ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

時事ネタの小ネタ集

yahooニュースのタイトル3つ

・安保法制、女性週刊誌も特集 「韓流スター以上の反応」
・怒れる女子デモ:赤いTシャツ500人 安保法案反対で
・「戦争いや」女性たち結集 安保法制に抗議、各地で声

この手の記事って、どこの配信記事なのかって
朝日と毎日だけなんですね。
女性が「安保反対」だと主張していると言う記事が目についただけで
全て朝日か毎日って笑うしかない。
正直、「だろうな」と思う。
一つ目のタイトル見て、配信元が朝日
「だろうな」
二つ目のタイトル見て、配信元が毎日
「だろうな」
三つ目のタイトル見て、配信元が朝日
「だろうな」

記事によると「相当根深い国民の不安がある」と実感するんだってさ。
民主党と一緒に不安を煽っておいてさ。
そして何が不安なのかって「徴兵制がいつか導入されるのでは・・・と懸念する声の多さが特に目立つという」なんだとさ。

はぁ~?
憲法18条
「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。」
つまり、徴兵制は「意に反する苦役」にあたる。
だから国会で民主党議員が「徴兵制」に関する質問に安倍総理が「ありえない」と半笑いで答えるのは当然ですよね。
私だって笑いながら「ありえね~!!」って独り言言うよ。


これにより徴兵制を導入するとは憲法18条を改憲しなければいけない。
そのためには、その前に憲法96条
「憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする。」
これをクリアしなければいけない訳ですよね。
よく読んでみてよ。
「国民に提案してその承認を経なければならない」
「承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする」
ですよ。
それにしても、ある意味、女性をバカにしているような記事に思えてしまうのは私だけでしょうか。


それと民主党の岡田代表
「憲法解釈を勝手に閣議決定した前例を作ったのが問題だっ」と主張する。
はぁ~?
吉田茂
1946年の国会で「日本は憲法第9条で、自衛のための軍備と自衛戦争の両方を放棄した」と答弁した。
終戦の翌年の出来事です。
笑えるのが、この答弁に対して、当時の日本共産党議員が
「自衛戦争は放棄しておらず、侵略戦争だけを放棄したと解釈すべきだ」
と発言する訳ですよ。
今からじゃ考えられないごもっともな主張です。
不思議でしょ。
ところが、その吉田茂は1950年に朝鮮戦争が始まると「第9条は自衛権を放棄していない」と、憲法解釈を一転させ、警察予備隊を作り、これが現在の自衛隊な訳ですよ。
こんな大転換で決まった解釈は認めていて、今回の解釈変更は認めないっておかしいでしょう。
なぜこのように憲法解釈で方針が変わっていくのかって話です。
よく聞きませんか?
「立憲主義を無視するのか?」って民主党議員の叫び。
立憲主義には成文法と不文法があって、成文法では絶対に時代に合わなくなり古いまま取り残されるために解釈による変更があたりまえ。日本の憲法は、成文法です。
だからイギリス、アメリカは不文法なんです。
この両国には成文憲法は存在しない。
日本の憲法は見事に時代に取り残されてますよね。
先進国で憲法を変更していない国は日本だけですからね。
しかもGHQ押し付けの自国で策定したものじゃないのにです。

だから岡田さん、前例はあるんだよ。
しかも、かなり強力な大転換の前例でしょ。
そして岡田さん、以前の国会で「総理、なぜ靖国に参拝なんかしたんですか!!」「韓国と話ができないじゃないですか」だって。
韓国と話すために日本の総理が譲歩しなければいけないの?
それも自国の神社に。
日本人として戦った朝鮮人も祀られています。
中には日本人兵士の上官として戦った朝鮮人も居ます。
ま~、岡田さん、どこの国の政治家ですか?
岡田さんに限らず、民主党全体ですが、「どこの国の政治家ですか?」
どこの国を援護(擁護)しているんですか?
もう止まらないので、もうひとつ
「日本が米国の戦争に巻き込まれる~」って主張する人達。
あのな~、巻き込まれるのは米国なんだよ。
日本と対峙する相手と言ったらどこの国を想定しますか?
その国は米国と戦う必要ありますか?
米国はその国と戦う必要ありますか?
ですよね~、本来、日本が自分の力で解決しなければいけないんだよ。
今の時代、1国で全てを対処するのは負担も大きいから集団的自衛権を行使する訳ですよね。
戦争は命の負担も費用の負担も大きくなっているから考えの異なる国からの侵略には同盟国で対処するのが世界の標準だ。


それにしても当時の共産党の「自衛戦争は放棄しておらず、侵略戦争だけを放棄したと解釈すべきだ」は強烈です。
だって「侵略戦争だけを放棄」ですよ。
つまり個別的自衛権も集団的自衛権も認めていた訳だよね。
現在の共産党とは、かなり違いませんか?
[PR]
by thkflyfisher | 2015-08-10 21:48 | 時事ネタ | Comments(0)