ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

カテゴリ:釣り日誌編( 27 )

前回はヤマメ狙いの釣行でした。

今回はイワナ狙いで源流域へ出かけました。

源流域は倒木が多くて釣りずらいは、歩きずらいはで、足に軽くきてます。

天気は午前中しかもたない予報でしたが、本格的に降る頃には納竿してましたから

セーフでした。

軽く小雨状態の時点で撤収してたので・・・。

a0028803_21483138.jpg


こんな倒木を何本も何本も乗り越え、岩を高巻きして乗り越えての源流釣りだったので結構ハードです。

a0028803_21501157.jpg


数匹のイワナが釣れたのでGood

ただね、水量が雪代の影響かな~、多かったため流が速いポイントが多くて、イワナには不向きな状態でしたが、緩い流の岩陰や底石付近からは、元気にアタックして釣れてくれました。

さ~、これでヤマメもイワナも制覇したので、ウォーミングアップは完璧です。
次回はメインターゲットとなる巨大ニジマス狙いの釣行になるでしょう。

でも息抜きに源流域のイワナに逢いに来る事でしょう。

その時はよろしく、癒してくださいと言いたい。

さ~、こっからのタイイングは巨大ニジマス用がメインになりますよ~。

ウッシ!
[PR]
by thkflyfisher | 2014-05-06 21:55 | 釣り日誌編
やっと今年の初釣行です。

前日までに追加でタイイング
(写真は暗い中でスマホ撮影のためピントも甘くボケてますが・・・)

a0028803_1181544.jpg
a0028803_1183663.jpg


そんで釣友と6時に待ち合わせ。
途中、コンビニで腹ごしらえしたりで、なんだかんだで8時くらいから釣り開始
今日はめずらしく私たち以外の釣り人が見当たりません。
こんな日もあるもんだ!

a0028803_1222444.jpg


前半の2時間は全く反応なし!
魚影も見えず・・・
「うわ~、ボウズか~、今日は。」

ところが10時を過ぎたあたりからライズが始まり、昆虫類も飛び回り、状況は好転してきます。

しかし、今日のヤマメは渋い・・・渋い。

ライズしてるのはユスリカに対してのようで、私はカゲロウに近い感じのブラウン系のフライでした。
でもね~、ユスリカのフライも準備してあるのですが、見えずらく、目も疲れるので魚がユスリカからカゲロウ系に反応するのを待ちつつ釣り上がります。

a0028803_1275248.jpg


シビアな状況ながら、本日の最大は、この23cmの山女魚でした。
目つきが良い感じでしょ。
フライもガッチリと口角にフッキングしてますし。

初釣行としては上出来でしょ。(ボウズじゃないので)

結局、飯も食べずに夕方4時半まで釣りしてましたから8時間半です。
正直、渓流の不安定な石や流れに抵抗して釣り上がる時間として長かった。
足の裏が疲労で痛い(笑)

でも天気も良く、気温も高め(ちょっと暑かった)で釣り日和な一日でした。

さ~て、来週からはGW返上で仕事です。
土日も、どちらかは出勤の見込みです。

今年はなんて年だろう。
年末年始も出張で潰れ、期待のGWも潰れそうです。

またフライタイイングで紛らわすしかないです。
[PR]
by thkflyfisher | 2014-04-26 23:15 | 釣り日誌編
今日、釣りに行ってきました。

釣友と二人での釣行です。

私はいつもレベルのサイズばかりの釣果だったんですが。

やられました。

釣友にビッグサイズのレインボーが・・・

a0028803_0211625.jpg


デカいでしょ?

一緒に写っているロッドと比べてみてください。

ハイ、45cmの大物レインボーです。

いやいや、今日行った場所のひとつのポイントに6匹くらいの40cmオーバーが居た。

しかし、喰いが渋い。

ドライも無視、沈めるニンフも無視でした。

そんな中、ちょっと食い気をおこした一匹が釣友のフライに食いついた形です。

ぐ~!

ぐやじー

今年の釣りも今月一杯で禁漁です。

一部、11月までってのもありますが・・・

釣友のウェーダーにトラブルがあり、浸水が止まりません。

私はウェーディングシューズのソールが先週の釣りではがれてしまったままです。

なので今年の釣りは本日で釣りおさめとなります。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-09-29 00:26 | 釣り日誌編
a0028803_23172919.jpg


今日はイブニング狙いで15時くらいから・・・
と言いながら実際に釣りを開始できたのは16時でした。
なぜかって?

まだまだ増水してまして、なかなか川を遡行するのも横切るのも厳しい状況だったのよ。

そもそも川に入る場所すら入ったは良いが上流に上がって行けないとかで右往左往。

でもね、そんな中でもアタックもありましたし、チェイスもありました。

ライズもありました。

釣友はデカい魚もヒットしたのですが、ランディングに手間取り逃げられてしまいました。

30cmオーバー(40近い)のニジマスも5匹くらい泳いでいる姿も見えました。

しかし、増水で川に降りる場所が見つからず。

下流側から川に入って上ってこようと思いましたが水量に阻まれて見えるニジマスに到達できず。

今回はイブニング狙いで18:30くらいまで釣りしてましたが、そのタイムアップ直後に
川に降りる場所を見つけてしまった。

もう暗くなってきているので釣りできないのに、いい場所を発見して「ガックシ」です。

でもね、次回は完璧だと思うよ。

国土交通省が設置している水位センサーでは0.38m
平時で0.25mらしいので、もう少しの我慢です。

次回に期待して今回は久々のボウズとあいなりました。

テヘヘ。

しかし、少しでも増水していると歩く時の水圧がすごい。
ちょっとビビった場所もありましたからね。

あっそうそう、言い忘れましたが、最初に川に入ろうと決めていた場所の砂地に

まぎれもなく熊の足跡がございまして、それも増水の水が引いてからの足跡なので

とても新しい足跡なので・・・ちょっとヤバイよね。

もちろん場所を移動しましたけどね。

居るよ「熊さん」
[PR]
by thkflyfisher | 2013-07-21 23:33 | 釣り日誌編
先日、フライをタイイングして14日、釣りに出撃しました。

今回は本流での大物狙いなので、それ用のタックルのみ持って出発!

ちなみにロッドは#5ロッドのウェット用にスローアクションのカプラスをチョイス。

そんで行く途中の橋から目的の川の下流部が見れるんですが

増水、濁流、カフェオレ状態

いや、でもね。

ダムの上流なら大丈夫じゃないかと超淡い期待を抱いて走り続けました。

目的地に到着!!

ガーン、案の定・・・

a0028803_171427100.jpg


増水、濁流、カフェオレ・・・

写真ではよく色がわかりませんが、カフェオレ・・・カフェオレ、カフェオレ。

グダグダと次回に向けて下見して回りました。

雨も降ってきてますが、下見、下見。

そんで、むなしくも帰りました。

帰りは、途中でファミレスに寄りました。

食事が目的だと思うでしょ。

ま~それもあるけど。

ドリンクバーを注文して、カフェオレを飲んでやりましたよ。

釣友なんぞ2杯も飲んで恨みを晴らしてました。

私も普段、カフェオレは飲みませんけど、今回は飲んだ。

あんだけカフェオレを見てしまっては・・・

次回こそはリベンジ。

増水が止むのはいつ頃だろうか。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-07-15 17:22 | 釣り日誌編
いやー久々に爆釣の釣行でした。

もう、ここと思うポイントからかなりの確率でフライに食いついてくる訳ですよ。

a0028803_23551191.jpg
a0028803_23552099.jpg
a0028803_23552943.jpg


今回はすべて天然イワナです。

最初の写真のイワナだけ若干ですが斑点模様が異なっています。

なかなかイイ感じのイワナです。

前回の釣行ではヤマメのみでしたので今回はイワナ狙い。

それぞれ引き味が個性ありますが、それぞれ楽しいもんだ。

本日、7時間釣りっぱなし。

結構、疲れました。。。

やっぱり常に石や岩を乗り越えたり水流に耐えながら川を渡ったり、時に藪をかき分けて高巻きしたりと渓流釣りは楽しい反面、翌日に軽い筋肉痛になります。

明日の日曜日は登山です。

体力的に厳しい週末だ!
[PR]
by thkflyfisher | 2013-05-28 00:00 | 釣り日誌編
とうとうGWがスタートしましたね。

初日は何をやりましたか?

私はコレです。

a0028803_0213950.jpg


フライフィッシングでさ~

今年最初の釣行でした。

そんで今年の最初の1匹は

a0028803_0224287.jpg


山女魚(ヤマメ)です。

「美女」って感じでしょ。
[PR]
by thkflyfisher | 2013-04-28 00:23 | 釣り日誌編
a0028803_23565364.jpg


とりあえず釣果にも恵まれ今シーズンも終了ですね。

禁漁間際の2週連続の釣行でした。

a0028803_23584439.jpg


釣りのついでですが、山菜のミズがいっぱいありました。
これの茎を食べるのですが、茎の下の方の赤い部分はスリスリしてネバネバ系になります。

a0028803_004463.jpg


釣っていると雨がシトシト降ってきたのですが、かまわず見えるイワナにくぎ付けでした。
でもね、そのごはドシャ降り!
仕方なく納竿としました。
ところが車まで戻るとカンカン照りじゃないですか。
チキショー、最後の見えるイワナを仕留めたかったのに・・・

今シーズンの締めくくりは野外でコーヒーを頂いて釣友と乾杯!!

来年も渓流魚が育ってますように。
大きくなって私たちに釣られますように!
パンパンと!!
[PR]
by thkflyfisher | 2012-10-01 00:06 | 釣り日誌編
「熊にビビる おじさんフライフィッシャー」
9/22の8:00に釣友と待ち合わせ。
気温は低めで若干寒い感じでのスタートとなった。
今回の釣行は源流部、及び、中規模渓流(里川含む)の予定である。
タックルは6'6''#3のショートロッドを源流部用として、8'0''#4を中規模渓流と里川用に準備した。
今回は本流用の#5-#6ロッドは自宅待機です。
中小規模の渓流とは言え、40cm超も居るため、フライは18番のドライ〜6番のマドラミノーまで幅広く持って行く。

三陸側から岩手に入る。
もちろん気仙川沿いを走ります。
上流方面に向かうと流れの緩い場所では驚く程のライズが見られます。
かなり上流部に差し掛かったところで休憩、川に架かる木製の橋、橋と言っても人ひとりで渡るのがやっとです。
その場で上流側、下流側をしばし眺めていると魚影は沢山見られる。
下流側ではダポンっと大型のライズも見られる。
しかし、渇水気味だから釣るのは厳しい状況ですね。
さらに上流になる源流部まで走ってみたが、渇水が酷く断念した。
ここから峠を越えて遠野に入る。
渇水の状況を見るために下見をする。
早瀬川、小烏瀬川下流から中流、琴畑川、小烏瀬川上流、猿ヶ石川上流を見たが、平年よりは少な目であるが大丈夫そうだった。
そのまま実家に行き、荷物を置く。
母親が「今年は、熊が多いから気をつけろ」と言う。
毎年、帰省するが、毎年同じ事を言われる。
なので百も承知ですよ、母上。
お茶と漬物を食べて友人のショップへ行くことにした。
これ以上、熊談義で脅されては連れがビビッてしまうと思った訳よ。
そんで友人のショップに行くと、飾ってある魚の写真を指さし、「このデカイ魚を釣った人なんだけどさ」と何やらワケアリのような話出しで始まった。
概要を言うとだ、釣った人はいつもデカイのを釣ってくるらしいのだが、それは普通の人は分け入らない場所に行くからなのだそうだ。
具体的に場所も聞いたが、私はとてもじゃないけど「行きませんっ」と言うような場所でした。
ある日、その人(Aさんとしよう)は釣りをしていて熊に背中をガリっとやられて大怪我をしました。
ところが完治すると「な〜に、熊に遭う確立なんて宝くじみたいなもんさ」なんて言っていたそうです。
そして今年、とうとう行ってはいけない場所に踏み込んだようです。
釣りをしていたら対岸に小熊が居たんだと。
その小熊を追いかけるように母熊が視界に入ってきたらしいのだが、さすがにヤバイと思って後ずさりで非難しようとしたようです。
ところが静かに歩いていた母熊が、人の気配に気づき「ギロッ」っとAさんの方を見たそうです。
その途端、猛ダッシュで襲い掛かってきたらしく、顔に一撃を食らわされ・・・
目玉が吹っ飛び、顔の肉をエグられたそうです。
ヘリで医大に搬送され一命は取り留めたようですが、失明は逃れられません。
無いのだから。
また、この話をしているショップの友人の表現がリアルなことと言ったらない。
正直、「ギロッ」って私を見た時、ドキッとしてしまいました。

肝心の釣り情報ですが、源流部でもプールがあれば大型マドラーミノーにガバッとくるらしい。
なので源流のフライセレクトは小さいかデカいかの両極端がお勧めとのアドバイスを貰った。

ところが

翌日の釣りは朝4時起きで行きましたが、案の定、ビビリすぎ。
前日の土曜日に結構釣り人が入っていた事も影響してか、釣果は集中できずにいまひとつ。(笑)
釣れなかった訳ではありませんが、集中していないから何回逃げられたことか。

とにかくビビリ過ぎの一言でした。ハハハ



もちろん通常の熊対策はやりましたよ。
・到着したら車のクラクション鳴らす。
・釣り支度中は車の窓を開けて音楽をガンガン鳴らす。
・タバコの煙を流す。
・熊鈴も響きが良いものに交換して藪を歩く場合は鳴らし、川が近づいたら鳴らないようにする。
[PR]
by thkflyfisher | 2012-09-25 21:03 | 釣り日誌編
いや~久しぶりにフライやって来ました。

楽しい♪ね~
ヤマメもイワナもかなり遊んでくれました。

7:15釣友と待ち合わせ
8:30現場着

某渓流に到着したんですが、このポイントで過去、一回も先行者に出合った事がありませんでした。
ところが、寄りによって今回は先行者アリ!!

「ヤバイ、出遅れた~」
「エサ釣り師のようだ」
「竿抜け狙いで行って見るしかないか」

仕方がなくマナーを守って先行者の下流から入渓
釣り始めて10分後
10mくらい上流に人影あり
「えっ!先行者の前に入るってが~(怒)」

ところが釣り人じゃないのね~
三脚を流れのど真ん中にセッティングしてました。
そう!写真撮影を趣味とするおっちゃんでした
「釣り人のマナーの対象外かよ~」
渓相いいからな~ここは!

でもさ
平然と水の中歩くし、水面に影落とすし
挙句の果てに、数枚撮影するとまた上流に行って写真撮ってる訳よ
要は、先行者と写真のおっちゃんのダブルパンチで
常に場が荒れた状態での釣りなっちゃった

と・こ・ろ・が だっ!
妙に爆釣

イワナもヤマメもひっきりなしに出てくる訳さ・・・
大型こそ出なかったけどね。

a0028803_2285088.jpg

a0028803_2291295.jpg

a0028803_2294837.jpg


んで、最後はお約束のコーヒータイム
a0028803_22102480.jpg

格別の旨さでした
ごっつぁんでした。
[PR]
by thkflyfisher | 2010-06-06 22:12 | 釣り日誌編