ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

●来年度成長率は実質1.3%,名目は3.3%で、税収50兆円超へ

●来年度成長率は実質1.3%,名目は3.3%で、税収50兆円超へ
政府が来年度の経済成長率見通しについて、物価変動を除く実質で1・3%、物価変動を反映し家計の実感に近い名目で3・3%とすることで、最終調整していることが15日、分かった。これによって来年度の国の一般会計税収も50兆円を上回ることになる。
 内閣府は今年8月の「年央試算」で、今年度の成長率を実質2・8%、名目2・6%とし、来年度見通しは実質1・0%、名目3・1%とした。来年度の実質が今年度よりも大きく落ち込むのは、来年4月の消費税率引き上げに伴い、それまでの駆け込み需要の反動減で景気減速が見込まれたためだ。しかし、今月5日にまとめた5兆5千億円の経済政策で、落ち込みを抑制できるとして8月時点の見通しからは上方修正する。
 税収見通しは名目成長率をもとに算出する。来年度の名目成長率が今年度よりも高まることで、所得税や法人税の自然増収が見込まれる。さらに税率引き上げによって消費税の税収が4兆円超増える。このため、現時点で45兆4千億円とされている今年度税収見通しが、来年度は5兆円程度膨れあがるとみられる。
 税収が50兆円を超えれば、リーマン・ショック前の平成19年度実績の51兆円以来となる。
 税収見通しが増えることで、与党や関係省庁からは公共事業の拡大や診療報酬引き上げなど歳出拡大圧力が強まることになる。政府は24日の閣議決定に向けて、来年度予算案の最終的な編成作業を進める。

(記事ここまで)
来年度未通し実質で1・3%、名目で3・3%と言うことは物価2%が実現できると踏んだのでしょうね。
今年8月の「年央試算」で、今年度の成長率を実質2・8%、名目2・6%と言う事は物価はマイナスだと言う事なので、まだまだ物価下落でデフレだったと言いたいのね。
だったら増税ブレーキを踏まずに経済対策というアクセルだけ踏めばいいのに。
何も増税で増える税収4兆円に期待しなくてもいいじゃない。
増税により税収増は翌年には激減しますよね。
5%に増税した時の例で言えば、そうなります。
また、翌年には10%に引き上げられるんだから、また経済対策として同額以上が必要になるんでしょ。
なぜアクセルとブレーキを同時に踏むのかわかりません。
今はアクセルだけ踏んで、中小企業の景況も好転してきて落ち着いたらインフレ対策としてブレーキを少しずつ踏め。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-12-16 22:23 | 時事ネタ