ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

国債のリスクって誰が持っているかより自国通貨建てかでは?

●国債、高まるリスク 外国人の保有割合が急伸
 日本銀行と外国人投資家が持つ日本国債の量が、今年9月末でそれぞれ過去最高になった。日銀の保有残高は初めて100兆円を突破。国の借金を日銀が支える構図が強まる一方、「逃げ足」の速い外国人のお金も流入。ひとたび財政不安になれば、国債が一斉に売られるリスクが徐々に高まっている。
 日銀が21日に発表した資金循環統計(7~9月)によると、日銀の9月末時点の国債の保有残高は104兆9250億円。前年比で22.0%伸びた。国債発行残高(約948兆円)に占める割合も11.1%で過去最高だった。
 日銀の保有割合が伸びたのは、金融緩和のために銀行から国債を買い入れて市場にお金を流しているためだ。2000年代半ばにかけては、世界的に景気がよかったため、国債の購入が減っていたが、08年秋のリーマン・ショック後、また増えてきた。


(記事ここまで)
なんでしょね。何が問題なのかわからない記事です。
意味がわからない人には危機感だけを与える効果がある記事ですかね。
外国人が一斉に売り浴びせたら何が悪いのか書いていないよ。
書けないのでしょうね。だって売られた国債は日本国内の金融機関などが欲しがっているモノですから、即、買いに走るでしょうから問題にならなくなってしまう。
「世界的に景気がよかったため、国債の購入が減っていた」って自分でも書いているじゃん。
つまり、今は不景気な訳ですから買い増している状況です。
だって日本の銀行にしてみれば、国民から預金されても企業融資に回らない(需要が無いから)でしょ、だけど金利は支払う必要があるのですから金利分だけでも稼がないといけない。
その対象が国債になっているのがデフレ日本の状況でしょ。
何?外国人が円建て国債を売って得られる円を持って海外に逃げるとでも言うのですか。
円は日本国内で使える通貨である以上、金融機関で円からドルなどの外貨に交換してから持ち出すものです。
つまり交換した円は金融機関に残るのだから日本国債を買いに走るだけです。
それとも日本国債を売って得た紙幣(円)を燃やしてしまうことを心配しているとか?(笑)
重要なのは日本の国債は全て円建てである事です。
ドル建てだったりしたら心配も理解できます。
だって償還時に日本の手持ちドルが不足していたら支払えないので債務不履行となりますからね。
でも100%円建てなのよ、日本の国債はね。
もし国債の買い手がいない状況って、金融機関が国債を買う必要がないほど企業融資へ流れているって事じゃん。
つまり民間の投資が始まっているって事なので景気が回復している状況です。
そんな状況になったら公共事業も維持程度で済むでしょうし、税収も増えるでしょうから国債残高を減らすチャンスになる訳ですね。
民間需要がある中で政府が国債などで吸い上げようものならクラウディングアウトでしょ。
この現象もデフレ下では発生しないね。だって民間需要があるんだからデフレになっていないと想定できる。
世の中の借金とは景気が良い時は民間が負い(設備投資など)、不景気になると政府が負うものですよ。
これを踏まえて20年間デフレを続けてきたのだから政府の負債1000兆円に増えただけです。
この政府の借金云々の財政破綻論が騒がれ始めたのは1980年台の鈴木善行首相時代からですが、当時はあと5年で破綻すると言われましたね。もう30年以上経過してますけど・・・。
昔、イギリスの負債は現在の日本以上だった時代もありましたが、景気回復でチャラになった事ありますよね。
サッチャー政権時代だったかな。
だから政府の借金とか国債の外国人保有割合を心配するよりもデフレ脱却と経済回復させる事に注力すれば他も良い方向に傾き始めます。
強い経済を持つ日本を取り戻してから他の問題にも取り組めばいい。
「日本を取り戻そう」です。
[PR]
by thkflyfisher | 2012-12-25 19:58 | 時事ネタ | Comments(1)
Commented by ekiseicherries at 2012-12-26 11:41
なかなか、国債のこと経済とこと、勉強になりました。
今日の文春の見出し広告とか見てると、安倍政権でバブル発生それに備えよという内容で、悪いことが始まるように読者に印象を強くさせるのですが、文春は、前の安倍政権のときどれだけバッシングしたかをよく覚えています。
あまりその頃疑いというものを持たず、影響を受けてしまった一人です。
なので、新聞が書かないような解説をしてくれる日当たり良好さんに感謝してます。これからも、解説お願いします。