ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

日銀総裁 白→黒 

●日銀、新政策「量的・質的金融緩和」を導入 市場調節 はマネタリーベースに変更、資金供給を倍増へ 日銀は4日、黒田東彦総裁の下で初めてとなる金融政策決 定会合を開き、新たな金融緩和の枠組みとして「量的・質 的金融緩和」を導入すると発表した。
金融調節の操作目標を、現在の「無担保コールレート翌 日物」から、資金供給量にあたる「マネタリーベース」に 変更する。長期国債に加え、上場投資信託(ETF)など のリスク性資産の購入も拡大。
デフレ脱却に向け、スピー ド感重視の姿勢や大胆な金融緩和姿勢を打ち出した。
日銀は1月、2%の物価上昇率目標を導入した。
決定会 合では、この達成時期について「2年程度の期間を念頭に 置いて、できるだけ早期に実現する」と具体的な時期に踏 み込んだ。
マネタリーベースや長期国債、ETFの保有額は、2年 間で2倍に拡大するとした。日銀、決定会合後に公表した 声明文で、「量・質ともに次元の違う金融緩和を行う」と 宣言した。
新たに金融調節の操作目標となるマネタリーベースにつ いては、年間60~70兆円に相当するペースで増加する よう金融調節を行うとした。
昨年末のマネタリーベースは 138兆円で、この方針通りに行けば、今年末には200 兆円、平成26年末には270兆円まで拡大する見込み。
市場に大量の資金を流し込み、金利引き下げにつなげ、景 気下支え効果を狙う。
長期国債買い入れ拡大に加え、ETFや不動産投資信託 (J-REIT)などのリスク性のある資産の買い増しも 9人の政策委員の全員一致で決めた。
量的・質的金融緩和の導入に伴い、平成22年に導入し た「資産買い入れ基金」は廃止する。また、日銀の国債保 有残高に上限を設けた「銀行券ルール」についても、一時 的に停止する。

(記事ここまで)
とうとう量的緩和に打って出ましたか。
2年間で物価2%、マネタリーベースも現在の2倍まで引 き上げるとね。
無担保コールレートでの金利調整をやめにしてマネタリー ベース増加に入るとね。
ようは金利調節じゃなくカネの量を増やして金利が上がら ないようにしようとしたってことね。 そして、償還までの期間が長めの長期国債買い入れ拡大す るで資金を供給しようとね。
ま~、あんまり償還までの期間が長い長期国債はほどほど にしないといけないか。
財政ファイナンスの色合いが濃くなったと市場に見られる と体裁としてよろしくないでしょうから。 だんだん米国のFRBチックになってきましたね。
とりあえず2年間と考えればベターだと思う。
但し、FRBのように量的緩和が何段も続くようでは問題 かも・・・
QE1⇒QE2⇒QE3とな!
だとしてもリーマンショック以降、諸外国はマネタリー ベースを2倍、3倍当たり前に増やしてきて、日本だけ 1.1倍前後だった訳だからバランス良くなるかな。
前任の白川氏はちょっとだけ増やしては引き上げといて増 やしたと言い張ってましたから。
今回は本当に増やすでしょうね。
民主⇒自民、野田⇒安倍、白⇒黒(日銀総裁ね)と大きく 変化したのだから、多少ドラスティックに変わってもいい んじゃないか。
2年間は!! そして最後に上場投資信託(ETF)、不動産投資信託 (J-REIT)も買い増すそうだが、安倍政権になって からの株高もあって不動産も上昇傾向になってきている今 ならいいんじゃないか。

この日銀の会合後に日経平均株価は朝時点1万2100円 程度だったのに現時点で1万2600円です。 1日で500円も上昇しました。
市場の反応は早いですね。
そんで長期金利も0.425%の最低金利を更新してし まったみたい。
民主党政権時代は量的緩和とか国債の買い増しとかやった ら財政ファイナンスと受け取られ金利が高騰すると言って た人達は、どう思って現状をみているんでしょうね。
どんどん下がってますけど・・・。
資金調達コストが世界最低の国です。

とりあえず2年間、様子を見ましょう。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-04-04 22:42 | 時事ネタ | Comments(0)