ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

自己の利益のためには外国の法すら曲げようとする国だってある

●「ガラ軽」が日本を救う!? 技術の芸術品・軽自動車が切り札
日本人好みの機能を搭載し、世界標準と異なる通信方式の日本の携帯電話は、独自の生態系を持つガラパゴス諸島になぞらえ、ガラパゴス携帯と呼ばれた。今、このガラケーに代わり、「ガラパゴス自動車」が日本の産業再生のキーワードになろうとしている。小さな車体にたくさんの技術が詰まった軽自動車だ。
「一定の制約の下で挑戦したからこそ、技術力は向上した。技術屋から見たら、軽自動車は芸術品だ」。軽を代表するメーカー、スズキの鈴木修会長兼社長が力説する。軽は自動車税が低く抑えられるなど税制面で優遇される一方、車の大きさを長さ3・4メートル、幅が1・48メートル、高さ2メートル以下、排気量を660cc以下にしなければいけない決まりがある。その中で、いかに顧客に室内空間の広さ、足回りの快適性、安全性を満足させるかを競った歴史が、自動車各社の腕を磨かせた。ホンダの伊東孝紳社長も「軽の技術は今後も上がる」と胸を張る。
 ひと昔前は黄色のナンバーが敬遠された軽も、昨年1年間の国内生産台数は161万5千台で、10年前に比べて23%増加した。乗用車全体の生産に占める割合も18・9%で、同3・7ポイント上昇し、20%も遠くないところまで増えた。価格と乗り心地のバランスは消費者にとって重要な要素だが、国内生産に支えられる軽は、日本全体を覆う産業空洞化とは無縁の国内の景気回復や雇用維持の切り札。「日本のものづくりと雇用を守るために有効な手段」(本田技術研究所の浅木泰昭・主任研究員)だ。
軽自動車はさらに、ガラパゴスの殻を破り、新たな道を開こうとしている。日本の軽の最大の特長である小型、低燃費技術が、省エネルギー、環境面から世界の注目を集めているためだ。次世代環境車として脚光を浴びる電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)は、「新興国では値段が高すぎる」(トヨタ自動車の内山田竹志会長)ことから、需要は先進国にしかない。これに対し、低価格の軽は成長市場の新興国で十分に通用する。「日本の独自規格である軽の技術の土俵が世界に広がってきた」と、大手自動車メーカー幹部も期待をかける。


(記事ここまで)
TPPに参加すれば、この先行きも不透明になる。
なんせ米国自動車業界が日本独自の軽規格を非関税障壁だと騒いでいるからだ。
ようはこの規格があるから日本でアメ車が売れないのだとね。
欧州車は売れているのにね。
間違っても米国の自動車業界が軽規格の車を開発販売するとは思えない。
だったら、この日本独自規格を廃止させれば良いと考えるでしょうね。
TPPに参加する他の国にも存在しない規格なので多数決でも負けは確実だ。
日本の強みを殺しにくるのさ。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-04-03 23:53 | 時事ネタ | Comments(1)
Commented by ekiseicherries at 2013-04-04 11:28
本当に、TPP参加なんて愚かな決断です。
それを自由貿易はいいことだと思い込んでいる新自由主義者という人が周りにいるので安倍総理が影響をうけたとかいうのですが。
デメリットの方が多いしメリットは限定的な輸出業の年間3200億円のGDP増なんですよね。
そして他の21分野のデメリットは計算に入れていないし、農業の損失だけでも年間3兆円でしたよね。
その原因はアメリカに尖閣諸島のことで味方につくと言われたのでしょうかね。しかし憲法も改正されずにアメリカに食料も軍事力も頼って、悲惨な結果になるのが目に見えます。
なんとか阻止したいので、反対運動にかかわっているグループではあきらめずに総理官邸や、総理そして反対議員にメールやFAXを送り続けようと言っています。アメリカはTPPに参加させようとして、健康保険は関係ないとか最初言っていましたが、それも嘘ですし、言うことがどんどん最初と違ってきています。軽自動車の規格も消える可能性が大きいです。日本の官僚は、どこの国のために働いているのか、アメリカのポチではないかと疑います。言いだしたのは菅元総理ですが、それを進めたのは経産省官僚です。