ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

カテゴリ:今週も行けない( 3 )

悲しい時っ!悲しい時っ!
自然に囲まれた渓流を釣り上がっていて目の前に立ち塞がる巨大堰堤に出会った時
巨大堰堤に出会った時っ!

悲しい時っ!悲しい時っ!
イワナ・ヤマメを狙って釣り上がっていてあらゆるポイントにウグイの群れを見た時
ウグイの群れを見た時っ!

悲しい時っ!悲しい時っ!
静かにライズを待っている時、後から来た餌釣り師に先を越された時っ!
餌釣り師に先を越された時っ!

悲しい時っ!悲しい時っ!
釣れない時、「釣れなくても自然を満喫できたからいいやっ」と心にもない言い訳をした時っ!
「釣れなくても自然を満喫できたからいいやっ」と心にもない言い訳をした時っ!

悲しい時っ!悲しい時っ!
釣り場に到着して、ロッドを忘れた事に気づいた時っ!
ロッドを忘れた事に気づいた時っ!(釣友はウェーディングシューズを忘れた)

悲しい時っ!悲しい時っ!
家族旅行の道筋で川が見えるたびによそ見運転し、妻に「あぶないっ川は見ないでっ!」と叱られた時っ!
よそ見運転し、妻に叱られた時っ!「釣り人の性ですから」

悲しい時っ!悲しい時っ!
サイトフィッシングで焦るあまりダブルサージェントノットをシングルにしてしまった事に気づかずにすっぽ抜けた時っ!
シングルにしてしまった事に気づかずにすっぽ抜けた時っ!

悲しい時っ!悲しい時っ!
シュートの時、ロッドティップも一緒に飛んで行った時っ!
ロッドティップも一緒に飛んで行った時っ!
(フライがティップのガイドに引っかかってくれよ~と祈りながらラインを手繰る悲しさ)

悲しい時っ!悲しい時っ!
釣りに行けない今現在・・・トホホ!
でも、そろそろ行けるかも・・・ムフフ
[PR]
by thkflyfisher | 2004-08-25 12:40 | 今週も行けない
最近、釣りに行けないものでチョットまじめに考えて見ました。
さまざまなご意見もあるでしょうが、私個人の思いですので気にしないでください。
文章としての体裁も考えず、ただひたすら書きなぐります。
誤字脱字気にしな~い!

川幅のある本流を避けて支流に入る。車の道路の片側くらいの幅の渓流である。
両岸はほぼ切り立った崖あり、自然林が両岸覆う場所ありの極普通の渓流!
1時間ほど釣り上がるとそこには、細々とした流れと比較して巨大な堰堤がある。
高さにして(検討つかない)?mくらいで幅は20m以上はある。堰堤というよりダムです。
さらに、その2~3年後に同じ場所へ行った時は新たに作り直されたような一回り大きい堰堤!

だからダムだって・・・。

農業用水用?砂防用?いや砂防にしては巨大すぎるかな?
と言うようにわからないのです。
山に隠れるように建設される目的が理解できない巨大堰堤の人工的で圧倒的な存在感!
本来、堰堤下は釣りのポイントになるのですが、この場所はコンクリートの溜池みたいになっており、海の防波堤で釣りしている感覚です。
また、別な川にある堰堤は川を堰き止めるだけではなく川底にまでコンクリートの小さいでこぼこが付いたブロックを敷き詰めて流れを変える機能まで持ってました。口ではうまく伝わらないでしょうが、いい変え方には思えない。補足すると流れが合流しているのですが、川底のブロックで流れAはこっちに流れるようにブロックを組み、流れ込む流れBは、ここをこう流れてここで合流しなさい・・・みたいなブロックの組み方なのです。
来る時期によって流れが全然違うくなる結果を生んでます。雪代が入って増水するとブロックの影響を受けずにまっすぐ流れて、真夏の渇水みたいに小量になるとブロックに沿って流れる。すると流れが小量の時のコースは1年を通して水があるが、増水の時だけ流れる場所は乾燥し水生昆虫も死に絶える。また大雨による増水時は土砂が堆積したまま乾燥して荒れて行く。
ここ10年で記憶の中の釣り場がどんだけ変化させられた事か・・・。10年前にいい思いをした流れも既に砂で埋まり醜い流れに変わった。10年どころか今では3~4年でかなりの変化を遂げる。

こうなると釣り人は、仕方なく、どんどん上流を目指して車を走らせる。すると今度は山奥に生息している野生動物との接触が増えてきて昨今の熊騒動を生む。山を寸断する林道開発により生活圏を脅かされる野生動物達!釣りをしていて出会えば心なごませてくれる彼らも生活のために人里まで足を運ぶ。
毎年のように「今年は熊が多い」なんて聞かれるが、人の方が道路の整備により数多く山に入って行くから接触の確立が上がる。当然じゃん。山に熊は居るもの!カモシカもしかり。熊が増加したんじゃない!人が増加したんだって・・・。人が山から動物を押し出したんだって!最悪は危険動物として駆除(射殺)される。絶滅を危惧されるところまできている。

こうなってくると渓流に作られる流れの規模と到底不釣合いな堰堤、渓流を縫うように張り巡らされる林道って何のため?釣り人のため?林業従事者のため?農家のため?
私には「わからない」

こうゆう事情を目の当たりにするのは釣り人くらいなものでしょうかね!(世間一般的に)
「釣り人」も悪いんでしょうか・・・。

釣りに行けない時は、こうやってブログで独り言のように憂さ晴らし!
行ける日が来る事を期待して・・・せっせとフライタイイング(毛ばりを作る作業のこと)
渓谷美が渓谷醜に変わる前に釣りに行かねばなんねっ!!
[PR]
by thkflyfisher | 2004-08-19 13:02 | 今週も行けない
渓流釣りももうすぐ禁漁になります。9月末日をもって禁漁です。
「禁漁」・・・。

今週末も行けない。

息子のスポ少(バスケ)が土日に休みになることが珍しい。

今週末が、その珍しい日にあたる。

まぁ~夏休みだから「こう」なったって感じです。

よって、家族で出かけるチャンスな訳ですよ、ハイ!
[PR]
by thkflyfisher | 2004-08-11 15:38 | 今週も行けない