ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

「熊にビビる おじさんフライフィッシャー」

「熊にビビる おじさんフライフィッシャー」
9/22の8:00に釣友と待ち合わせ。
気温は低めで若干寒い感じでのスタートとなった。
今回の釣行は源流部、及び、中規模渓流(里川含む)の予定である。
タックルは6'6''#3のショートロッドを源流部用として、8'0''#4を中規模渓流と里川用に準備した。
今回は本流用の#5-#6ロッドは自宅待機です。
中小規模の渓流とは言え、40cm超も居るため、フライは18番のドライ〜6番のマドラミノーまで幅広く持って行く。

三陸側から岩手に入る。
もちろん気仙川沿いを走ります。
上流方面に向かうと流れの緩い場所では驚く程のライズが見られます。
かなり上流部に差し掛かったところで休憩、川に架かる木製の橋、橋と言っても人ひとりで渡るのがやっとです。
その場で上流側、下流側をしばし眺めていると魚影は沢山見られる。
下流側ではダポンっと大型のライズも見られる。
しかし、渇水気味だから釣るのは厳しい状況ですね。
さらに上流になる源流部まで走ってみたが、渇水が酷く断念した。
ここから峠を越えて遠野に入る。
渇水の状況を見るために下見をする。
早瀬川、小烏瀬川下流から中流、琴畑川、小烏瀬川上流、猿ヶ石川上流を見たが、平年よりは少な目であるが大丈夫そうだった。
そのまま実家に行き、荷物を置く。
母親が「今年は、熊が多いから気をつけろ」と言う。
毎年、帰省するが、毎年同じ事を言われる。
なので百も承知ですよ、母上。
お茶と漬物を食べて友人のショップへ行くことにした。
これ以上、熊談義で脅されては連れがビビッてしまうと思った訳よ。
そんで友人のショップに行くと、飾ってある魚の写真を指さし、「このデカイ魚を釣った人なんだけどさ」と何やらワケアリのような話出しで始まった。
概要を言うとだ、釣った人はいつもデカイのを釣ってくるらしいのだが、それは普通の人は分け入らない場所に行くからなのだそうだ。
具体的に場所も聞いたが、私はとてもじゃないけど「行きませんっ」と言うような場所でした。
ある日、その人(Aさんとしよう)は釣りをしていて熊に背中をガリっとやられて大怪我をしました。
ところが完治すると「な〜に、熊に遭う確立なんて宝くじみたいなもんさ」なんて言っていたそうです。
そして今年、とうとう行ってはいけない場所に踏み込んだようです。
釣りをしていたら対岸に小熊が居たんだと。
その小熊を追いかけるように母熊が視界に入ってきたらしいのだが、さすがにヤバイと思って後ずさりで非難しようとしたようです。
ところが静かに歩いていた母熊が、人の気配に気づき「ギロッ」っとAさんの方を見たそうです。
その途端、猛ダッシュで襲い掛かってきたらしく、顔に一撃を食らわされ・・・
目玉が吹っ飛び、顔の肉をエグられたそうです。
ヘリで医大に搬送され一命は取り留めたようですが、失明は逃れられません。
無いのだから。
また、この話をしているショップの友人の表現がリアルなことと言ったらない。
正直、「ギロッ」って私を見た時、ドキッとしてしまいました。

肝心の釣り情報ですが、源流部でもプールがあれば大型マドラーミノーにガバッとくるらしい。
なので源流のフライセレクトは小さいかデカいかの両極端がお勧めとのアドバイスを貰った。

ところが

翌日の釣りは朝4時起きで行きましたが、案の定、ビビリすぎ。
前日の土曜日に結構釣り人が入っていた事も影響してか、釣果は集中できずにいまひとつ。(笑)
釣れなかった訳ではありませんが、集中していないから何回逃げられたことか。

とにかくビビリ過ぎの一言でした。ハハハ



もちろん通常の熊対策はやりましたよ。
・到着したら車のクラクション鳴らす。
・釣り支度中は車の窓を開けて音楽をガンガン鳴らす。
・タバコの煙を流す。
・熊鈴も響きが良いものに交換して藪を歩く場合は鳴らし、川が近づいたら鳴らないようにする。
[PR]
by thkflyfisher | 2012-09-25 21:03 | 釣り日誌編