ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

「農家のためにならないのならいらない」だってさ

■自民・小泉氏「農林中金いらない」 融資姿勢を批判

自民党の小泉進次郎農林部会長は14日、農林中央金庫について「融資のうち農業に回っている金額は0.1%しかない。農家のためにならないのならいらない」と、融資姿勢を批判した。

 党の農林関係会合の終了後に記者団に話した。農林中金は全国の地域農協を通じて農家からお金を集めており、2014年度末時点の資金量は93.6兆円とメガバンクに匹敵する規模だ。

 資金の5割以上は有価証券などで運用しており、貸出残高は19.9兆円、うち農家への貸出残高は234億円にとどまっている。小泉氏は「年間の国家予算に匹敵する額が農業のために使われないのなら、他の金融機関が運用した方がいい」と話した。

 一方、全国農業協同組合中央会(JA全中)の奥野長衛会長は14日の記者会見で「農家が新しい投資意欲を持てるように農業構造を転換していく必要がある」としながらも、「農家への融資は現場のJAなどが行っている」と反論。「機会があれば小泉氏に会って話したい」と述べた。



(記事ここまで)
なんでしょうね。
農林中金、JA共済が黒字すぎるとでも言いたいのでしょうか。
その利益を農業融資に使わないならいらないとね。
農林中金、JA共済が自分達だけのために黒字をため込んで融資もしていないってなら、その通りかもしれません。
でもさ~違うでしょ。
この黒字は農協の本来の機能としての役割に使われる。
農協は農家への飼料や農薬、農産物の販売や販路開拓をやってますが、これだけでは赤字でしょうね。
この業務内容で黒字を出そうとすれば農家は経費が高すぎて農業を営めない。
この赤字は農林中金、JA共済の黒字分で補われる訳でしょ。
必要な赤字部門を金融事業の黒字で賄うから成り立つ。
これを要らないと言うなら農協は飼料、農薬、販売、販路開拓、農家への指導や相談作業の提供料金を高くするしかない。
当然、農家の経費は高くなるから国内の農業人口は減り供給量も減る。
こうならないようにした仕組みが農協であり農林中金、JA共済です。
これが食料安全保障と言うんじゃないの。
農林中金、JA共済だけを見て「要らない」と言うのは視野が超狭いとしか思えない。

話は反れますが、電力の発送電分離だって似ている。
発電の利益で送電網の維持ができている。
分離したら送電網だけの事業で利益を出せるだけ料金を引き上げないと維持できないのだから、当然、電気料金にのしかかってくるでしょうから、各家庭の電気料金は高くなることでしょう。
競争原理を入れて価格競争で安く提供と言っても原価割れではビジネスとして成り立たない。
なのでいづれ、電気事業に参入した企業は全体的に引き上げるしかないと思います。
または、安くして、他の事業を黒字を出して補うしかないので、他の事業の方の料金が上がるはず。
例えばガス会社が電力事業に参入したとしてガス料金を引き上げて電気料金は他の参入企業と同等か安く提供しようとする。
これをやらない場合、設備のメンテ費用を削減して事故を起こす事になると思いませんか。
トンネル崩落事故だって、バスの労働環境だって費用を抑止するために何かを犠牲にしてきた結果発生した事故でしょ。
これが電力でもガス会社でも起き得る。

話を戻すと農業だって赤字を垂れ流す事はできなくなりますよね。
株式参入してきた日には株主は利益を求めるのだからツケはどこかに大きな問題として発生するでしょう。
また、農協関連は過疎が進む地方の高齢者にも赤字覚悟でサービスを提供している訳ですから。
スーパーもコンビニも無い地方の農村に住む高齢者のために農協施設内にちょっとしたコンビニのような小さいスーパーのような店舗だってあるんです。
老人が車運転して他の地域に買い物に行けるならいいのでしょうが、それができない老人は農協に頼ってきていた。
おそらくこの辺の事業が真っ先に切り捨てられる事でしょう。
地方に老人が暮らせないことになるね。

そして小泉進次郎農林部会長とやらは「強い農業」を目指すんだそうです。
スローガンでしょうか。
単なる目標でしょうか。
どちらにしても具体性がありません。
なんでしょう強い農業って・・・。
海外に販売できて海外からの需要が高い農産物を作りまくることでしょうか。
国内の食料安全保障はどうするんでしょうか。
すべて海外からの農産物輸入に頼り、国内で作った高級農産物は海外に販売し、国内の国民が食べる安価で安全な食料はどこで作るんでしょうか。
そして誰が国内向けの農業指導、品質管理、販路開拓をやるんでしょうか。
農家がすべてやるんでしょうか。
まったく見えないスローガンです。
[PR]
by thkflyfisher | 2016-01-23 00:17 | 時事ネタ | Comments(0)