ブログトップ

180°陽あたり良好っ♪

thkflyfish.exblog.jp

基本的に時事ネタ、たまに趣味のフライフィッシングや自転車ネタで綴ります

<   2011年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

本日、石破自民党政調会長が私の家の目と鼻の先まで来ました。
a0028803_2249796.jpg

被災した家(すでに更地)の前で災害現場実情調査との名目で演説して行きました。
野次馬根性は私には無い方ですが、散歩してた妻が、息を切らして走って来て私に向かってこう言うのです。
「石破政調会長すぐそこに来てる。本物だ本物!行くべ行くべ」
めったに無い事だし、我が家から歩いて30秒の所に居るので行って見ました。
[PR]
by thkflyfisher | 2011-07-31 22:50 | Diary | Comments(0)
まずはこのニュースからね(ロイターより)

◆復興基本方針に緊急円高対応、金融政策含む思い切った対応策を提言=民主党
[東京 28日 ロイター] 民主党は政府の復興基本方針に、最近の急速な円高などによる産業空洞化への対応として、日本再生に向けた経済対策の検討を提言する。「経済再生を復興計画の柱」と位置付け、空洞化対策、資金繰り・雇用対策、電力安定供給の確保・エネルギー戦略の見直し、緊急円高対策などの対応策を講じるべきとし、緊急円高対策では「政府・日銀が連携して金融政策を含めた思い切った対応策を早急に講じること」を提言している。(後略)

政府・日銀が連携ってのが超大事ですね。
日銀の金融政策だけでは消費に回る可能性が低い。
需要が無いデフレである以上は金だけ流しても過剰貯蓄に回るだけ。

そこで政府だ!
財政出動すればいい。つまり公共事業、復興事業だね。
確実に金が回ります。金を使うと言うことは確実にGDPに加算されます。
デフレに突入しなければ創出されていたはずのGDPを取り戻すチャンスです。
震災後の今じゃなきゃ無理ってもんです。

金を流す政策と金を使う政策の協調が、今の日本には必要です。

次はコレ

◆民主党は28日午後に復興基本方針小委員会とその親会である東日本大震災復旧・復興検討委員会を断続的に開き、政府の基本方針案について協議した。
 財源論をめぐって、政府提案の「復興債の償還財源としての臨時増税」に対して批判が相次ぎ、小委員会では出席議員から「増税ありきの議論だ」、「日銀の直接引き受けの余地がある」、「通常の国債同様、60年償還ルールとすれば良い」など異論が噴出。償還期間や財源確保など、政府案の文言を修正した民主党のたたき台を29日午後の小委員会に提出し意見集約を図る。(後略)

ほらほら、今の日本経済において増税して財源にするなどもってのほかだ。
国債の日銀直接引き受けの余地があるとも言ってる。
普通に60年償還でいいじゃないの。
当然、復興優先なのだから建設国債だよね。


ま~このような政策が、デフォルト騒ぎのアメリカの救いにもなる。
トモダチ作戦のお礼としてでも実行に移してはどうかと思う。
アメリカはドル暴落で海外からモノを買えなくなってくるから円とのバランスを補正しないといけません。
円を円安誘導することでドルがドル高方向に向いてくればお互い助かるはず。
あとは程度の問題です。
やりすぎても経常赤字、かつ財政赤字のアメリカにとってマイナス要因にもなりかねない。
インフレもそうですが、程度が問題なんですよ。
軽いインフレとデフレで、どっちがいい?
聞くまでもない。
何事も極端なのがいけないわけよね。
程度の問題です。程度の!


と言うことで、政府・日銀のアコードを~
[PR]
by thkflyfisher | 2011-07-29 23:47 | 時事ネタ | Comments(0)
今朝起きてテレビを見た。

アメリカの債務上限引き上げ問題とギリシャの影響でのユーロ不安による円高の話題で持ちきりでした。

この話題は最近の投稿でも書いたので別にどうと言うつもりもない。

ところがだ司会者だかコメンテイターだかわからないが、こんな発言が耳に入った。
円高が輸出に悪影響なら安く買える輸入に重点を置けば良い。ってニュアンスだ!

え〜っ
デフレで政府借金1000兆円の日本で輸入を増大させろってかぁ
輸出は歳入、輸入は歳出だよ。
会社で言えば、売上は無いが仕入れはどんどんやれって言ってるようなものだ。
貿易赤字にしようとしてるのか?
経済悪化するよ。

アホらしいのでチャンネル変えました。
[PR]
by thkflyfisher | 2011-07-28 12:52 | Diary | Comments(0)
ノルウェーの首都オスロで爆弾テロと銃の乱射
動機について、「ヨーロッパがイスラム教徒に乗っ取られるのを防ぐため、移民に寛容な政権与党に打撃を与えようとした」などと話しているということです。

◆西欧オランダの惨状
オランダが外国人参政権を認めてしまったばかりに、イスラム教徒が多数移住し、国の中にもう一つの国ができたような状態になり、国全体が悲劇に見舞われていることである。

以下を読んでみてください。オランダの惨状を報道しない日本マスコミに対する批判の中での記載です。

(前略)
オランダのイスラム系移民人口は総人口の10%、百万人に達する。
彼らは、オランダ人とは融和せず、都市部に集中して群れを成して一部の町に居住する。
一種の国内の別国家のような生態を形成する。
彼らが群れを成して作る町にオランダ人が足を入れようとするとイスラム系住民は敵意を燃やして攻撃してくるという、険悪な段階にまで達してしまった。
一つの国の中の二重の社会形成が進むにつれて、オランダ人のほうも不快感はつのり、危険さえ感じるようになった。
とくに新たに流入してイスラム系移民たちの暴力、犯罪や組織犯罪が目立つようになってから、このことはひどくなった。
ヨーロッパ全域において「イスラム過激派軍」を組織しようとしているという兆候がある。
ある報告によると、ヨーロッパ在住の選ばれたモスレムがアフガニスタンで軍事訓練を受け、帰国して国内のイスラム教徒に習得した技術を指導・伝授しているという。
彼らは東ヨーロッパの武器の闇市場で武器を調達し、人里離れた観光ゾートを借り切って軍事訓練をしている。
欧州全土に広がっている地下諜報戦争はまもなく熾烈を極めるものになるだろう。
またこういう状況下にあって、オランダ人は法律の保護によって自分の身を守れるかというとそうは思っていないようだ。
ヨーロッパの他の国も同様だが、この30年間に、サヨクイデオロギーによって法律そのものがねじ曲げられ、犯罪に対して寛大すぎて弱化し過ぎて、法律によってイスラム過激派の危険に対抗するどころが、逆に法律が邪魔をしてイスラム過激派を助けているという面さえある。
(後略)

宮城県の人口が234万7300人である。ざっと24万人、近所の10人に1人がイスラム系となる換算である。
それが、あるひとつの地域に密集してコミュニティーを形成していると考えればどうか。
周辺地域に住む気になれますか?

◆日本ではどうなっているか、民主党政権下では・・・
「2010年には、某国人は、某国の憲法によって某国への忠誠と国防が国民の義務として要求されていることや某国人の半数が対馬は某国領土と考えていることなどから、参政権が付与された場合、対馬が日本と某国の外交問題(領有権問題)となることが予期され、日本の安全保障上重大な問題であること、また、在日本某国民団は某国政府の補助金によって運営されているため、民主党の同団体への外国人参政権付与の公約は、外国政府への公約となっており民主党の進める外国人参政権法案は国家意識を欠如させた危険なものであるとした。」

◆日本の過去の経緯
自民党時代(小渕~麻生)は民主党・公明党・日本共産党から提出された「外国人地方参政権付与法案」に反対し廃案とした。

菅直人内閣総理大臣が所属する民主党、社会民主党、公明党、日本共産党は、日本国籍を持たない外国人も有権者に加えることを提起している。
これに対して自由民主党、国民新党、みんなの党、たちあがれ日本は反対している。


ここまで来れば、何が言いたいかわかりますよね。
ノルウェーの首都オスロで起きたテロや銃の乱射事件の犯人の動機についてです。
イスラム系民族が低賃金で仕事するため、本来の西欧国民の雇用が無くなっている。
フランスでさえ失業率9%付近だし、スペインに至っては20%前後だ!

与党民主党は、この法案を提出してきた推進派政党です。
ついでに人権侵害救済法案も民主党から出てますが、人権委員会へは地方参政権を有する人を任命となる。
現時点で言えば日本国民のみになるが、外国人参政権が通ればこの限りではない
正当な批判さえ差別と取られる可能性がある。
批判により侮辱されたと訴え、人権委員会が認めれば犯罪扱いされる。
参政権が認められ、この人権委員会に将来、某国の人が加わればどうなるか?
政権批判、外国批判さえ犯罪扱いされる可能性もある。

首相の拉致加害者関係組織への6000万円超の献金問題もある。
被害者じゃないよ。加害者関係組織にですよ。
いったい何なんだ民主党は!
どこの国の政権なんだ?

こう考えると今の日本の震災以降の動きがわかります。
復興基本法制定だって100日かかった、阪神淡路大震災の村山総理でさえ37日だっけ?そのくらいだ。
「さえ」って気に掛かるかな?ま~いいや。
牛肉の買取対応も東電に丸投げでしょ。

増税論に至っては、匿名の新聞社の人からこのような内容があったそうです。
「日本新聞協会主催で各紙の論説委員が集まった会合があったのですが、そこに与謝野氏が招かれました。その場で、新聞協会側から、「消費税増税しても、新聞には軽減税率を適用して欲しい」という陳情がなされました。
 それに対し、与謝野氏は、「復興増税の件、よろしく頼む」と返したそうです。」


要は新聞社には軽減税率適用するようにするから「増税」キャンペーンよろしくね!と言っている。
読む人が「増税」が必要なんだと思ってしまうように仕向ける。
プロパガンダだ。
B型肝炎の賠償も酒税、タバコ税などの増税で賄うという。
震災復興も増税で賄うと言う。
こうなると何かが起きて国の責任を追及し、賠償が確定すると増税される流れを作ることになる。
つまりは政府判断のミスであろうが、国民から税金の形で徴収して支払われる。
政府の政策ミスの責任は皆無で、国民に責任を負わせる。

話を大きく戻すが、オスロの乱射犯人を生むのは政治のミスでもあると思う。
日本の犯罪者が増加するのも景気対策せずに増税ばかり連呼してデフレ容認し、日銀は金を刷らず円の価値を引き上げる政策を邁進するから円高になり中小企業は雇用を継続できなくなると失業者が増えます。
金に困った貧困者は犯罪に走るか、自殺に走ります。
犯罪率の増加、自殺率の増加が物語ってます。
政策のミスが犯罪者を生むことも忘れないことだな。
[PR]
by thkflyfisher | 2011-07-28 00:44 | 時事ネタ | Comments(0)
復興債として19兆円必要とのこと
このうち6兆円はすでに1次補正予算、2次補正予算で投入済み。
残った13兆円のうち10兆円は増税で賄う。
残り3兆円は政府資産売却やバラマキの見直しで賄う。
だってさ

なぜ増税が先に来るんだ?
以前から言ってるが、政府資産を早く売却したりしろって言ったじゃん。
負債ばっかり表面化されるが、資産側がどんだけあるか表面化しないでしょ。
日本ほど資産を持っている国はないよ。
だから売却できる資産を真っ先に売却して財源にしろ。
なぜデフレである経済状況も加味して財源を出さないのか?
デフレ下で税金で国民から吸い上げるなら現預金から国債に回すのと大差ない。
それも不足するときに増税の検討をやれって。

1ドル77円台にまで来てますよ。
ユーロ、ドルの下落により流通量が少ない円が高騰してるんですよ。
リーマンショック後、量的緩和してないのは日本くらいでしょ。
諸外国はリーマンショック後の不景気を回避するために早急に緩和策をやってきました。

って事は円の量を増やす必要性が高まったって事じゃないのか。
増税で賄うと言う事は、消費を冷やし、企業にも厳しい。
じゃなくても電力問題で日本の産業空洞化(海外への流出)が問題になっているのに。
そうなると雇用も激減です。
電力問題と法人税増税で企業は冷え切ってしまいませんか?
家計は消費税増税と上記の件での雇用不安や所得税増税で消費抑制するでしょうね。

国債の日銀直接引き受けだな。
これが増税より早い対応ができる。
これを拒否して増税でどうにかしようとするから復興作業が遅いんですよ。
少ないパイをやりくりしようとするから時間がかかる。
経済回復を目指さないから予算と税収、ようは歳出と歳入のプライマリバランスが崩れていく。
税収が上がり、政府支出が不要なくらいの景気回復基調になれば財政再建される。
継続的に財政を再建するなら景気回復による税収増を継続するようにすればいい。

まとめましょう。
1ドル=77円台の円高
早急な復興財源の捻出
デフレ状態
プライマリバランスの不均衡

ほうらこう見ると「国債発行」しかないじゃない。
景気回復しないから借金が増えていく。(歳出が増えて歳入が減る)
減る要素が存在しないからね。
円の量を増やすと円安誘導
国債なら即、実施可能(増税は国庫に入るの1年後)
復興事業(道路、橋梁の公共事業など)で建築関係に金が回り経済が回転しだす。
こうなるとデフレ脱却
そうすると税収上がる(法人税増加など)
雇用増える。(公共事業などにより)
所得税収増える。
消費意欲が上がるし、復興による資材購入などで消費税収も上がる。
基幹税の3つの税収増になれば政府の歳入が増えるんだから財政再建方向に動きます。
政府負債は10年と言わず、50年借り換え続けてでも返済すればいい。
前提は普通の景気状態(デフレではない)を維持することだけです。
好景気じゃなくてもいい訳です。
デフレではないと言うことは軽いインフレですかね。
ほらインフレターゲット策が出てくる。


別のニュースですが、アメリカが妥協案の検討に入っている模様です。
債務上限引き上げが通らないとデフォルトの危険が出ます。
アメリカも対外債務ですからね。
ギリシャの国債格付けもどんどん格下げされてます。
デフォルト格付けになったら欧州中央銀行(ECB)はどうすんだ。
デフォルトした国債に資金は出せないぞ!
そうなったら完全なる破綻です。
今でも十分破綻してますが、破綻ではないと言い張る人達が居ますからね。
中国もインフレ率の割合を操作して低く見せてますが、現実はものすごいインフレです。
一番高騰している食料の算出割合を減らして平均化しているにもかかわらずインフレ率上がってます。
対処するには金融引き締めするのですが、小さな引き締めでジワジワとやってますね。
焼け石に水でインフレが収まりません。
強い引き締めすると不動産バブルが一気に崩壊しますから小出しだね。
中小企業の倒産が急増しているようですしね。
引き締めしないとインフレは収まらず、引き締めると不動産バブルが崩壊してしまう。
準備率引き上げの頻繁なこと・・・
欧州は、イスラム移民に仕事をとられて失業率9%以上、スペインに至っては20%付近だし。


何が言いたいかと言うと・・・
世界同時不況第3弾の可能性が出てきてないかって事
でも日本の対処が一番早くできるよね。
日銀が直接国債引き受けすればいいだけ!
国内産業も震災から復活してきているし、失業率5%台(被災3県除く)だし。
原発の政府対応は余計だったなあ。

欧州は共通通貨ユーロやめるしかない。(無理)
アメリカの失業率10%台、債務上限問題、貿易赤字改善。(無理)
中国のインフレと不動産バブルはハードランディングの道しかない。(無理)
アフリカの民主化運動(無理)
あっ可能性がある国があった。
ブラジルだけはいいかも・・・
次が日本かな。
[PR]
by thkflyfisher | 2011-07-26 23:37 | 時事ネタ | Comments(0)
とうとう円が77円台まで来ましたね〜

ま〜当然と言えば当然ですね。

ドルはアメリカの債務上限引き上げ問題で借金できず。
ユーロは破綻国と破綻予備国で一杯で、それに資金貸す国とEU、IMFですったもんだの真っ最中で通貨も下落中。

これじゃあ円は上がります。
もともと流通量自体少ないんだから!
ねっ日銀さん?
諸外国は量的緩和策して増やしたので、増やさない円は上がります。
さらにドル不安、ユーロ不安じゃーな。

さ〜政府日銀、どうする?
協調介入か?
批判されずに、堂々と介入できるぞ!
コソッとやるか?

にしてもXデーは来月2日ですから今週末の動き次第だな。
アジア市場が開く前に妥協案とか出さないとヤバいよね?

リーマンショック直前と似た雰囲気です。

やな予感
きな臭い


みんな地震のショックには備えただろう。
経済ショックにも備えたか?
なんてね〜
備えようが無いのが問題かぁ〜

頼むから共通通貨のデメリットわかったんだから!
一旦やめましょう。
簡単じゃないな。
アメリカは量的緩和第3弾準備ok?
いやいや新興国には厳しいね。

日本を憂い自転車乗れない自分の体重を甘やかす、今日この頃

骨折完治せず。
ハンドル握れず…
太り出す(笑)
[PR]
by thkflyfisher | 2011-07-26 13:17 | Diary | Comments(0)
ある政党に所属する衆議院議員のコラム↓

財政破綻を煽り増税しか叫ばない財務省や現政権、マスコミに対してのコラムだと思われます。

前略

 財務省は、数年前、日本国債の格付けが下げられた時に、こんなことを対外的に主張していた。そのロジックはこうだ。「日本は世界一の個人金融資産を持ち(貯蓄超過国)、しかも経常黒字国で外貨準備も世界最高だ。国債も国内で低金利で順調に消化されている。まったく心配はない」と。

しかし、国内向けには、「このままいくと国債が暴落し、金利が急上昇して経済が破たんする!財政が破たんする!」と脅しをかけながら、対外的には、その真逆を平気な顔で主張できる。何が何でも増税し、財務省の、自らが差配できるお金を増やしたい魂胆はわかるが、だからと言って、二枚舌を使ってはいけない、「うそつきは泥棒の始まり」、子供の教育にも良くない。
 
そして、大手マスコミの一部、いや大勢、財務省御用達の御用学者の皆さん、もういい加減、「財務省の広告塔」をするのはやめませんか?事実の報道、真実の探求に心掛けましょう。こうした「狼少年の言辞」を、私がいた橋本政権、今から四百兆円レベルで借金の額が低かった頃から、何度聞かされたことだろう。

 真に財政再建を果たしていくためには、まず、日本経済をデフレから脱却させ、成長路線にのせ、そこから上がってくる税収を充てていかなければ、決して「持続可能な借金返済」はできない。国と地方あわせて892兆円にも及ぶ長期債務を増税で返していこうとすれば、一体消費税を何%上げれば良いのか。気の遠くなる数字になるだろう。

後略

財務省御用達の御用学者にしてみれば、財務省の広告塔になれば仕事がしやすく、収入も増える。
この辺はわかる。
でもさ、震災の煽りを受けて痛んでいるんだから、いい加減考え直して欲しいものです。
財務省に反抗する経済学者などはTVにすら出演させてもらえないようですから。
でも、このコラムの筆者のように正しい事を言い出す政治家もポロポロと出てきているように思えます。

だって考えてみてください。
震災で国土も国民も経済も傷んでいるのに円高は続く。
貿易収支も黒字
前年度対比では赤字になった月もあるとは思うけど、震災の影響と思います。
国内には国債を支えるに十分な貯蓄が増え続けるデフレ環境なのに欧州危機のような状況にはならない。
それどころか海外投資家は円に信用を持っている。
世界経済を牽引してきたアメリカが息切れしてます。
アメリカの代わりに世界経済を牽引するのはどこでしょう?
ユーロはギリシャ、イタリア、アイルランド、スペイン、ポルトガルと破綻危機に直面しています。
これでは牽引も無理でしょう。
じゃあ中国でしょうか?
景気いいように見えますもんね!
でも、部品を海外から購入して海外に製品を売る産業構造がメインです。
その売り先のメインがアメリカである以上は、疲弊しているので無理ってもんです。
なので牽引は無理です。
ユーロ圏でもドイツ、フランスはどうか?
経済規模が日本の半分程度ではアメリカの5分の1レベル。
その他の国は規模が小さすぎますね。
残るはGDPの60%が内需で支えられている日本しかない訳ですよ。
内需が強くないと牽引は無理ですからね。
中国に部品(半製品)を輸出しているのは日本ですから、この輸出が滞れば経済は回らない。
でも日本は産業が全て完結できる構造を持っています。
その日本の政治が不安定であり、経済政策も無策では・・・
そろそろ財政再建より震災復興、経済回復(デフレ脱却)に舵を切って欲しいものです。

前出の議員さんも言っているでしょ!
>日本経済をデフレから脱却させ、成長路線にのせ、そこから上がってくる税収を充てていかなければ、決して「持続可能な借金返済」はできない。
>長期債務を増税で返していこうとすれば、一体消費税を何%上げれば良いのか。気の遠くなる数字になるだろう。

ま~財務省は、単に増税したいだけ
政府は今、復興予算を支出するとなると財源は国債しかないから、先に増税したいのでしょうね。
だから予算を2次→3次と小出しで先送りしていくんだな。
6月なんか国会すら閉じようとしてましたよね。
復興基本法すら通さずに。
さすがに露骨な先送りは野党からたたかれて延長したけどね。
こっすいね。
[PR]
by thkflyfisher | 2011-07-21 22:32 | 時事ネタ | Comments(0)
内閣府のHPを見ました。
「与謝野内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成23年7月5日」ってやつ

やり取りを抜粋して書きます。
(問)大臣、前回の記者会見の中で1%ぐらいのマイナス、物価下落は何でもないと、プラス要素だということを仰いましたけれども、今政府はデフレの脱却を重要政策として掲げているわけですけれども、この政策を見直すおつもりはあるのですか。
(答)勿論、私は見直したのです。私が前回経済財政担当大臣のときにデフレという言葉を政府の言葉から削除いたしました。定義のない言葉を使ってはいけないと。それを私が申し上げたいと思っています。
(問)今の政権でも同じことをやるのですか。あとデフレの定義は、政府はそれなりにきちんとやっていると思うのですけれども。
(答)デフレは、政府の定義は物価下落が数年続く世界をデフレと言っているのですけれども、1%程度の物価下落で驚いて自己暗示にかかるようなことをやってはいけないと、今でもそう思っております。
(問)ということは、デフレ脱却という政府の政策課題は取り下げるということでいいのですか。
(答)そんなことはありません。政府の課題は、日本の経済を成長させることであります。
(問)矛盾しませんか。
(答)何故矛盾するのですか。
(問)政府はデフレを脱却するということで、今の1%程度の下落が続いている状況を、そういう状況から脱しようというのを政策目標として出しているわけですよね。それは大臣の仰るのは、そういう状態はかえって望ましいのだということを仰っているわけで、根本的に違うと思うのですけれども。違うのだったら違うで、きちんとそこは改めるべきなのではないかなと。
(答)私の記者会見をもう一度読んでいただければ、1%程度の物価下落は労働所得を得ている人、年金所得者にとってはむしろプラスになっているということを申し上げたはずなので、そこのところが重要なのです。

以上

(問)は記者、(答)は与謝野大臣となっています。

なんだかなぁ~
記者さん、まともです。パチパチパチ!

「デフレの定義が曖昧だから言葉として削除した」
「デフレ脱却は政府の政策課題として取り下げない。そして日本経済を成長させる」
「物価下落は所得者にはプラスだ」と言っている。

そもそもデフレとは物価下落が続く事を言うのでしょう。
それをプラス要素、所得者にはプラスだという。
つまりデフレは国民に良い事と言っている。
だから脱却しようとしないんだな。
平均所得の下落が続いているにも係わらず、物価下落はプラス要因だと言い放つ。
所得も下落しているのにプラスな訳ないでしょ。
平均所得が減っている(1980年代並み)のに物価が下落しなかったら生活など出来なくなるでしょうに。
実質1980年代より金がかかる生活が普通になっているのに1997年以降は下落する一方です。
この状況は、国債金利も上がらないから政府としても好都合だろうし。
政府1000兆円の借金も1%の金利上昇で10兆円の金利分支払いが増える。
だから不都合な状況になって欲しくないようです。
あくまで政府にとってです。国民のためじゃないっす。

なんて言いながら、政府としてはデフレ脱却を政策課題として取り下げない。
そして経済成長(名目GDPの拡大)させることを目標にしている。
なんて国民向けポジショントークも忘れていない。
けど、やっぱり矛盾してますね。
経済成長を抑えているのはデフレですから。

デフレ脱却とは、軽いインフレを目指すと言う事じゃないか。
「インフレターゲット政策は悪魔の政策だ」と言ってましたよね。
与謝野さんは・・・
ここにも矛盾がある。
それも真逆の大きな矛盾です。

こうなると私達の子供の世代が危うい状況下で生活するハメになります。
完全にこれからの社会を担う世代(高齢化を負担する世代)を見捨てるって事です。
だから社会保障費が不足してくるんじゃなくて?

首相は被災者を見捨て、電力騒ぎで企業も見捨て、与謝野大臣は若い世代を見捨てる。
自分達の政局と財政再建だけが優先課題なのだと言う事ですね。

ついでに、タバコ税、酒税、消費税、法人税、所得税などあらゆる税金が増税される方向です。
こんな折、ハンガリーでは「お菓子税」とか「ポテチ税」のような高カロリー菓子に課税するそうです。
国として肥満対策で課税だそうです。
お菓子、炭酸飲料などカロリーが高いものに課税するんだとさ。
要は高カロリー食品の消費を抑えたいって事です。
つまり増税は消費を抑える効果があるということですからね
あっ!日本の首相あたり「これはいい!」なんて日本にも導入したりして。
「国民の皆様の健康のために脱原発の次は、脱メタボ増税を~!そうすれば社会保障費に・・・」なんて(笑)
そして「これを通すまでは首相を辞任しません」とか言ったりして。
[PR]
by thkflyfisher | 2011-07-12 22:24 | 時事ネタ | Comments(0)
a0028803_10375745.jpg

ちょっと古いですが先週の夕焼けです。
昨日の夕焼けを見て先週の太陽柱の写真撮ったのを思い出したので投稿してみました。
携帯写真なので肝心の柱が不鮮明ですね〜(笑)

しゃーない!
しゃーない!
[PR]
by thkflyfisher | 2011-07-12 10:37 | Diary | Comments(0)
a0028803_23465461.jpg

a0028803_23465411.jpg

a0028803_23465444.jpg

気が付けば、もう7月。
梅雨も明けそうな真夏の陽射し

一雨ごとに緑濃く

さて、震災から4カ月経過しました。

妻の実家、大船渡はまだ瓦礫に覆われてます。
復興の兆しが見えません。

今日は蝉が鳴いています。
[PR]
by thkflyfisher | 2011-07-10 23:46 | Diary | Comments(0)