ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

ワシントンでの日銀総裁発言

●ワシントンでの白川発言
白川総裁は4月21日、ワシントンで、「膨大な通貨供給の帰結は、歴史の教えにしたがえば制御不能なインフレです」と言ったあと、日本のデフレについて「人々は将来の財政状況への不安から支出を抑制し、そのことが低成長と緩やかなデフレの一因になっている」と言ってのけた。大々的な量的緩和(QE)政策の本家である米連邦準備制度理事会(FRB)のお膝元での、このトンデモ発言を受け、バーナンキFRB議長は、26日の記者会見で「われわれは日本のようなデフレに陥るのを回避した」といった。その言葉は、金融政策こそがデフレを退治するとの自信に満ちていた。

(記事抜粋ここまで)
①「膨大な通貨供給の帰結は、歴史の教えにしたがえば制御不能なインフレです」
どうやら歴史を歪曲しているように思えます。
歴史の教えでは、通貨供給によりデフレを退治できた。
それも世界恐慌から世界に先駆けて日本がいち早く脱した。
これは日銀引き受けによる資金調達でしたよね。
その後、インフレにより引き締めを行おうとした。
これはインフレ抑止として当然の政策ですね。
ところが当時の軍部が反乱を起こし、この引き締め政策を実行しようとした政府要人を暗殺しました。
これ226事件です。
この時代は戦争がありましたから仕方が無い時代でした。
でも今は違う。
現在のデフレ下で制御不能なまでのインフレにするには、相当な額の通貨供給が必要になりますよね。
そもそもマイナスであるデフレなのだから。
なのに制御不能なインフレになると説くとはね。

②「人々は将来の財政状況への不安から支出を抑制し、そのことが低成長と緩やかなデフレの一因になっている」
こりゃ逆でしょ。
デフレによる所得が減り続け、各種控除廃止による実質的な増税効果と絡んで、使える所得(可処分所得)が激減しているから支出を抑制し、結果として税収減で政府財政が悪化しているのでしょ。
だって普通に自分の生活を考えればわかるでしょ。
政府の借金が多いから買い物を控えますか?
違うよね、所得が減ってるし、今後の雇用状況に不安を感じるからではないでしょうか。
インフレになるとは、需要に対して供給が追いつかない状況となりますから、需要があると言う事は消費(買い物など)する意欲が高まることを指していますよ。
よくもまあ、逆の事をソレらしく発言する人ですよね。
日銀総裁は!

③バーナンキFRB議長の発言「われわれは日本のようなデフレに陥るのを回避した」
まさに正解です。日本はデフレ脱却できていないが、FRBは回避した結果があるから正解でしょう。
アメリカはリーマンショック以降、量的緩和で金の量を3倍に増やしました。
制御不能なインフレになりましたか?白川さん?
先進国の大半はマネタリベースを増加させました。
増やした量が低い国でも1.8倍くらいは増やしてます。
日本は1.2倍です。
世界の通貨量のバランスとして少ないのは円ですから円高になって当然ですよね。
アメリカは量的緩和でデフレを回避しました。
日本はデフレを放置しました。
世界標準ではデフレは最悪の状況であると認識されているのにね。


以上

しかし、量的緩和政策で成功したアメリカのFRBのお膝元であるワシントンで、よくこのような発言ができたものだと感心しました。
逆の意味でですよ。もちろん。
日銀総裁とFRB議長(アメリカの日銀みたいな組織のトップね)は同じ師に学んだが、ライバル関係にある。
白川総裁は、ほとんど意地を張っているだけに見えますよ。
そんな人に日銀総裁を任せておいていい訳がありません。交代させたいよね。
ところが、日銀総裁を罷免できる仕組みが存在しないんですよね、日本はね。
だって物価や金利を調整する役割の日銀がデフレを容認しているんですよ。
本日のニュースではマネタリベースを減らしたとの記事もありました。
増やすと宣言した事で円安、株高に向かったのに引き締めちゃうような総裁は、嘘つきとしか言えません。
故に、日銀法改正が必要でしょ。
金融緩和政策と政府の財政出動が、今の日本に必要なはず。
金だけ増やしても使う先が無ければ投機に回り悪影響を及ぼします。
そこで政府の出番です。震災復興、耐震化、高度経済成長期に建設し、耐用年数経過したインフラ整備への財政出動で使うようにして経済のひと漕ぎを踏み出すべき。
供給能力があるうちに踏み出さなければいけません。
デフレと増税、緊縮財政で供給能力が海外へ逃避してしまってからでは手遅れです。

最終結論です。
日銀法改正して罷免する仕組みと経済目標の明確化と現政権は交代して頂きましょう。
日本企業、日本人は勤勉です。働きますよ。
物価目標値が明確になれば、そこまでは政府日銀が資金供給すると分かれば民間企業も投資を始めます。
雇用が生まれ、所得が得られ、所得が上がり、国民経済は上向き、失業給付が激減(雇用が始まるから)するので政府支出が軽減されるので財政健全化に向かう。
当然、赤字企業は黒字化を始めるので法人税収が上がり、国民所得が上がるので所得税収も上がる。
所得が上がれば安心して子供を産み、育てます。
年金を納めれなかった人も収めることができます。
高齢者への年金財源が増えます。
インフレ加速が止まらないような状況が予測できたら緊縮財政と増税にまっしぐらで良い。
金融引き締めや増税などやるならゆっくりとね。
じゃないとバブル崩壊のように引き締めや規制など一気にやったがために急激な変化で崩れるのはごめんです。
[PR]
by thkflyfisher | 2012-05-08 23:27 | 時事ネタ | Comments(0)