ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

税制調査会長ってナンダ

●自民税調会長、予定通り引き上げを 消費税増 税「デフレ逆戻りは過剰な心配」 自民党の野田毅税制調査会長は19日夜、BS1 1番組に出演し、来年4月に予定される消費税率 の8%への引き上げについて「消費税を上げれば デフレに逆戻りするというのは何が根拠なのか。 過剰な心配があるように見えて仕方ない」と述 べ、予定通りの引き上げを重ねて主張した。 野田氏は4~6月期の国内総生産(GDP)速 報値が年率換算で2・6%増となったことなどか ら「(増税へ)まれに見る条件が整っている。こ の環境で挫折すれば、その影響は計り知れない」 と指摘。「国際公約」の増税が先送りになれば国 債の信認低下を招くとの認識を示した。 また、本田悦朗内閣官房参与ら安倍晋三首相の ブレーンが提案する1%ずつの増税については 「毎年上がれば流通のコストはどれぐらいになる か。手間暇も含め大混乱だ。現実問題としては無 理で、学者だから言えるのだろう」と述べた。

(記事ここまで)
「消費税を上げればデフレに逆戻りするというの は何が根拠なのか」と発言するなら根拠を調べ ろ。
その上で発言しろ。
増税推進者より、根拠が出ている。
増税推進者は「国際公約だから」「長期金利が高 騰するから」「国の借金1000兆だから」の3 パターンのみです。
増税に反対する側は、もっとマクロ視点での根拠 を示しています。
よく引き合いに97年の増税時の話が出てきま す。
そして増税派は、97年以降のデフレは増税が原 因ではないと言い切ります。
アジア通貨危機だとか山一證券の破綻だとかにす り替えます。
97年の翌年で輸出額も微減しています。
43.5兆円(96年)、49.5兆円(97 年)、48.9兆円(98年)とね。
98年は微減でしょ。
たったこのくらいの減でデフレになったとでも言 うのでしょうか。
そんで、 「4~6月期の国内総生産(GDP)速報値が年 率換算で2・6%増となったことなどから「(増 税へ)まれに見る条件が整っている」 と言い放つ。
ちょっと待てと言いたい。
実質で前期比0.6%増、年率換算で2.6%増 名目成長率は0.7%増、年率換算で2.9%増 僅か0.3%のプラスですね。
やっとデフレから脱却する芽の先っちょが出てき た段階で増税するのはおかしいでしょ。
そもそも目標は2%なんだから0.3%では、 あっと言う間にデフレに戻る値ではないでしょう か。
これを「(増税へ)まれに見る条件が整ってい る」と言うのが税制調査会長なのか。
こん な人が97年にも居て、やっちまったんだ よ。
あんんときは、たまたま阪神淡路大震災が、 ちょっと前にあって、復興に絡むGDP上昇が あった訳ですね。
その時もちょっとプラスになったから増税を決断 したはず。
現在の状況と似ているのに同じ判断を下すのが正 しいとでも言うのでしょうか。
そして増税派は国際公約だと言うが、公約は財政 再建であり、増税ではない。
名目成長が始まっており、税収が上がって来てい るのだから成長が財政再建の道になる。
記事のような発言をするくらいなら、アベノミク ス2の矢、3の矢を推し進める発言をしろ。
こんな発言では熊本2区の有権者も、次の選挙で は考えものです。
名目成長、実質成長、デフレに関する認識が低す ぎますね。
なのに税制調査会長な訳ですから問題でしょ。
言うなら金融政策による上昇から民間消費者の消 費傾向上昇に移行したら発言しろ。
だいたい「過剰な心配があるように見えて仕方な い」と言うなら、なぜ過剰なのか言え。
実質成長率2.6%だけ見てるんだろ。
実質成長率が10%だったとしても名目成長が 7%だったらデフレなんだよ。
成長率の数字の大小の話じゃなくて、その数値の 意味するものを判断してもらわなければダメ。
むしろ、このような人の安易な増税に心配してい るんだよ。
増税しても税収が減り続けた97年以降をよく調 べろといいたい 。
せめて言うなら高村正彦副総裁のような下記発言 が限度でしょ。
「今のところ『アベノミクス』は順調で、4~6 月の経済指標はそれほど悪いものが出ることはな い」と述べ、予定通りの引き上げを主張した。
同 時に「税率を上げることが景気にマイナスの影響 を与えることは間違いない。
影響を最小限に抑え る成長戦略をしっかりやらなければならない」 ちゃんと景気へマイナスである事を理解している 点でね。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-08-26 21:31 | 時事ネタ