ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

長期金利がまたまた下がる日本国債

●長期金利0・670% 9年8カ月ぶり低水準
27日午前の国債市場は、長期金利の指標である新発10年債(327回債、表面利率0.8%)の利回りが前日終値より0.010%低い0.670%となった。取引時間中では2003年6月下旬以来約9年8カ月ぶりの低水準。
 イタリアの政局混乱が長期化するとの見方が根強く、安全とされる日本国債は朝方から買いが優勢で、利回りが下がった。東京株の下落も国債買いを促した。
 東証10年国債先物の中心限月である3月きりは12銭高の144円96銭。


(記事ここまで)
世界トップクラスの低金利だな。

また欧州不安が高まった。
欧州から資金が逃げ出し、日本国債に流れ始めた感じ。
当然、円買いにも走るだろうから円高に傾き始める。
そうなると円高の影響で株価が下落ですね。
ついこの前までドル円が94円とか95円付近で株価が11,600円まで上昇していたのに。
現在、ドル円が92円、株価11,298円となってる。
なんてこった、ほぼ全面安じゃないですか。
せっかく補正予算も参院通過し、日銀総裁人事も間もなく決まり金融緩和、財政政策が動きだすと言うところまで来たのに、なんてタイミングでしょう。
ま~緊縮路線が国民に批判されるのは民意として理解できますね。
まともな行政サービスも年金も低下する上に失業率も高い。
でもね、ユーロ共通通貨に加盟している以上は、よろしくない選択でしょう。
日本との大きな違いは、イタリア国債などは売ってしまってユーロで受け取った資金をドイツ国債に投資する事が可能ですから、簡単に資金も逃げていく事が可能な訳ですよ。
比して日本は、日本国債を売ったところで円建て国債なので得られるのは円な訳でしょ。
円で投資できる先って日本国内にしか存在しない。
えっ!円をドルに交換して外国債を買えばって?
いやいや通貨を交換した時点で交換した円は金融機関に留まるのだから、その金は日本のどっかに投資しなければ利益がでません。タンスにでもしまっておいても増える訳ないので100円は何十年経過しても100円なので価値が上がっても100円なのです。
(要は昔の10円札は大金だったかもしれないが、今では10円では何も買えない。それでも10円札をタンス預金しますか)
このイタリア(ユーロ)と日本(円)の違いは大きい。
だからユーロ圏で問題が起きると独自通貨国に流れますね。
最近ではスイスも通過高になってスイス中央銀行が無制限緩和を宣言して収めた事ありました。
そして日本のように国債金利も低下してましたね。
まさに同じ事象が日本で発生している訳だ。
ユーロ圏限定で見れば安定しているドイツに流れるからドイツの金利も低金利になってる。
リスクヘッジでスイス、日本にも流れる仕組みでさ~ね。

話は変わるが、アベノミクスで日本国債が暴落すると叫ぶ人たちは0.7%を下回った事実をどう受け止めるのでしょうね。
暴落とは金利の上昇を言いますが、0.7%が1%上昇したところで普通の国としても低レベルです。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-02-27 23:26 | 時事ネタ