN 2050年シミュレーションと総合戦略」で、日本の人口や貯蓄・投資の動向、生産性の変化を予測して試算した。
 日本の生産性が他の先進国並みを維持する「基準シナリオ」では30年代からマイナス成長となり、41年 50年の国内総生産(GDP)成長率は平均マイナス0・47%となる。現在世界3位のGDPは4位と、中国と米国の約6分の1の規模となる。1人あたりGDPは世界18位で韓国(14位)に抜かれる。
 女性の就業率が北欧並みに高まる「労働力改善シナリオ」でも41年 50年のGDP成長率はマイナス0・46%となり、31年 40年は0・17%のマイナス成長になる。

 一方、政府債務の膨張が成長を妨げる「悲観シナリオ」では2010年代にマイナス成長に転じ、41年 50年はマイナス1・32%に落ち込む。GDPの規模は世界9位で、中国、米国の約8分の1に縮む。また、生産性が90年 2010年代と同水準にとどまる「失われた20年が続くシナリオ」では、41年 50年は0・86%のマイナス成長となる。


(記事ここまで)

最後の文ですが、「政府債務の膨張が成長を妨げる」って、政府が積み上げた負債はどこに流れたと想定したシナリオでしょうか。
世の中から消えて無くなったとでも言うのか。
社会保障とか公共事業とか公務員給与、バラマキなどに流れて、結局は企業や個人の資産になったって意味でしょう。
今までもそうです。だから貯蓄などの資産がウン千兆円にまで膨らんだ訳でしょ。
問題は、その資産を投資に向けれないことです。
デフレ下では(物価下落が続くため)投資効率が悪い。このため民間は投資できない。
そうなると投資して経済回す役割を担えるのは政府のみです。

そもそも、この記事の出どこが経団連ってのが怪しい。
だから増税とTPPだと言いたいんだろうな。

ところで先進国から脱落ってさ、世界一の債権国(国際決済銀行統計では加盟国全体の銀行純債権合計の85%が日本が保持する債権)で、世界2位の外貨準備額(これがあるから、IMFへの拠出やODAができる)による諸外国への援助している国が先進国から脱落の予測って、どうすればそうなるんだろ。人口の問題も取り上げているけど、じゃあドイツもロシアも中国も人口構成などに問題を抱えているはず。
日本の場合、デフレによる出生率低下、医療サービス充実による長寿化、政府の経済的需要創出を怠ったことなどによると思う。
貯蓄動向だって投資面だってデフレならではの現状でしょう。
諸外国は経験していない状態な訳ですよ。諸外国ではデフレは国民経済に最悪の影響を及ぼすと認識されているからね。
安易なグローバリズムは底辺への挑戦であり、デフレ下で増税、供給を高めるTPPは今やるべき時期ではないと思います。
記事には増税やTPPには触れていませんが、経団連会長の発言を見れば誰でもわかる。

こんな記事に騙されてはいけない。
目指すべきはデフレ脱却による経済の浮揚!
そうすれば軽いインフレが発生してくるからデフレ脱却となる、その後に増税でもTPPでもやればいい。
[PR]
by thkflyfisher | 2012-04-17 07:21 | 時事ネタ | Comments(0)