ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

クラウディングアウト

米ウォール街、アベノミクスで「日本見直し論」高まる ■日本株の動向についてどう思う? 世界の金融市場の中心地、米ウォール街で久々に日本経 済が注目されている。財政・金融政策による景気底上げを 狙う安倍晋三政権の「アベノミクス」に対する関心が強 まったためで、日本株や円を売買する動きが自民党が衆議 院選挙で勝利した昨年12月から急速に活発化した。 ただ、産業育成や市場への過度な政府介入を懸念する声 も聞かれ、ウォール街のアベノミクス期待が完全定着する ためには、越えるべきハードルも残っている。 「日本株の動向についてどう思いますか?」 ニューヨーク証券アナリスト協会が毎年1月に開催する 「今年の相場予想会議」では、参加者から日本投資に関す る質問が上がった。ウォール街の証券アナリストが集まる この会議で日本株が取り上げられたのは、小泉政権下だっ た2006年以来のことだ。

■ゴールドマン・サックスなど上方修正 注目材料は、日本の2%の物価目標や量的緩和策とそれ に伴う円安誘導策だ。世界最大規模の米ヘッジファンド、 ブリッジウオーター・アソシエイツが昨年12月に上げた 収益の稼ぎ頭が円売りや日本株買いといった日本がらみ だった。 円で資金を調達して海外投資する「キャリートレード」 も盛り返している。 米ゴールドマン・サックスなどウォール街を代表する金 融機関も、日本株の投資見通しを相次いで上方修正してお り、海外勢の日本株買い越し基調を後押ししている。 ここ数年来、ウォール街では「ジャパン・パッシング」 (日本素通り)が潮流となり、日本株の担当者が真っ先に 人員整理の対象となっていた。だが、今年に入ってから は、日本株の販売担当者を再雇用する動きも散見され始め た。

■日の丸がアップに 「日本見直し論」は米国の一般投資家の間にも起きてい る。為替リスクをヘッジした日本株の上場投資信託(ET F)は過去1カ月で10億ドル(約900億円)超を集 め、運用規模がほぼ倍増した。 個人投資家を対象とした経済テレビ番組のコマーシャル では、日の丸がアップに映し出され、日本株ファンドが積 極的に広告を打ち始めている。 ただ、フェルドシュタイン米ハーバード大学教授ら著名 エコノミストが、アベノミクスの柱をなす円安誘導に警鐘 を鳴らしたり、財政出動の効果に懐疑論を掲げる向きが増 えてきたのも事実だ。米自動車業界は「円安を通じた近隣 窮乏化策」と批判している。 最も批判が強いのが、日本の産業育成政策だ。昨年は官 民投資ファンドの産業革新機構を軸とした半導体大手ルネ サスエレクトロニクスの救済が政府主導で決まっており、 「民間ビジネスのクラウディング(押し出し)効果」を懸 念する声が上がっている。

■日本ブーム到来か とはいえ、「アベノミクス」がウォール街の関心を日本 に引き寄せたのは事実だ。メディアでは日本国債に空売り を仕掛けた投資家が頻繁に紹介される。 日本経済への先行きに関しては強弱両論あるとはいえ、 今年はウォール街でちょっとした日本ブームが生まれる可 能性も出てきた。

(記事ここまで) だとさ! 「昨年は官民投資ファンドの産業革新機構を軸とした半導 体大手ルネサスエレクトロニクスの救済が政府主導で決 まっており、「民間ビジネスのクラウディング(押し出 し)効果」を懸念する声が上がっている。」 と言うが、日本は長きに渡るデフレです。 クラウディングアウトが発生するには、まだまだ時間が掛 かる。 要は、政府主導で資金を調達すると民間ビジネスが使うべ き資金が枯渇してしまうってのが懸念されているって事で す。 資金が動かずに溜まっているデフレ状態では発生しない現 象ですよ。 もし民間需要が高まる事になれば投資が回復していると言 う事でデフレ脱却が近いと言う事です。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-02-14 00:41 | 時事ネタ | Comments(0)