ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

今シーズ初釣行報告!

2005/3/21(月)晴れ 強風
某フライ&ルアーショップ店長の友人Kとコレまた小学生時代の友人Hと岩手県大船渡と同じく遠野の中間点あたりのコンビニで8時の待ち合わせ。
強風を避けるため風通しの良い本流は諦めて支流に入る。
友人達は最初の深めの落ち込みを私に譲ってくれた。
一応ゲスト扱いかな?
久々のキャスティングに緊張する。
強風に煽られてハチャメチャキャスト・・・ムムム!
手ごわいぞ~。再度試みるがまたも煽られてイカン~木の枝に絡まってしまった。
後方で友人達が苦笑い。何か後方からのプレッシャーと緊張から落ち着かない。
風が止むのを待ってキャストを繰り返すが反応なし。
魚が居たとしてもあれじゃ~食わないね!
だって着水した後の風でラインが引っ張られてドラグかかりまくり。
キャスト直後に即メンディングしロッドティップを水面付近まで下げて風に対応するが・・・
少しの時間しか稼げない。
この場所は見切って先を急ぐ!
フライをブラウン系ヘアーズイヤーニンフからブラックにゴールドリブのニンフに変更し、ショットを2つ追加した。
少し上がると堰堤がある。
落ち込みを丹念に探るが反応なし。
「ヤバイ、初釣行はボウズかぁ~」
「うわ~勘弁してくれ~」
「風よ止んでくれ~」
「水温よ気温よ上がってくれ~」
この川で2時間ほど粘るも釣果に結びつかないと判断し場所を変える事にする。
店長の友人Kは友人Hのキャスティング指導に専念しているためロッドは持っていない。
今シーズンがデビューの友人Hにどうしても釣らせてあげたいようだ。
しかし、誰も釣っていない。
車に戻り隣の支流へ移動する。
時間にして5分くらいの場所です。
5分で隣りの支流に移動可能な環境っていいよね~。
他にも同じくらいの移動時間で釣れる支流が2~3本はあるってんだからいいな~。
a0028803_12343823.jpg

入渓点はこんな感じの流れです。
時刻は11時半、早速入渓する。
岸際に入り風が止むの待つ・・・
少しでも弱まった所を見計らってシュートする。
20分くらい続いただろうか一向にアタリがない。
すると小さい堰堤上のプールにライズを発見!!
2匹ほど単発ライズをしている。
風が吹くと止んでしまった。
次に止んだらキャストすんぞ~と思いながら待っていたが、その後ライズは発生しなかった。
すると用事がある友人達が、やってきて「すまん用事があるから帰る」との事!
釣果は1匹のヤマメがあったそうだ。
友人はこの先のポイントを教えて帰って行った。
ここからは一人での釣りになる。
早速、教えてもらったポイントに急ぐ。
するとそこには先行者が二人入っていた。
諦めて少し戻った下流側の古いつり橋から入渓する。
もう諦め半分だったためフライは先ほどまでのブラック系ニンフのままとする。
ただし、ショットを一つはずし、ウェイテッドニンフ+ショット1つにインジケーターにフロートドゥを小さめに取り付けた。
先ほどまでより軽めにする。
するとキャストが断然やり易くなった。
少々の風でも軽くホールを加える事で思ったように飛びはじめる。
ここまでは、落ち込みや深みを中心に狙ったが、ここは浅めで流れが緩い瀬です。
まだまだ瀬には出てないだろうと思ったが深みで釣れなかったから半分ヤケクソでの挑戦です。
3投目くらいにインジケーターがピタッと停止した。
ロッドを上げると魚の手ごたえが手元に伝ってくる。
ロッドはラミグラス6フィート6インチ、ラインは2.5番、6Xのリーダーに7Xのティペット
トータル的に繊細なタックルだったため小さい魚でもそれなりの手ごたえに感じられる。
今シーズン第一号はあどけない顔をした16cmのヤマメだった。
記念撮影してリリースする。
a0028803_1237212.jpg

そこからは20m上流くらいまでの間に最大20cm程度と18cmのヤマメがヒットした。
小さいが初釣行のボウズを逃れ、強風の中での釣果としては上々でしょう。
a0028803_1238698.jpg

案内してくれた友人も「ゴメン、今日は最悪のコンディションだ~、申し訳ない」と漏らしていた。
天候まではどうしようも無いからネ!
次回以降に期待するさ!

<ヒットフライ>
テイル:ブラックコックハックルファイバー
ボディー:ブラックのシルクフロスにセメントでコーティング
リブ:ゴールドオーバルティンセル
ソラックス:ラビットファー(グレーとブラウンのミックス)
ウィングケース:ターキーテールの黒っぽい部分
ポイントはセメントによる光沢にゴールドのオーバルティンセルで目立つニンフに仕上げたってとこっすか!

大きさ的にはお恥ずかしいサイズですが、私的には満足でした。
いや~お恥ずかしいお恥ずかしい!
[PR]
by thkflyfisher | 2005-03-23 12:47 | 釣り日誌編