ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

やる前から弊害を気にしすぎて何もできなくて20年のデフレが続いたのでは?

●<日銀>物価目標の導入検討 弊害を指摘する声も
日銀が導入の検討に入った物価目標は、自民党の安倍晋三総裁の持論で、政権公約にも盛り込まれている。しかし、金融の専門家からはその弊害を指摘する声も多い。
自民党は2%の物価上昇と日銀の一段の金融緩和によって、円相場を1ドル=90円程度まで押し下げ、企業の業績回復や株価上昇をテコに景気を上向かせるシナリオを描く。政権発足後には大型経済対策を実施し、公共事業を増やすことを通じてデフレ脱却を目指す考えだ。
 これまでも、一部の経済学者の間で「日銀に明確な物価目標を求めるべきだ」との声はあった。日銀が物価上昇を約束すれば、企業や家計が「将来、物価が上がるなら、お金を早く使った方がいい」と考えるようになり、設備投資や住宅購入を前倒しして経済活動が活発化し、企業業績の改善で賃金が上がる−−という好循環が生まれるとみるためだ。
 ただ、物価上昇だけを目指すのは危うさもつきまとう。中国や韓国の企業との価格競争が激化する中、日本企業が人件費を抑制する傾向は続いている。日銀がお金を潤沢に供給して実際に物価が上がっても、賃金が上がる保証はない。
 家電品などの価格が下落する中、日銀が物価全体を2%上げようとすると、「食料品など生活必需品が2ケタの勢いで上昇しないと目標達成できない」(クレディ・スイス証券の白川浩道氏)。その分、家計は苦しくなる。家電や自動車の購入は後回しになり、企業業績が悪化して賃金上昇どころかリストラが強まるリスクもある。第一生命経済研究所の熊野英生氏は「賃金と物価が一緒に上がっていく政策を作る必要がある」と指摘する。
 一方、自民党と公明党は大型補正予算で新規国債発行額「44兆円以下」を凍結する方向。日銀の白川方明総裁は「財政の肩代わりは決してしない」と強調したが、政府が財政再建目標を明確にしないまま日銀への圧力を強め、国債購入を野放図に増加させれば、日本の財政への不信感が強まり、狙った効果が出る前に国債が急落(金利は急騰)する恐れもある。そうなれば、住宅ローン金利や企業の借入金利も上がり、かえって景気を悪化させかねない。【清水憲司】

 ◇物価目標(インフレターゲット)

 一定の物価上昇率の達成を明確な目標に位置付けて金融政策運営を行うこと。先進国では英国、オーストラリア、ニュージーランドなどの中央銀行が導入している。日銀は今年2月、消費者物価の上昇率について「2%以下のプラス領域」を「物価安定のめど」としたうえで、「当面は1%」を目指す方針を決めた。しかし、機械的に物価上昇を目指す「物価目標」とは異なるというのが従来の日銀の説明だ。



(記事ここまで)
最近、日銀も安倍総裁の意向に合わせる動きですね。
ついこの前の衆院選までは「衆院選の争点に金融政策が浮上していることについて積極的な緩和は既にやっている。日銀の強力な金融緩和策を反映して金融環境は緩和した状態にある」と言っていたのにね。
ちなみに、まだ安倍総理が誕生した訳ではないのに。
急にエコノミストとか評論家と呼ばれる人も安倍総裁の緩和が正しいと声を揃え出しました。
次期、日銀総裁候補であるアノ、竹中平蔵氏も評価してました。
ま〜竹中氏は、もともと路線は同じ方向でしたから当然と言えば当然でしたね。
小泉政権で安倍総裁も一緒にやってましたから。
ただ、竹中氏の改革路線には賛成できないんですよね。
必要ない緩和までもしなければいけない(本意じゃなくても)方向って国の形を変える。
今回の衆院選は良い例です。
なぜ自民党に票が集まったかです。
勝手な想像ですが、地球皆お友達的な左よりの共産党、社民党、未来の党も似た感じ。
対して規制緩和路線の新古典派経済学に染まってる維新の会、みんなの党がある。
(デフレ下でも供給を上げれば引きずられて需要が上がると勘違いしている感じだが、負け組は自己責任とも感じる)
そして民主党は寄せ集めなのでどちらにも加担している。
これらに対して安倍総裁は「日本と取り戻す」と言った。
これは国民目線で見れば、良かった時代の日本を取り戻したい一心ではないでしょうかね。
国民経済が国民中心で成長していた時代に回帰したいとね。
安倍総裁の「日本を取り戻す」にはそのような意味もあるように思えます。
格差を生まず、国民の利益にならない競争社会や規制緩和には批判的であり、利益になる規制緩和には積極的である。
「戦後レジームからの脱却」も自虐史観を脱して普通の独立国家としての日本を取り戻したいと願った結果だと勝手ではあるが、そう理解したい。

話は変わるが、自国内にある神社(靖国神社ね)に国家元首が参拝できないなんて他の国にありますか?
無いよ。
参拝に反対する国は単なる日本への内政干渉です。
国内である以上、自由なはずです。
[PR]
by thkflyfisher | 2012-12-23 19:05 | 時事ネタ | Comments(0)