ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

カテゴリ:アウトドア道具編( 21 )

スノーピークのクッカーを購入しました。
昨年、自転車を買ったため私の予算は¥1600となりました。(泣)

オプティマスのバーナーにピッタリのサイズのスノーピークのトレック900ってやつです。
マテリアルはアルミにしました。チタンはコゲ付き易いから止めた。スミフロン加工のものもあるが、金属製のカトラリー使うから長持ちするアルミに決定した。アルミを使い込んででこぼこに凹ませながらも使用すると味がでそうでしょう?

早速、クッカーにバーナーを入れて見ました。
a0028803_20555843.jpg


バーナーに付属しているフタとなるコッヘルをバーナーにかぶせて
a0028803_20573729.jpg


クッカーのフタ兼フライパンをかぶせる
a0028803_20582316.jpg


スタッフバックに入れて完璧!
a0028803_2059150.jpg


こんな小さな事で喜んでないと低予算の私はやってられません。(悲)
でもね~そういえば昨年はオリジナルロッド買ったしMTB買ったしオプティマス買ったし・・・。
家族のためにも遣わないとね!
今日、妻はダウンジャケット買ったし息子はPS2&ソフト、娘は福袋の洋服だった。
しゃーない!しゃーない!!
[PR]
by thkflyfisher | 2005-01-02 21:09 | アウトドア道具編
a0028803_125139100.jpg前回のFUEL-BOTTOLつながりで載せてみました。グランテトラのウォーターボトルです。
現在は、日本での入手は困難になった一品ですね。何年か前に輸入終了となったんで!
本当は赤が欲しかったが、人気があったせいか探しても売り切ればかりでした。でも私の性分として買うと決めるとすぐ手に入れないと気がすまないので注文と言う形態は有り得ません。よって緑を買ってしまいました。手荒く扱ってもイイってのが気に入ってます。凹みやらキズやらがこのボトルの勲章です。ボトルって立たせて置くものでしょうけど、こいつはその辺に転がっている姿が似合うんだ!そもそも形的に立たせても転がりそうですがね(笑)。
[PR]
by thkflyfisher | 2004-12-21 13:00 | アウトドア道具編
a0028803_12482250.jpgOPTIMUS123R用に燃料ボトル(SIGG-FUEL BOTTOL)を購入した。
前回のMTBツーリングでホワイトガソリン1リットル缶そのものをザックに入れて持って行った。
重いの一言です。
だもんでSIGGのFUEL BOTTOLの購入に至った。
容量は250mlの一番小型のものでOPUTIMUS123Rはタンク容量120mlであるから2回満タンにできる。
120mlタンクで75分の燃焼時間らしいから2時間半の燃料になる。
たぶん、カレーなどの鍋を多用する料理をしたとしても軽く2泊くらいは余裕で可能ですね。

これでガソリン1リットル缶自体とガソリン750ml分の軽量化が実現!
でもボトルの分は増加になるから、次はクッカーセットの軽量化だな。
ステンレス製の大ビリーポット(φ136)、小ビリーポット(φ122)とフライパンと蓋を兼ねる皿の4点セットでは重い。
チタンは好きではないのでアルミ製の大ポットとフライパンだけあればイイかなと思う。
できればOPTIMUSがスッポリと収まる深型がいい。
残念なことにOPTIMUSには専用のケースは付属していない。
別売りの入れ物を買う気にはなれないからこの際、深型のポットの中がデッドスペースになるから、ここに収納できれば完璧だ。
OPTIMUS123Rには蓋となるアルミ製の小鍋が付属しているから2つある事になる。

また金が必要となった。
何か1つ新しいものを購入すると付随して別のものも欲しくなる。悪循環か?
[PR]
by thkflyfisher | 2004-12-20 12:54 | アウトドア道具編
プレヒートするために必要なバニングペーストの量が不明であったため何となくコノくらいって量を搾り出した。
長さにして2cmくらいだったと思う。
早速プレヒートを開始する。
ふと気が付くとプレヒートの炎が消えていた。
完了かなと思い、栓を開いてみた。
するとホワイトガソリンそのものがチョロチョロっと吹き出していた。
ヤバイ、プレヒート失敗だ!
再度、バニングペーストをぐるりと5cmくらい搾り出した。
再プレヒートしてみた。すると先ほど吹き出したガソリンに引火してタンクのみではなくバーナーヘッド部分も同時に温める結果となった。
お陰で、コックをひねるとシューの音と共に気化したガスが噴出した。
早速、点火すると・・・。
独特の燃焼音を辺り一面に響かせて力強く青白い炎が放射状に広がった。
物凄い轟音・・・。まるで単気筒エンジンでもかけたかのようである。(大袈裟だけど・・・)

OPTIMUS123R 気に入った!
これを使うためにどこか行きたくなってきた。

金属磨き用に「ピカール」を買って家で磨いて年を越そうと思う。

ん!初日の出でも見に家族を引っ張り出して初日の出コーヒーブレイクと行こうか~。
[PR]
by thkflyfisher | 2004-12-09 19:10 | アウトドア道具編
a0028803_1271872.jpg
a0028803_1272951.jpg

とうとう買ってしまった。
optimus 123R SVEAです。
このブラスの輝きが美しくて欲しいと思っていた一品です。
プレヒートの手間がかかりますが、急ぐ時はガスストーブを使いますから・・・。
でも釣りに行ってて急いでコーヒー飲む必要ってないからね。
だいたい釣りの集中力が切れた時にコーヒーブレイクしたくなるので時間に追われる必要もない訳でして!

早速、使用してみたいと思ったが、ホワイトガソリンが無い!
バニングペーストも無い!(代用は何でもあるけど最初の儀式くらいはバニングペーストを使ってやんないとね)

使用レポートの後ほどと言う事で~

一人で眺めてウットリしてます。ただいま夜中の1:30です。
ホントは12月末だったら買ってもいいよと妻から言われてましたが我慢できませんでした。
よって、妻にはまだ内緒です。だから妻が寝てからとなったため、この時間です。

早く山に行って着火の儀式を行わないと・・・
[PR]
by thkflyfisher | 2004-11-27 01:40 | アウトドア道具編
a0028803_1311567.jpg

最近、無性に欲しいものがあります。
写真のバーナー(オプティマス123R)なのです。
現在、ガスカートリッジ式のバーナーを大きめと小型の2種類持っています。
ガス式はカートリッジの空缶が溜まってしょうがないのです。
気が向いた時に穴開けてガス抜きして捨てますが、捨てる回数より溜まる回数の方が多いのです。
ガスは簡単で便利で安全に使用できて非常に良いのですが・・・。
中途半端に残ったカートリッジを持って山に出かける時なんか残量に不安を感じるためにもう一つのカートリッジを持って出かけます。すると当然、荷物も増えます。
荷物が少ない時は良いのですが、一泊で釣行と考えると荷物も多くなり、できる限り減らす努力をします。
そこで、2つのカートリッジを見るととても無駄に思えてきたんです。
だから、ガソリンタイプのバーナーが無性に欲しくてしょうがない。
それでもやはり小型であることが前提でした。
写真のバーナーは深型のコッフェルにすっぽり収まるらしく小型でした。
点火は面倒ですが、一泊なら時間的余裕もあるし問題無いし・・・。
なんと言っても見た目が美しい!プレヒートが必要ですが、儀式ですから・・・!
早速、妻に「欲しい」と伝えたのですが、「この前、○○買ったでしょ!」「その前の月は△△買ったでしょ!」と言われる始末です。確かに今年に入って、オリジナルロッド購入で数万円使ったし。ついこの間はテントを買ったし・・・と考えると無理も無い。
でも!ほ・・・し・・・い!!
[PR]
by thkflyfisher | 2004-07-20 13:00 | アウトドア道具編
a0028803_124734.jpg
釣行時に一泊するためにテントを購入しました。
やっぱり釣行時の荷物は小さく軽量化したほうが良いですね。
収納サイズもザックに入る程度の小型ですし。
今まで、一泊といえば普通の4~5人用テントに釣友と泊まってきました。
でもやはりテントの設営と撤収を考えると早い方が良い。
特に撤収は、その後の釣行を考えると早く完了して川に向かいたいのが釣り人の性です。
一泊釣行の楽しみは、泊まる日の夕まづめの釣りとキャンプする日の夜のくつろぎと翌日の早朝からの釣りとなります。
釣りは当然の楽しみであるが、それ以外にキャンプでの食事、これもたまらない。
やはりインスタントよりも地物野菜とかを道の駅などで購入して料理するのも楽しいでしょ!
と言う事で、テントの他に調理用にオピネルのナイフ(No7)も購入しました。
これはフランス製の100年余りモデルチェンジ無し(・・・らしい)のモデルです。
どうやら昔から登山者がよく使用していたアウトドアナイフなのだそうだ!
テント設営時間短縮により料理する時間ができた。
メニューも考えねばなんね!
キャンプ・料理・釣りの全てを楽しめる一泊釣行に早く行きたい・・・

次は、ガソリンストーブのオプティマス・スベア123R購入を目指して小遣いを貯めねば・・・
[PR]
by thkflyfisher | 2004-07-12 12:48 | アウトドア道具編
a0028803_12449.jpgこのザック、容量33㍑のごく普通のティアドロップ型である。
中身を空にすると平たくすることが出来て持ち運びに良い。
一泊釣行の時にメインザックから必要なもののみ詰め込んで釣りに出かける時に重宝する。
メインザックはキャンプ地に置いてサブザックで釣りに行くなんてことも考えられる。
つまり釣行時に2つのザックを持っていくことになるが、最近のものはポケットやファスナーの量が多かったり、やたらと背面のパッドが分厚かったりしていて使用しないときの収納性が良くない。
写真のザックは全てにおいてシンプルであるが、立体裁断によりフィット感が良い。しかしパッドが薄く、かつ平らに作られているために背中への感触がいまいちである。
そこで私は、背面に後付けパッドを取り付けて使用している。このパッドも薄いが蒸れの解消と若干の柔らかさが丁度良い。
小さいザックに不要なほどの分厚いパッドはいらない。
重量が重い、カメラ機材をパックするなら厚めのパッドもありかなと思う程度である。
容量に関してであるが、他に21㍑デイパックも持っているが、バーナー、コッフェル、ウォーターボトル、食料をパックするとパンパンどころかファスナーを締めるのが厳しい程になってしまう。すると着替えやレインウェアなど持って行けない。
やはりデイパックはDAYなのだ!33㍑の方はデイハーフで日帰りプラス半日と考えると着替えやレインウェアをパックしてもカメラ1台、レンズ1本分くらいのスペースは確保できる。なおかつそれだけ詰めてもファスナーがスムーズに閉まる。
また、家族で出かける場合も父親が子供の分も背負うため容量はこの33㍑くらいは必要となる。
値段は私的には結構高かったが、いいんだなこれが・・・!
[PR]
by thkflyfisher | 2004-06-28 12:45 | アウトドア道具編
a0028803_122351.jpg写真のモデルはプリムスのP2243PFAである。
伝統のロングランモデルで20年を越えて活躍するプリムスの伝統モデルです。
日本のガスシングルバーナーの歴史ともいえるこのモデルは高出力に加え、安心の安定感があり、現在でも多くの登山家に支持されている。(以上メーカーのコメント抜粋)出力は3,600kcal/hとなっている。
これは、2人~3人用として使用するために購入した。
ソロ用のコッフェルよりもやや大きめの鍋を使用する場合に重宝している。
バーナーヘッドが大きめでX字の五徳が丁度良い。
屋外でご飯を炊く時や鍋物を作る時など鍋底全体に炎が行き渡り、大きめの五徳がそれを支える。大きめの鍋を乗せた場合に火力調節ツマミが長い(ロングスピンドル)ため火傷の心配もない。
収納サイズは10cm四方くらいで高さが5cmくらいのケースに収まるサイズである。
最近のバーナーと比較すればかなり大型に見えるが、高火力が欲しい時は頼もしい。
ファミリーキャンプのサブバーナーとして、釣行時のメインバーナーとして活躍している。
[PR]
by thkflyfisher | 2004-06-24 12:25 | アウトドア道具編
a0028803_13037.jpg写真のモデルはプリムスのP112である。
小さな本格派として安定性と利便性を追求した新型バーナーです。
点火装置はバーナー部にビルトインされ、
高い着火性能と収納性をシンプルなスタイルの中に実現されている。
トータルバランスに優れたスーパーマイクロメッシュバーナーです。
(以上、メーカーのコメント抜粋)
出力は1,800kcal/hで、重量は76gと超軽量となっている。
これは完全にソロ専用として使用するために購入した。
バーナーヘッドも五徳も小型なためソロ用のコッフェルに丁度良い。
ヘッドから垂直に噴き上がる炎は、シェラカップやエスプレッソメーカーなどのように底面積が小さいものでも乗せて温めることができる。
普通のヘッドでは、エスプレッソメーカーの側面に炎が回り肝心の底部に炎がいかない。
冬場などは、コーヒーをシェラカップに入れて飲むが、すぐに冷めてしまう。
これを温めるにはP112しかない。
収納サイズは掌に握り締められる程度の超小型で、ザックに無意識にパックすると探すのが大変なくらい小さい。
釣行時に車から離れた場所で使用する時に荷物にならない点が気に入って使用している。
難点は、冬場の火力不足だが、ガスカートリッジを冬用にすれば、それほど難とは思わない。
[PR]
by thkflyfisher | 2004-06-23 13:08 | アウトドア道具編