ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

コメ農家の所得

●TPP関連の農家の主張がまったく同意できなく て萎える まあ、言いたいことは分からないでもないんだけ どさあ…。 「正義派の農政論」 TPPで1俵2200円の米がやってくる そりゃあ農家からすれば、凄い安い価格のお米 がやってくるわけですから、商売上がったりだ、 と言いたい気持ちは理解できます。 でもねえ、それは保護されてきた業界だからで すよ。それ以外の世界では、海外との産業競争や 価格と品質のつばぜり合いをやって生きてきてい る。海外との競争に負けて潰れる製造業あり、生 き残りをかけて海外へ生産拠点を移転する化学会 社あり、それが経済ってもんだと思っておりま す。 翻って、8倍の価格差の維持を前提に、日本の 農業の採算を取るという方向の議論はさすがにも うやめたほうがいいんじゃないでしょうかね。 2,000円の米が入ってくるという予測をしていな がら、16,000円の日本産米を守れ、維持しろと いうのはどういうことなのか良く分かりませ ん。 「日本はTPPで、米をはじめ農産5品目を死 守しなければならない」とかいうお話、これは日 本の消費者や納税者が、日本の農家のために、割 高なお米を買ってくださいという主張ですよね。 全部、農家と農政だけの都合じゃないですか。 もう少し、日本人全体が受け入れられやすいよ うな議論になりませんかね。 米国ルールを採用するのが反対だ、と言いつ つ、その価格差を維持する目的は単なる農家のエ ゴに見えてしまいます。なぜならば、安くて安全 でおいしいお米が輸入できるのであれば、消費 者、つまり農家以外のすべての日本人にとっては 利益になるからです。 もちろん、農家にはいますぐ死んでもらいた い、なんて思ってはいませんよ。 ただTPPで米などを除外するべきだ、と主張し たいのであれば、お前らの採算性とは違う別の、 公益性がたっぷりのロジックで説得してくれない と。 ちなみに、かの記事の文末に「ASEAN+3」を 提唱したマハティール元首相の言葉が引用されて いるんですが、アメリカ抜きの地域FTA構想やっ たところで、アメリカからだけお米を輸入するわ けではありませんよ。日 越間、日中間でのお米 貿易交渉が紛糾するだけのことです。 個人的には、とっとと聖域を減らして関税を大 きく引き下げたほうがいいと思いますよ。いきな りゼロにしろ、という話ではなく、いま現在の馬 鹿馬鹿しいほどに高い関税障壁を下げるだけで猶 予期間と競争原理が生まれ、危機感を持った地方 が農業の経営改革をさらにすすめて、もっと良い 農業に日本は転換できるかもしれない。そういう 話です。 地方経済が、非都市圏が、という問題とセット になりやすいんですが、そもそも助成金や補助金 がないと成り立たない地方経済って、形を変えた 地方への所得移転や公共事業と一緒じゃないです か。道州制どころではありませんよ、これでは。

(記事ここまで)
価格競争に負けて廃業するのは自己責任だと言い たいのでしょう。
競争に晒されずぬくぬくと農業をやってきたんだ から自己責任だと。
日本の国土、食文化なんぞ無視だと主張している ようなもんですね。
この記事は。
競争とは価格の底辺への争いでしょう。 つまり所得をギリギリまで減らす事と一緒です。
あくまで農家にとってはです。
他の産業は機械化、コンピューター化、自動化で コスト削減できるから競争できましたね。
そしてコスト削減する策は日本の強みである工業 技術に他ならない。
農業もそうでしょうか。
山がちな国土、急峻な山々から流れ落ちる川の 水。
ダムに代表される治水事業へ対する批判のオンパ レード。
工業などと大きく異な る点は自然相手の産業で ある点です。
そしてコメは日本の主食である点もです。
欧米の広大な土地で大掛かりな機械化された農業 に対抗するのは限界がある。
それゆえに保護されてきた。
保護されてきた業界であることを非難する前にナ ゼ保護されてきたかを考えないとダメでしょ。
文面を読む限り○○経済学とか○○主義かぶれとし か見えない。
だいたい農家のおじいちゃん達が経営改革っ て・・・ 株式参入はいいと思うが、欧米の量と競争して採 算取れなければ撤収するでしょう。
大量に耕作放棄地になる。
まとまった広大な耕作地が無い日本には不向き。
そして世界に誇る(?)台風の通り道なだけに大雨 洪水が頻発する国土。
確かに欧米では干ばつ被害はあるでしょう。
でも、 それまでの広大な土地は有利です。
また、株式参入すればコスト削減で農薬、化学肥 料を使わないと利益は出ない。
日本酒だって影響を受ける。
日本酒は日本にしか ない。
杜氏の存在が大きいからね。
せっかく高品質を売りにコメも日本酒も世界で注 目されても水の泡となる。
ちなみに「新規就農ガイドブック」によれば、コ メは1反当たりの売り上げは14.2万円です。
経営費を引いた所得は年間所得ベースで5.3万円 です。
1反は約10アールです。
ナスなら10アールの畑で売上が312万円、所得が 273万円、 トマトなら10アールの畑で売上が173万円、所得 が113万円です。
何故このようになるかというと、米作りは労働時 間が少ないからです。
10アールあたりの水稲の労働時間は年間19.5時 間です。
(農薬と化成肥料を使うことが前提)
一方、ナスは2,769時間、トマトは787時間で す。
だからコメ作りは兼業農家が多いのもうなずける でしょ。
コメを1とするとナスで51倍、トマトで21倍の 所得格差が生まれる。
コメ農家がコメをやめてサラリーマンになると仮 定した場合、サ ラリーマンのみの平均所得は 408万、全体で540万(厚労省)です。
ってことは現状の農家がサラリーマンの平均並み に所得を得るためには77反、770アールの土地が 必要になる。
東京ドームの1.6倍の面積に値する。
ちなみに1アールは10m×10mの面積ですか ら、これの770倍ってこと。
農家1世帯あたりこんな面積の土地を持っている 訳がない。
まず、廃業になりますね。
廃業して他の職に就けと言っているのですね。
あればね!! この手の主張する人は、必ず裏に職があって労働 者が、そっちに流れる事を前提にしている。
だから雇用の流動性を高めろとか淘汰された産業 に従事する人は成長産業に流れるから問題ない。
とか言って、最後は自己責任だといいます。
この記事を書いた人に対して「主張がまったく同 意できなくて萎える」と返したい。
斬新な改革、自由○○とかが最先端とでも勘違い しているのでしょうか。
ドライに切り捨てる姿もやり手のビジネスマンみ たいでクールだとでも・・・
[PR]
by thkflyfisher | 2013-10-07 00:47 | 時事ネタ | Comments(0)