ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

安倍晋三 出馬表明

「日本再起。」安倍晋三元総理 総裁選出馬表明記者会見

皆様、安倍晋三です。私は自由民主党総裁選挙に、立候補いたします。
 まず初めにこの3年間、野党のリーダーとして大変困難な状況の中で、ご苦労をされました谷垣禎一総裁に心から敬意を表したいと思います。
 私は6年前、皆様からご期待を頂き総理に就任をいたしました。病気のためとはいえ、突然総理の職を辞する結果となりました。国民の皆様、党員の皆様に心からお詫びを申し上げます。私はこの5年間その責任をどう取るべきか、ずっと考えてまいりました。昨年発災した東日本大震災は今を生きる私たちにとって、忘れえぬ出来事でありました。今でも34万人の方々が仮設住宅などで、不自由な生活を余儀なくされています。
 今こそ、政治のリーダーシップで、オールジャパンで、全ての力を結集して復興に力強く、取り組んでいかなければならない。まったなしであります。この震災はつらい経験ではありましたが、私たちにとって守るべき価値とは何か、大切なことは何か、大切な価値とは何かを学ぶことができました。それは大切な家族を守ることであり、いとおしい故郷を守ることであり、私たちにとってかけがいのない、この国祖国日本を守ることであります。
 現在、私たちの美しい海や領土が侵されようと、脅かされようとしています。また、長引くデフレ・円高によって経済は低迷し、若い人たちは未来に夢や希望が見いだせないでいます。今この日本の危機にあたり、全身を投げ打って立ち向かえとの同志の声に応えていく決断をいたしました。
 まずは、日本の領土・領海を何よりも日本人の命は断固として守る。このことを宣言したいと思います。そのためにも戦後体制の鎖を断ち切り、憲法改正に取り組まなければなりません。そのための橋となる国民投票法は安倍政権で成立させました。今こそこの橋を渡って、私たちの手で憲法を作るときを迎えています。待ったなしであります。まずは、改正条項である96条(日本国憲法の改正の手続き)の改正に取り組みたいと思います。国民の半分以上が憲法を変えたいと思っても、たった3分の1をちょっと超えた国会議員が反対をすれば、国民はその意思すら表明できない。これはおかしい。国民の手に憲法を取り戻すことから始めなければなりません。
 次に社会保障、そして経済についてお話をさせて頂きたいと思います。私たちは年金、医療、介護、伸びていく社会保障の給付に対応するため、大切なセーフティーネットを安定的なものにするため、3党合意を行い税と社会保障の一体改革を進めていくことになりました。この中身を進めていくことは当然のことであります。同時に強い社会保障制度とは、民主党が言っているようにできもしない給付を約束することではありません。その給付を確実なものにする強い経済を手に入れることこそ、強い社会保障制度につながっていきます。
 消費税を引き上げていく前に、デフレから脱却をして経済を力強い成長軌道に乗せていく必要があります。政府と日本銀行が政策協調を行い、大胆な金融緩和など、政府日本銀行一体となってデフレ脱却のために政策を総動員していく必要があります。2〜3%の緩やかな安定的なインフレを達成する必要があります。
 まあ、しかし中々、今の段階で企業の投資は起こらない、消費も出てこない中においては、子供たちの命を守る安全を守るための公共投資、地域にとって成長の糧となる、未来への投資となる公共投資は行っていくべきであろうと、こう思います。その上において、経済を力強く成長させていかなければなりません。自民党が政権を取ったら直ちに、日本経済再生本部を設立し、英知を結集し、成長戦略を新しい成長戦略をつくり実行してまいります。
 成長のカギはイノベーションです。新しい技術、新しいビジネスアイディア、創造的な取り組みであります。このイノベーションに国家資金を戦略的に投入していかなければなりません。そして、世界から投資が入ってくる。人材が入ってくる。あるいは女性や、お年寄りや、若者や、障害者にとってハードルのないオープンな経済や、社会をつくっていくことが求められています。
 安倍政権当時、名目GDPは530兆円でした。税収は51兆円、株価は1万8千円を超えました。21世紀に入って最も高い水準でありました。その結果、プライマリーバランスは6兆円まで改善をいたしました。つまり、成長によって財政再建に向かって進んでいく。成長は財政の健全化に資するということであります。そもそも、成長をして行こうという精神を失った国には未来はない、こう思うわけであります。
 私は政権を担い、総理として様々なことを学びました。この経験を国民のために生かし、国難に立ち向かっていきたいと思います。
 今日本はたそがれを迎えているという人がいます。そんなことはありません。日本には可能性が満ち溢れているのです。今、私たちが何をするかにかかっています。私たちのリーダーシップにおいて日本は間違いなく輝ける新しい朝を迎える、これが私の確信であります。どうもご清聴ありがとうございました。


(記事ここまで)
ポイントはこのくらいある。

「政府と日本銀行が政策協調」
「2〜3%の緩やかな安定的なインフレ」
「今の段階で企業の投資は起こらない、消費も出てこない中においては、子供たちの命を守る安全を守るための公共投資、地域にとって成長の糧となる、未来への投資となる公共投資」
「安倍政権当時、名目GDPは530兆円でした。税収は51兆円、株価は1万8千円を超えました。21世紀に入って最も高い水準でありました。その結果、プライマリーバランスは6兆円まで改善をいたしました。つまり、成長によって財政再建に向かって進んでいく。成長は財政の健全化に資するということであります」

あと河野談話に関しても誤解を受ける談話を破棄して新たな談話を出す必要があるとも発言してました。

今の日本において、これだけ的確に問題を指摘し、対策も簡潔に述べられた候補者は他に居ませんでした。
報道ステーションで各候補者の政策を一覧化して比較できるように放送されています。
それと今回の出馬記者会見での発言を見る限り、安倍元総理しかいないと私は思います。
他の人も民主党代表戦の候補者を見ても、必ず「なんだかな〜」って部分やあやふやに濁す発言が目立つ。
的確に日本の問題と対策を簡潔に発言した人は居ませんでしたね。

政府と日銀の政策協調、これは円高と株価への対策ですよね。
量的緩和策も視野に入れた協調の重要性です。
片手落ちでは効果はゼロに近いものでしょう。
量的緩和で供給する資金を将来世代への公共投資や地域企業が成長する糧になる投資に流す事を考えておられるんだと思います。
市場に資金を供給しても使うアテがない場合、ダブついた資金は投機に回るのが世の常です。
経済が活性化せずに物価だけが上がるスタグフレーションに陥る。
しかし、震災復興や耐震化など公共事業に流せは失業している被災地の人も復活してくるでしょう。
首都直下型や東海の今後、起こるであろう震災に備えるのは当然です。
だいたいさ、台風や豪雨や地震もなく穏やかな流れの川や山がちでない地形のフランスと同 じレベルの公共事業費っておかしいでしょ。
どのような自然環境に住んでいるんですかって話だ!
それと2〜3%の緩やかなインフレも必要です。
デフレ下では民間企業は投資できませんが、インフレ気味になれば投資効果も上がるので投資が始まるでしょう。
必要なところに資金が回ればバブルは起きない。
余りだすと危険ですね。
また、安倍政権時代にGDPの名目成長が財政再建に貢献する事も証明されていました。
なのに現政権は増税で再建しようとする愚策ばっかりでした。
プライマリバランスを改善したのは小泉政権、安倍政権あたりが有名ですが、両名とも増税はしていませんよね。
名目成長させてから増税しないと増税の効果が得られない事を理解している首相がいいね。
なにも一生、増税はダメだなんて思っていないのだから。
やる時とやる環境が大事でしょう。
外交手腕に関しても北朝鮮との拉致を認めさせた功績を含め安倍政権の功績をガサッと言えば

たった就任3ヶ月で、教育改革と防衛省昇格
企業側に非正社員の社会保険と厚生年金の適用を認めさせた
福祉と子育て手当てとフリーター自立支援を予算に設けつつ、国債を減らして財源建て直し
北朝鮮制裁を強化して朝鮮総連をガサ入れ、パチンコ屋を税務調査の波状攻撃で締め上げ
貸金規正法を改正してグレーゾーン完全廃止で悪徳サラ金業者を締め出した
「女系天皇容認」を白紙に戻した
日本海を平和の海に改名しようと提案した当時の韓国大統領の要求を拒否
人権擁護法案を凍結し外国人参政権から日本国民の言論と表現の自由を守った
教育の疑問点だった「ゆとり教育」の見直しを明記した
中国への武器輸出禁止解除反対をEUに働きかけた
在日や凶悪犯罪を取り締まる共謀罪成立に全力をあげた
慰安婦像撤去活動にも尽力した

人によって良し悪しの判断は異なるでしょうが、就任期間のたった1年でやったんですよ。
最近の近隣諸国の動きから考えても安倍元首相しかいないでしょ。
ハイ
[PR]
by thkflyfisher | 2012-09-13 13:03 | 時事ネタ | Comments(0)