ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

●江田新党 「ハイパー小泉・竹中」の予感

●江田新党 「ハイパー小泉・竹中」の予感
いわゆる「江田新党」の初勉強会がきょう国会内 で開かれた。「民主党」「日本維新の会」「元み んなの党」の国会議員50人が顔を見せた。 「政界再編成」とマスコミは、はしゃぐ。会場 には議員の数よりも多い、メディア関係者が詰め かけた。 TPP参加に前向きな「維新」「みんな」。電力 総連に選挙とカネの面倒を見てもらっている「民 主党」。新党はこうした政党の出身者が一緒にな るだけ。 勉強会の名称は「既得権益を打破する会」。中 心人物の江田氏は「規制緩和」を強調する。小 泉・竹中の規制緩和で弱者はバタバタと倒れた。 新党は「ハイパー小泉・竹中」といったところ か。 新党が1%のための政党になることは 目に見 えている。それでも軍国主義にひた走る安倍政権 をひっくり返す起爆剤になれば「良し」とする か。なんだか「究極の選択」のようだ。


(記事ここまで)
「既得権益を打破する会」ってなんでかな~って 感じです。
そもそも既得権益ってさ、発足してある程度の年 月が経過すれば、どんな社会的団体(企業や組合 など)でも既得権益は発生するはずでしょ。
なぜか日本では旧態の団体に対して非難する時に 既得権益と言いますよね。
中小企業や個人事業主だってあるはずです。
寡占化が進んだ市場独占が目立つ団体に対する非 難はわかるが、既得権益として非難するのはおか しな話です。
つまり「既得権益を打破する会」とは規制緩和な どを政府に訴えて緩和させた上で新たな既得権益 を作りますって言っているのと同じでしょ。
簡単に言えば、この人達は「古い既得権益を打破 して新たな既得権益を作ろうの会」ってことだ。
笑えないネーミングセンスじゃないです か。
それに比べて、この記事のタイトルはセンスがい い。
小泉政権時代に規制緩和と称して製造業への非正 規雇用を解禁しましたよね。
要は派遣社員を製造業にも増やした。
その張本人である竹中氏は、その後どうなったか が問題ですよ。
実は、人材派遣会社の取締役会長に就任している 現実はどうよ。
自分で規制緩和を訴えて実現した暁には自分が派 遣企業の会長になって、どんどん派遣する訳です ね。
ねっ!自分の都合や主義主張で、さも国家目線の ように活動して自分が、その実りを得る。
楽天社長の薬のネット販売規制緩和もそうですよ ね。
だから既得権益が悪いんじゃなくて、お互いに相 手の既得権を非難しあっているだけのこと。
それに対して「既得権益を打破する会」っておか しくないか。
何かを規制緩和すれば、それのおかげ で利益を 得る団体があるわけですよね。
その裏では負け組みが発生して極貧になってい く。
競争を激化させて淘汰して強者はかなり潤い、弱 者は、さらなる極貧に向かう。
これが競争激化と所得格差を拡大すると懸念され ている。
競争激化で何が起きるかと言えば底辺への競争で す。
つまり、低価格競争になるからコストカット、リ ストラが極度に進みます。
こんな事が今のデフレ日本でやるべきことでしょ うか。
さらに物価を下げる競争を激化させるのだからデ フレ圧力が晒される。
だって今、安倍政権がやろうとしている所得増 加、雇用増加、デフレ脱却のすべてに反する事で すよね。
コストカットやリストラで所得は減るし雇用も減 るし低価格競争で物価も下がる。
国民にとって幸 せの方向でしょうかね。
違うよね。
「ハイパー小泉・竹中」のような新党には期待で きない。
それどころか反対したいね。
やれ自由主義だとか貿易や商売の自由化とかグ ローバル化だとかに踊りすぎ。
あっ、グローバル化の話をしてなかった。
国内の規制緩和で国内で競争激化するだろうが、 これが国際企業どうしてやりあえば国家どうして 低価格競争に晒されるので結果は同じことです。
そもそも外国と競争するには強みだけで競争しな いとムリでしょう。
人件費や物価がそもそも差がありすぎるのだから 競争にならない産業もわんさかあるでしょう。
農業の減反政策や戸別所得補償は問題があるけど ね。
死んでる農地が金を生むのは、あきらかに問題だ よ。
他にもいろいろあるけど「既得権益を打破する 会」には大反対する。
「軍国主義にひた走る安倍政権」ってのも超スー パーおかしい話だ。
語るのもバカバカしいので、いずれ気が向いたら と言うことで・・・。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-12-12 00:13 | 時事ネタ | Comments(0)