ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

憲法解釈の見直しの判断について「 私が最高責任者 」

●安倍首相、憲法解釈の見直しの判断について「 私が最高責任者 」
安倍首相は、12 日の衆議院予算委員会で、憲法解釈の見直しによる集団的自衛権の行使容認にあらためて意欲を示すとともに、解釈見直しの判断については、自身が「 最高責任者だ 」と強調した。
民主党の大串議員が「 ( 憲法の )解釈の変更によって、集団的自衛権の行使が認められるというふうに政府として答弁したことはありますか」とただすと、横畠内閣法制次長は「政府の答弁は、承知しておりません 」と述べた。
安倍首相は「 今のこの情勢の変化の中において、もう一度、それをよく考えてみる必要があると 」、「 最高の責任者は私です。私が責任者であって、政府の答弁に対しても、私が責任を持って、そのうえにおいて、私たちは、選挙で国民から審判を受けるんですよ。審判を受けるのは、法制局長官ではないんです 」と述べた。
安倍首相は、憲法解釈の見直しによる集団的自衛権の行使容認にあらためて意欲を示したうえで、憲法解釈見直しの判断の最終責任は、内閣法制局ではなく、自身にあると強調した。

(記事ここまで)
国会でのやり取りを見ましたが!
民主党は答弁を内閣法制局の次長に求めてばっかりでしたね。
安倍総理の言う通り責任者は総理な訳です。
そして、その信認は次期選挙で判断されるんですよ。
当然、国民がノーと言えば落選させればいい。
それが選挙でしょ。
内閣法制局次長は選挙で責任を取らされる立場ではありません。
なのに答弁を次長に執拗に求める民主党は滑稽だ。
ついでにテレビ朝日は「安倍総理が”キレた”」と報じた。
報道ステーションでも、さもキレた瞬間だけを映して前後のやり取りを短く見せてました。
酷いもんだ。
この番組も解説委員と称して朝日新聞社の人間のみ採用するあたり公平じゃないよね。
同じ考えの人同士で同意を求め合うだけの報道ですから偏っている。
話を戻すが、民主党は単なる反政府なだけですかね。
国民のために行動するのではなく反政府のために行動する政党だって事だ。
変わらね~な。
[PR]
by thkflyfisher | 2014-02-16 21:39 | 時事ネタ