ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

TPP交渉参加表明

●安倍内閣総理大臣記者会見
本日、TPP/環太平洋パートナーシップ協定に向けた交渉に参加する決断をいたしました。その旨、交渉参加国に通知をいたします。

 国論を二分するこの問題について、私自身、数多くの様々な御意見を承ってまいりました。そうした御意見を十分に吟味した上で、本日の決断に至りました。なぜ私が参加するという判断をしたのか、そのことを国民の皆様に御説明をいたします。
今、地球表面の3分の1を占め、世界最大の海である太平洋がTPPにより、一つの巨大な経済圏の内海になろうとしています。TPP交渉には、太平洋を取り囲む11か国が参加をしています。TPPが目指すものは、太平洋を自由に、モノやサービス、投資などが行き交う海とすることです。世界経済の約3分の1を占める大きな経済圏が生まれつつあります。
そして今、日本は大きな壁にぶつかっています。少子高齢化。長引くデフレ。我が国もいつしか内向き志向が強まってしまったのではないでしょうか。その間に、世界の国々は、海外の成長を取り込むべく、開放経済へとダイナミックに舵を切っています。アメリカと欧州は、お互いの経済連携協定の交渉に向けて動き出しました。韓国もアメリカやEUと自由貿易協定を結ぶなど、アジアの新興国も次々と開放経済へと転換をしています。日本だけが内向きになってしまったら、成長の可能性もありません。企業もそんな日本に投資することはないでしょう。優秀な人材も集まりません。

 TPPはアジア・太平洋の「未来の繁栄」を約束する枠組みです。
関税撤廃した場合の経済効果については、今後、省庁ばらばらではなく、政府一体で取り組んでいくための一つの土台として試算を行いました。全ての関税をゼロとした前提を置いた場合でも、我が国経済には、全体としてプラスの効果が見込まれています。

【後略】あまりにも長いので省略します。
要は、官僚の作文かのような話です。



(記事ここまで)
政府はTPPの経済効果について、例によりGTAP(応用一般均衡モデル)で3.2兆円と試算しています。
これは
・TPPに参加しても、デフレにもインフレにもならない
・為替レートも変化しない。
・雇用に関しては、失業者は、失業してもすぐに別の職に就けると言う失業率が上昇しない
と言うモデルです。

ここで最初に注意してほしいのが効果が3.2兆円と言うのは10年でって点です。
民主党政権の時には10年で2.7兆円との試算でしたね。
報道は、相変わらず「10年」を省略して報道している始末だし。
今回は年間3200億円です。
1企業の利益とか負債ってレベルじゃありませんか。
安倍政権のTPPを除く政策(金融緩和、積極財政等)には賛成しますが、TPPに関しては賛同できない。
安倍総理らしくない感じがするのは私だけでしょうか。
この記事の略した部分には少子高齢化とか内向きとのフレーズも出てきてまして、明らかに官僚の手法そのもののように思えます。
既に参加交渉国で決められたTPPのルールは合意するしかないのに、国民との約束は必ず守りますとも言っている。あきらかに矛盾しているでしょう。

しかし、以前と比べてISD条項、ラチェット規定、GTAPの試算のモデルの疑問等が国民の前に現れてきているのは良い傾向です。

安倍政権に関しては基本的には支持しますが、TPPに関してのみ・・・です。
但し自民党内にはちゃんと理解して反対している議員が大勢いる事が救いです。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-03-17 17:53 | 時事ネタ | Comments(1)
Commented by ekiseicherries at 2013-03-22 12:48
日当たり良好さんこんにちは。
そうですよね、10年で3兆円余りって、その10年という言葉省略されていませんか?
だったら、詐欺と同じですよね。
前の試算は10年で2.7兆円でした。
年間3200億としてもシャープの年間赤字額3400億より少ないですよね。話になりません。
農業の損失予想額も減っています。
こんなんで世論調査の結果が(朝日新聞)70%がTPP賛成なんですよ。世論てそんなに簡単に操作できるんですかね。
そうです、私も安倍政権の他の政策は支持できます。しかしTPPだけは絶対反対です。これからも反対と叫び続けます。