ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

特定秘密保護法案と民主主義

●「これが民主主義か」=怒号飛び交う特別委―秘密保護法案、強行採決 「数の横暴だ」「これが民主主義か」。特定秘密 保護法案が衆院特別委員会で可決された26日午 前、傍聴席からは激しい抗議の声が上がり、野党 議員らが委員長席に詰め寄った。 午前9時から始まった特別委には、法案に反対 する市民ら約100人が傍聴に訪れた。中には約40 人しか入る余裕がなく、入れ替わり立ち替わり審 議を見守った。 質疑には安倍晋三首相が出席。与党議員が「締 めくくり総括と理解して質問している」などと発 言すると、野党席から「していない」「それはな いだろう」などとヤジが飛んだ。 午前11時10分ごろ、予定の質疑が終了し、首 相が退席する。野党議員が委員長席に詰め寄り、 「数の横暴だ」「将来に禍根を残す」などと激し く抗議し、傍聴席からも「強行採決反対」と声が 上がった。「採決は無効」などと叫び、外に連れ 出される市民もいた。


(記事ここまで)
「数の横暴だ」「これが民主主義か」って、ハイ と答える。
賛成多数な訳ですから「ハイ」 当たり前じゃないの。
だって、あのヒトラーだって民主主義から誕生し た政権ですよ。
賛成多数なら決まりなんですって。
これを否定するのは民主主義を否定するのと大差 ないでしょう。
だいたいさ~、民主党政権の時なんて審議する認 めない強行採決が連続で何回あったって話で しょ。
なぜか当時のマスコミはほとんど報じなかったけ どね。
たった数時間の審議で強行採決もあった。
それに尖閣ビデオを隠してた現野党だって居る じゃん。
そしてこの特定秘密保護法案ですが 「防衛」「外交」「外国の利益を図る目的で行わ れる安全脅威活動の防止」「テロ活動防止」と明 記されている。
政治資金問題やTPP,福島原発の事故じゃないで しょ。
多少の関連はあるにせよ。
安全保障上や防衛上の弱点を公表する必要性って あるのか? ないでしょ。
反対派のコメントとか見ると法案読んでるのか曖 昧だし、誇大表現や拡大解釈が目に付く。

しかしさ~、多数決で多数を占めると「数の横 暴」と呼ぶんですかね。
もう民主主義の否定でしょ。
だったら選挙の洗礼も受けていない経済諮問会議 や産業競争力会議の民間人(民間議員)もヘンだ ろ。
自分の思い通りにならないと辞めるとか法廷に訴 えるとか。
「これが民主主義か」と叫ぶ民主党もさ、当時の 財務相が為替介入のレートを口から漏らしたじゃ ない。
聞いてて、「あっ、バカ」と思ったね。
ま~これが対象になるかどうかわかりませんが、 公表してはいけないモノっていろいろあるで しょ。
罰則くらいつけないと安易に漏らす人達が居る じゃん。
それとも、それが嫌だから反対しているのかって 話だ。
もしかしたら現に機密情報を反日隣国に流してい る人も居て、罰則を設けられては困るとか。
日本国民の税金を使って韓国の日本大使館前で反 日運動やった人を国家公安委員長に据える政党に 反対されても説得力ないし、「おまえらが言う な!バシッ」とツッコミたくもなるでしょう。
傍聴している市民ってのもプロ市民じゃないだろ うなって勘ぐるね。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-11-27 22:43 | 時事ネタ