ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

長期金利が最低更新 0.190%に思う

長期金利が最低更新 0.190%、リスク回避強まる

金融市場で投資リスクを避ける「質への逃避」が加速している。14日の東京市場では日経平均株価が前日終値に比べ700円強下がって一時1万7000円を割り込むなど大幅に反落する一方、安全資産とされる債券を買う動きが強まり、日本の長期金利は過去最低の0.190%まで低下した。原油安や中国経済の減速など先行きへの懸念も投資家のリスク回避を促している。
長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは一時、前日比0.015%低い(債券価格は高い)0.190%を付けた。これまで過去最低だった昨年1月20日の0.195%を約1年ぶりに下回った。

 長期金利が0.2%を下回るのは、世界的に見ても歴史的に見ても異例の状況だ。20世紀の終盤まで長年にわたって世界史上最低とされてきたのは1619年イタリア・ジェノバで記録した1.125%だった。日本の長期金利は1990年代後半にこの水準を突破し、歴史上類を見ない低金利時代に突入した。
 
ここへ来て金利が低下している米国は2%台、ドイツは0.5%台で、欧米と比べても日本の低金利は際立っている。主要国で日本より金利が低いのは長期金利もマイナスに落ち込んでいるスイスだけだ。


(記事ここまで)
日本は株価が下がると円高傾向になる。
そして中国経済の失速や韓国経済の低迷、そんな折の米国の利上げときた。
米国の利上げ前から中国経済は失速してましたが、米国の利上げがダブルパンチとなった。
米国の利上げって事は利ザヤを稼げるから新興国通貨を売りドル買いになる。
当然売られた新興国通貨は通貨安になりますね。
中国は外貨準備のドルを切り崩し元を買い支える必要があるため外貨準備のドルが目減りする一方です。
中国主導のAIIBの裏付け資金にもなるはずのアテが外れまくります。
AIIBの債権の格付けが「なし」となる見込みです。
国際金融機関で格付けなしとは世界初でしょう。
というかあり得ない。
格付けなしとは、言ってしまえばジャンク債って事でしょ。
ジャンク債扱いなのにどうやって資金を集めるんでしょうね。
韓国も日本との通貨スワップの話が浮上してきているとのこと。
こっちもヤバいんでしょう。
自分たちから日本との通貨スワップはいらないと言って期限延長せず停止していますよ。
過去をたどれば「日本の通貨スワップは遅すぎて役に立たなかった」だの聞こえてきてましたよね。
なのにまた通貨スワップの話って、あり得ないでしょ。
回復すれば、また非難してくるのが目に見えてます。
そもそもウォンとスワップ協定結ぶメリットは日本には存在しない。
ローカル通貨のウォンと国際決済に使用できる円を融通しあるメリットはないよね。
こんな世界経済情勢でリスク回避の安全資産として日本の国債に需要が集まるのは当然でしょう。
よって、金利が0.2%を切ってしまった。
0.19%ですってよ。
これまたあり得ない数字でしょう。
米国の2%くらいが健全な値でしょうね。
ま~金融緩和で日銀が買い続けているって事情もあるでしょう。
でもそろそろ日銀も国債を買い続けるのも限界が近いはず。
市場に買える日本国債の量が減ってきていると思う。
金融緩和の限界に達する前に完全雇用(失業率0%って意味じゃないですよ)に持っていかないといけません。
実質賃金が下がっているのは緩和による物価上昇もあるでしょうが、完全雇用に達しても緩和が少しでも継続できれば実質賃金が上がりだすでしょうね。
そうなれば企業も人材の取り合いのため報酬を引き上げるしかないから、ここから賃金が上昇していくもんだ。
民主党政権時代の実質賃金の上昇は失業者を無視(失業率が下がらないから)し金融緩和せず引き締めていたからであって、実質賃金を引き上げるには緩和して完全失業率を引き下げてから緩和継続を続ける必要があった。
だから民主党政権はダメだったんだ。
どうも最近、民主党時代は実質賃金が高かった事を自慢しているようだけど、逆だよ。
二度と民主党に政権をゆだねるつもりはない。
通貨防衛のための政府が介入する額を漏らす財務大臣も居たよね。
格付けが引き下げられた時に格付けの事はわかりませんと言い放った首相も居たよね。
ま~ありえない政権でした。
それに比べて現政権のほうがマシですよ。

話を戻しますが、ここ数年、金利の低さでは日本、ドイツ、スイスが、常でした。
ここにきても、変わらずです。
そして日本国債の増刷を減らすと決めてたはずですが、市場の状況は欲しているんです。
まさしくデフレ状態のままって話でしょう。
他に投資先がないから国債に資金を回すしかなくなっているんだから。
政府がやるべきは国債の新規発行の増加と資金を回す先の需要創出しかないでしょう。
民間企業で投資が進まない(需要がないから当然ですが)状況で需要を作れるのは政府しかない訳です。
昨年の常総市、宮城県の河川の決壊を見れば防災対策として支出できるはず。
そしてオリンピックもある。
東北の復興もまだまだだし。
災害時などの回避ルートとしての北陸方面の新幹線の関西延伸や高速道路の整備も必要でしょう。
耐用年数を経過経過した首都高や橋梁、トンネルもです。
こうゆう事は平時に行っておく必要がある訳で、これを無駄な事業だというのは防災や地方を無視しているとしか思えない。
新規国債で資金を賄い需要を作り完全雇用を目指し、実質賃金上昇とインフレ経済を実現すべきだと思いますよ。
防災対策の設備なんて平時は無駄なものもあるでしょう。
それを切り捨てるのは安全保障の観点が欠落しているだけの話です。
仕事だって無駄なくカツカツで仕事していたら、トラブルに対処する余裕がなくなるのと一緒だ。

と思った記事でした。
[PR]
by thkflyfisher | 2016-01-17 02:05 | 時事ネタ | Comments(0)