ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

ちょっとだけ釣りを・・・

最近、釣りにかける時間が減ってきたように思う。よって近場で釣果が期待できる場所を探しに行くことにした。ロッドを持って行くと釣りを始めてしまいそうで・・・。今後の渓流人生を左右する釣り場探しとなるため、ロッドは置いて行こうと釣友と決めた。天気は、あいにくのどんよりとした曇り空で時折、小雨が混じる空具合だった。近場とは30分~40分で行ける場所と考えて一番近くの山を水源とする流れを地図上から探す。脇道を見つけると進入して行く。山道に入るたびに思うが、人とは恐ろしい程、奥地まで住んでいるもんだと痛感した。車1台しか通れないような山間部でも家が点在しているのだ。気にせず疾走すると渓流の音が耳に飛び込んでくる。音を頼りに進むとそこは「私有地につき立ち入り禁止」の立て看板が目についた。「ダメだ~」すぐそこに渓流が流れているのに・・・。場所を変えてもう一つの脇道を入って見る。「う~ん!これ以上は車で行くのはヤバそうだ。」と空き地に車を止め歩き出す。そこは鬱蒼とした森の中で、暗い感じがした。とりあえず渓流の音を頼りに進む。しかし、流れが細すぎた。残念!車に戻り地図とにらめっこする。発見!!「ここいいじゃん」と言う事で移動開始する。目的地に到着し車から降りて川を覗いて見る。「お~いるいる。いるじゃん」「すげ~」「こんな所にもいるんだ~」はやる心を抑えながら「まず飯とティータイムとすんべし」と余裕を見せる。河原にトレッキングマットを敷き、コーヒーの準備をする。a0028803_1318289.jpga0028803_14301512.jpg





a0028803_14302594.jpg

















今日は、エスプレッソメーカーを持ち込んだ。ストーブにのせ点火する。すると「コォーコォコォコォ~」と音を立てて濃いコーヒーが抽出される。シェラカップに注ぎ一口、「ん~濃い~」その後友人にも(友人は濃いのはキライらしい)味見程度にと思いもう一杯作る。また「コォ」となりだした瞬間にフタを開けて見せた。「ほら、濃い~のが出てる出てる」すると抽出が終わる瞬間に30cm四方に熱いコーヒーが噴出した。とっさに奇声とともに足をよけた。それを見た友人は、その姿を見て大笑い!「ちきしょ~」まぁ~いいさ。実は私は、フライロッドは持ってこなかったが、餌釣り用の竿と1mほどのバッキングラインと0.8号のテグス、フライボックスを持ってきた。友人に「あっきたね~」となじられながらも「だってウジャウジャ居たら試したくなるじゃん」と言い訳をして竿を出す。陸から狙えるポイントは2箇所あった。ウェーダーは持ってきていないため陸からの釣りである。1箇所目は魚がいるがダメだった。2箇所目は第1投から水面を割って魚が出た。「パシャッ!」しかし、餌釣り用の竿だったためアワセのタイミングがダメだったのかしっかり食いついていないのかはわからないがフライは宙を舞った。その後も何度かアタックがあった。しかし、結果は同じ・・・。でも本日の目的は完璧に達した。30分で釣行できて魚がいる。めでたしめでたし。禁漁まで残り少ない期間をこの川ですごす事になるであろう。1回くらいはメジャー河川にも・・・。
[PR]
by thkflyfisher | 2004-08-30 13:17 | 釣り日誌編