ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

●メディアの煽りと恣意性-慰安婦報告書非開示にはなぜ沈黙するのか

●メディアの煽りと恣意性-慰安婦報告書非開示にはなぜ沈黙するのか
戦前の新聞はかつてこのようにして国民感情をあおり立て、戦争へと突き進ませたのではないか-。安全保障に関する秘密を漏らした公務員らの罰則を強化した特定秘密保護法に反対する一部メディアの異様な報道ぶりに、そんな不気味さと息苦しさを感じている。
 「朝日新聞は戦前はあれだけ戦争をけしかけ、戦後はサンフランシスコ講和条約、日米安全保障条約、自衛隊の海外派遣に反対した。日本は戦後、全部朝日の考えと反対をやってうまくいってきた。これだけ反対されると、逆に政府は正しいと確信が持てる」
 外務省幹部は皮肉混じりにこう指摘し、一連の報道のあり方に「異常で理不尽だ」と憤る。特定秘密保護法の成立によって変わることといえば、「米国相手にぎりぎりと交渉する際などに、軍事情報や衛生写真を少しもらいやすくなる」ことぐらいなのだという。
 実際、同法に相当する法律は米、英、独、仏…と主要各国にあり、日本が突出しているわけではない。
 「秘密が際限なく広がる、知る権利が奪われる、通常の生活が脅かされるといったことは断じてない」
安倍晋三首相はこう強調し、担当の森雅子消費者担当相も「一般の人が特定秘密と知らずに情報に接したり、内容を知ろうとしたりしても処罰の対象にはならない」と明言している。
 つまり、スパイか工作員かテロリストでなければ、この法律は日常生活にも表現活動にも影響しない。にもかかわらず、成立翌日の7日の各紙社説は、まるで開戦前夜のようにおどろおどろしく書いたのだった。
 「憲法の根幹である国民主権と三権分立を揺るがす事態だ」(朝日)
 「民主主義を否定し、言論統制や人権侵害につながる法律」(毎日)
 「われわれは奴隷となることを拒否する」(東京)
 もちろん、メディアが政治や行政を監視し、問題点を指摘するのは当然だし、新聞がそれぞれの主張に基づき論陣を張ることも必要だろう。また、現在の情報公開制度が不十分である点は、もっと真(しん)摯(し)に再検討されてしかるべきである。
 ただ、「この法律では行政が特定秘密を恣(し)意(い)的(てき)に指定できる」(日経)といった批判には「何を今さら」という感想を抱く。これまでも、行政は(1)国の安全、諸外国との信頼関係を害する(2)公共の安全、秩序維持に支障を及ぼす-などと判断した情報について、一方的に「不開示」としてきたからである。
現状の恣意性と曖昧さは甘んじて受け入れ、今回の法律だけは許せないというのでは説得力に欠ける。
 11月26日の衆院国家安全保障特別委員会でのことだ。日本維新の会の山田宏氏は、河野談話の根拠となった韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査結果が、特定秘密にも当たらないのに「不開示」とされている問題でこう問いただした。
 「特定秘密以外の秘密で、永遠に国民の目に触れないものはかなりある。特定秘密よりひどい。日本の名誉がかかっている。こういう不明朗なものがあるのは、非常に問題だ」
 この重要な指摘にメディアは一切反応しなかった。こんな報道の恣意性こそが、国民の不信を招いている。

(記事ここまで)
「不気味さと息苦しさを感じている。」
「これだけ反対されると、逆に政府は正しいと確信が持てる」
「秘密が際限なく広がる、知る権利が奪われる、通常の生活が脅かされるといったことは断じてない」
「つまり、スパイか工作員かテロリストでなければ、この法律は日常生活にも表現活動にも影響しない。」
メディアによる誘導(煽り)の方、報道の異常さが問題ですね。
最後の1行にもあるが、特定秘密保護法案の恣意性よりもメディアの報道の恣意性の方が現在の日本においては大問題だと思いますね。
最近の日本人はメディアの報道を鵜呑みにする傾向が強くなったのかな。
周囲の人との話や街頭インタビューとか見ていて、そう思える。
街頭インタビューは顕著に表れます。
この手のよく聞くフレーズを見れば「あ~」って思うもの。
「国の借金が」「右傾化だ」「軍国主義にひた走る」「知る権利が」「人権が」「報道の自由が」「借金が~だから増税やむなし」「将来世代へのツケが」「バス(TPP)に乗り遅れるな」「グローバル化しないと」「規制緩和しないと」「少子化で人口減だから成長しない」「人口減だからデフレ」とまあ挙げるとキリがない。
INPUT⇒PROCESS⇒OUTPUTではなく、INPUT⇒OUTPUTです。
ここで言うINPUTは報道、OUTPUTはインタビューでの発言となります。
要はPROCESSとして自分で考える事や調べる事が抜けている。
今回の特定秘密保護法案によるドタバタは日本国民の悪さが浮き彫りにしたような気がします。
報道で流れる映像と発言、ネットに流れる新聞社のニュース、大手新聞だけを媒体としている感じ。
見るなとは言いません。
上記の3つなんて悪意がある場合もありますよ。
今年で言えば、「実質成長率がプラス成長したから増税しろ」ですかね。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-12-16 01:11 | 時事ネタ