ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

●物価1%上昇、14年度達成は困難 日銀総裁

●物価1%上昇、14年度達成は困難 日銀総裁が見通し
日本銀行の白川方明(まさあき)総裁は5日の記者会見で、デフレ脱却に向けて、日銀が目標に掲げる「1%の物価上昇」の早期達成は難しいとの見方を示した。これまでは、消費増税が予定されている2014年度にも達成できるとしていたが、欧州危機などで国内景気は足踏みしており、目標の実現は厳しい状況だ。

 日銀は、この日の金融政策決定会合で、金融政策の「現状維持」を決めた。その後の記者会見で、白川総裁は「9月に景気シナリオを明確に下方修正し、物価も(今後)下方修正することになる」と述べ、「14年度を含めた遠くない時期に1%に達する」としていた従来の見通しを修正した。

 日銀は30日の決定会合で12〜14年度の経済見通しを示す。7月時点では12年度の物価上昇率は0.2%、13年度は0.7%としていたが、これらを下方修正するのに加え、14年度の物価見通しも消費税の増税分を除けば0%台の上昇にとどまる可能性が強まった。


(記事ここまで)
今年の2/14の事を覚えていますか?
そう、日銀のサプライズ発言があった日ですね。
その直後から株価上昇が始まり、本気度が低い事がバレると下がり始めましたよね。
一時は日銀がインフレターゲット政策に転換したと報道されましたよね。
1%の物価上昇が消費増税が始まる2014年度内にも達成できると見込んでいたようですが、増税すれば1%は物価上昇するんじゃないのかな。
その年くらいはね。
だって増税されれば同じモノを買っても支払う金額が増加(増税だから)するでしょ。
物価も上昇して当たり前です。
だから単なる物価上昇1%じゃなくて2〜3%程度の軽いインフレを目指すのが筋ですよ。
こんなんだから1%じゃあ低いと批判される訳でしょ。
なのに金融政策は現状維持だってよ!
現状維持とは今の状況のまま放置する事じゃん。
しかも「14年度の物価見通しも消費税の増税分を除けば0%台の上昇にとどまる」と言っている。
わかっているのに現状維持する意味がわからない。

自民党の安倍総裁が現在の白川日銀総裁の任期切れに伴う再選に否定的な理由は当たり前ですよね。
今まで見過ごして、かつ、擁護してきた民主党がおかしいんだよ。

話はかわりますが、3兆もの貿易赤字だあそうです。
そりゃあそうですよね。
脱原発で火力の燃料費が輸入に頼っているのだから。
その資源も高騰すれば輸入額が増加しますよ。
なのに輸出額が欧州危機やら中国の景気減速により増えないのだから貿易赤字が増えて当たり前。
大手各紙は中国の影響と欧州の影響としか書かれてないが、脱原発の影響は大きいはずですよ。
これは脱原発を推進する人達が望んだ結果なのでしょうか。
[PR]
by thkflyfisher | 2012-10-30 00:52 | 時事ネタ | Comments(0)