ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

●国土強靱化「絶対認めぬ」=前原氏

●国土強靱化「絶対認めぬ」=前原氏
民主党の前原誠司政調会長は25日、都内で講演し、自民党が次期衆院選の看板政策に掲げる200兆円規模の「国土強靱(きょうじん)化」について「昔の政治に逆戻りするのかという感じがする。公共事業をまたばらまく先祖返りだけは、絶対に認めてはいけない」と厳しく批判した。 
 前原氏は「大事なことは安定的な社会保障をしっかり提供できるようにすることだ」と指摘。「経済成長につながる分野に予算を集中投下し、民の力を引き出すことが何より重要だ」と強調した。

(記事ここまで)
「昔の政治」「ばらまく先祖返り」ってさ、政治に流行りとか新しいとか古いってあるのでしょうか。
挙句の果てに「経済成長につながる分野に予算を集中投下し、民の力を引き出すことが何より重要だ」ってさ。
前半に成長につながる分野ってどこ?
見つけるのに何年かかる?
後半の「民の力」ってのはわかる。
しかし、その「民」の力を発揮できるようにするための事業をやるのが公共事業でしょ。
震災、洪水などの自然災害で壊れたインフラ、露呈した弱さを見て、かつ、欧州などの気候と日本の気候、地震の集中箇所など加味しても今は公共事業ではないのか。
公共事業で作られたインフラを活用するから民間が活動しやすくなる。
民間は利益が得られなければ投資しないのでしょ。
道路や橋梁なんてフルオーダーメイドなんだから民間が効率を上げようと部品の共通化とか図ることなんてできない。
そこは政府じゃないの。
モノは作っても流通するための道路、港湾、通信などのインフラ整備は部分的にしか民間は参加できない。
そもそも「昔の政治」=「公共事業ばらまき」の発想が間違いじゃない。
「ばらまき」とは何を定義しているのでしょう。
効果、効用がないのに金を移転させることだと思うんだけどね。
効果とは金を使わせ、経済を回す事ですよ。
単に国民の口座に金を移して貯蓄に回させるのがバラマキと定義できる。
だとすると今やろうとしている公共事業(防災、減災、強化、補強)はバラマキではない。
そこには建設会社が関わり、作業員として雇用が発生し、資材購入として資材企業、生産者が潤う。
所得を得た人たちは消費行動に出ます。
仙台の国分町での活気報道見ましたよね。
いろんな人が集まり消費していく。
これは震災復興の影響ですから、立派に経済効果を発揮していますね。
これを国分町だけにとどまらせずに震災の影響を受けた東北に広げ、自然災害を受けた九州地方に広げ、首都直下型が騒がれる関東東海地方にも広げる。
200兆円が妥当かどうかは、これからの議論でしょ。
これを「絶対にみとめてはいけない」とは何てこった。
じゃあ八ッ場ダム建設の再開や公務員宿舎建設の再開などは何なんだろうか。
公共事業=「悪」と思ってる節がある。
その結果が建設国債が増えずに赤字国債が増加している原因でしょ。
建設国債の償還は60年ですよ。
長期に渡って利用するモノを作るのだから長期に渡って返済するから毎年の負担が小さくなる訳でしょ。
でも赤字国債は違うよね。
建設国債より償還期限は短いし、発行するには国会で特例公債法を通さなければいけない。
(まさに今、国会で特例公債法やってますよね。)
建設国債は無いんだよ。しかも年々増える赤字国債に対して建設国債は減っている。
顕著なのが民主党政権になってからです。
どんだけ日本の国土環境を無視し続けるのでしょう。
必要なのは次のステップへ成長するための社会基盤作りでしょうね。
だって「利益を得られる可能性が低い」と言うリスクが高く、オーダーメイドの基盤整備事業に民間は動けないのだから、ここは政府しかできないのに、それすら否定するとはね。
基盤整備ができたら民間の出番ですよ。民間が活用しやすい基盤整備を実施しないといけない。
地震で簡単に破壊されるインフラ、個人資産を簡単に奪う津波、豪雨などで洪水が発生する国土に住んでいるんです。
危ういインフラでは突如として経済活動が寸断される。
公共事業=「悪」を見直す時期に来ていると思うんだがね。

最後に
「昔の政治に逆戻りするのかという感じがする。公共事業をまたばらまく先祖返りだけは、絶対に認めてはいけない」
と悪い印象操作は単に政局でだけ使ってくれ。
本当に現在の日本に不必要だと言うなら理由と具体的な代替案を示すべきでしょうね。
否定だけして、夢物語のような抽象的なイメージの方針だけを発言するなど意味が無い。
増税を決めた政権なんだから景気対策も早く提示して欲しいよね。
このままじゃ沈む日本に邁進するだけです。
だから現政権にはお引取り願いたい。
[PR]
by thkflyfisher | 2012-07-31 23:56 | 時事ネタ | Comments(0)