ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

総理「雇用の流動性」否定

●安倍首相「解雇自由化考えていない」
安倍晋三首相は28日の衆院予算委員会で、解雇時に金銭解決を含めた対応が可能になるよう法整備を求める意見が政府の産業競争力会議で相次いだことに関し、「解雇を自由化しようとは全く考えていない」と述べた。民主党の山井和則氏に対する答弁。


(記事ここまで)
妥当な回答ですね。
産業競争力会議には構造改革大好きな人達が居るからね。
すぐ改革だとか雇用の流動性を高めよとか言い出す。
衰退産業から成長産業への労働力の流動性を高めると言いますが・・・。

昔々の欧州でのこと。
資本主義による生産の確立までの出来事です。
農業やっていた低所得層から富裕層が土地を取り上げて大規模農業を始めた。
取り上げられた農民は工場を持つ資本家の下で手作業で仕事をするようになる。
そして工場は機械化が進み人手が余っていく。
すると別の資本家が工場を作り人を雇う。
昔の動力の主流だった蒸気機関を使った産業から石油、電気、ガスと産業構造も変わり燃料も変わってきた。
そのたびに労働者は、その時々に合う産業へと移ってきました。そのため植民地政策も実行してきましたね。
それと同じように現代でも資本家の都合で簡単に解雇する事を許可し、昔に回帰するのでしょうか。わざわざ解雇自由化しなくても労働力は移動してきたんですよ。

それでも高度に成長力がある産業が沸いてきていた発展途上の時代は良い。
飽和状態の現代において政府が解雇を自由化するのか。
全てを市場に任せる考え方には賛成できませんね。

ゆえに「解雇を自由化しようとは全く考えていない」との答弁には賛成。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-03-28 23:05 | 時事ネタ