ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

公共事業の入札制度改革

●入札制度改革で法改正=評価基準見直し-国交 省
国土交通省は25日、有識者で構成する委員会 で、建設業界の人手不足を緩和するため、公共工 事の入札制度改革を柱とした関連3法の改正案に ついて、2014年の通常国会に提出することを 検討していると明らかにした。入札制度では、低 価格を重視する従来の評価基準を見直し、若手の 技術者の割合が高い建設業者に有利に働く基準を 設け、若者の雇用を促す。 関連3法は「公共工事の品質確保の促進に関す る法律(品確法)」のほか、「公共工事の入札及 び契約の適正化の促進に関する法律(入契法)」 と建設業法。品確法は自民党などの国会議員が、 他は国交省が改正案を提出する方針。(2013/11/25-20:42)

●今年度の税収が45・4兆円に上振れへ
企業 業績回復で法人税収拡大 平成25年度の国の一般会計税収が、13年1月 時点の見積もりより2兆3千億円程度上振れし、 45兆4千億円程度となる見通しであることが2 9日分かった。円安などで企業業績が回復し法人 税収が想定より増えるためで、全体の税収は4年 連続で前年度を上回る。 税収の上振れ分などを活用した消費税増税時の 経済対策の財政支出は5兆円台半ばになる見込み だ。 政府は12月中旬に経済対策の裏付けとなる1 3年度補正予算を編成する。低金利で国債の利払 いが想定より少なくて済むことや、12年度決算 の剰余金なども含めて財源確保のめどが立ったた め、国債の追加発行は見送る。

(記事ここまで)
入札制度改革は良い傾向ですね。
現行の一般入札制度が悪かったんだよ。
ようは一番安いところに発注する制度だから完成 した場合の品質が危うい。
だってさ、公共事業なんて毎回、必ずフルオー ダーメイドです。
品質保証が重要になるでしょ。
同じモノを作る工事なら発注先の企業の品質の良 し悪しを比較できるかもしれないけどフルオー ダーでは比較できない。
なのに、とにかく安い値をつけた企業に発注なん て論外だ。
こんなだから人件費高騰、資材高騰している中で 土建屋が安い発注額で受注できる訳もなく入札で きない。
これじゃあ震災復興も国土保全(トンネル崩落と か)も進む訳がない。
そして入札されずに余った公共事業費をムダと言 い切る馬鹿 な野党議員まで出る始末。
だから正規の発注額で土建屋が利益を出せるよう にしないとダメでしょう。
東京五輪も国土強靭化もあるのだし。
そうして土建屋が正規の金額で仕事できるように なれば雇用も増えるし法人税も増えるさ。
そこで2つめの記事になる。
リーマンショック前が50兆円前後だったがリー マンショック後は40兆円を下回った。
そして民主党政権時代は、ほぼ40兆円~42兆 円の間でしたね。
3年間でですよ。
それが45兆円の見通しだし、国土強靭化基本法 案が衆院通過した。
それに入札制度改革が進めば来年、再来年あたり にはリーマンショック前年までの50兆円規模に 回復すると思う。
50兆円ってバブル景気の始まりあたりと同額で すね。
あの時は1~2年で60兆円まで上り詰めまし た。
今回はバブルの時のように狂いはしないでしょう から順調に時間をかけて60兆円まで上がればい いとね。
まずはベース作りで50兆円を目指すべきです。
来年の増税に対する経済対策で5 兆円を出すっ て事は、その内の何割かは税収となって戻ってい くはずだ。
だから経済対策は税収に跳ね返りやすいところに 補助すべきです。
つまり、国民の消費、企業の法人税、国民所得が 税収のメインなのだから、ターゲットは、その辺 だな。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-11-30 23:20 | 時事ネタ