ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

発電でもバラマキやるのか?

●大規模太陽光、1キロワット時あたり42円 再生可能エネ買い取り価格
経済産業省は25日、再生可能エネルギーによる電力の固定価格買い取り制度が導入される7月に向け、買い取り条件を有識者で検討する「調達価格等算定委員会」を開き、メガソーラーなど大規模太陽光発電の買い取り価格(税込み)を1キロワット時あたり42円とする委員長案をまとめた。
さらに大規模なメガソーラーの場合、この価格を20年間保証するという。国の補助金制度を合わせると実質48円/kWhにもなる。メガソーラー事業への進出に意欲を見せていたソフトバンクの孫正義氏らのいい値がほぼ通ったことになる。


(記事ここまで)
他の発電単価と比較すると、石炭火力や原子力などの発電単価は5〜6円/kWh程度
今回の記事からだと、補助金も合わせると48円/kWhなのだから約10倍の単価になっているようですね。
太陽光発電と石炭火力や原子力との大きな違いは石炭火力や原子力は発電量の予測と言うか制御ができるんです。
コントロールできるから効率良く利用することが可能でしょう。
しかし太陽光は予測ができない。
使い切れないほど発電して売る事が可能なわけですが、この買取義務は電力会社にある。
使い切れないほどの電気でも買い取らなければいけないとなると、費用は電気料金として国民が負担する事になります。
ついでに補助金も出ると言う事はバラマキをやると言う事でもある。
この金は、元を辿れば国民からの税金でしょ。
結局、負担するのは国民です。
効率良く利用できていた火力、原子力への負担に対して、効率良く使えるかわからない太陽光への負担が問題ですよね。

この買取額は欧州の例なども加味したそうですが、ドイツなどは25円〜30円/kWh程度の買取価格だそうです。
それからみると遥かに高額としか見えません。
ドイツも当初、補助金が出ていたそうですが、補助が終了した途端、ソーラー企業は破綻した。
今、ソーラー企業で世界シェアが高いのは中国企業です。
コスト安いから諸外国は太刀打ちできません。
日本が本腰入れてメガソーラーへの投資を始めてもメリットは中国企業と中国の雇用って話です。
国内企業から買えと言えないのだから、そうなる。(WTO違反になるからね)

国民は毎日毎日、太陽光発電業者と中国企業の雇用確保にお金を渡し続けるようなもんです。
しかも20年にも渡ってです。
確かにエネルギー政策の転換期に差し掛かったのかもしれませんが、なぜ太陽光のみに高額買取制度を設けるのかわかりません。
太陽光発電を推進したいがための補助金なのでしょうが、仕組みや制度、国内経済効果のバランスが他のエネルギー政策と比較して良いものなのでしょうか。
血税を使ってバラマキ補助金を支出し、そのバラまいた金は国内に全額使われず中国などに流れる。
また現政権はバラマキを増やしただけではないでしょうか。
最近、アメリカのシェールガスが盛り上がってますよね。
あれで利益を得ているのはシェール層の上に土地を持っていた人とアメリカ企業です。
国益に適ってますよね。
日本はメタンハイドレートが間もなく商用路線に乗るまでに来ていますが、調査段階から予算が低すぎでした。
今回の太陽光は、菅元首相と民間1企業に踊らされたようにしか見えません。
今でも忘れません。
「俺の顔を見たくなければ、この法案を通せ!イエーイ」と菅元首相がはしゃいだ映像、その横には孫正義氏が満面の笑みで居ましたね。
また、本日、小沢一郎が無罪判決となり、東京都知事の尖閣購入、大阪維新の会の知事、民主党は追い詰められています。
追い詰めたのが自民党じゃない点が不甲斐ない限りです。
さー、政局です!
今だくすぶる消費増税、TPP問題も含めて要注視です。ハイ
[PR]
by thkflyfisher | 2012-04-27 00:41 | 時事ネタ | Comments(0)